『ベレン(BELEM)へのバスの切符を買って、PRAIA DO FUTUROで泳ぐ』@フォルタレーザ(FORTALEZA)/ブラジル(BRAZIL)
1989年8月23日、昨日会ってビールを飲んだ、フランス人のオリビエくんと一緒に朝食を取る。
今日のフォルタレーザの空は、真っ青に晴れ上がっている。

こうなると、泳ぎに行くことになるだろうね。
ただ、晴れた日には、長期個人旅行者には、泳ぐ以外にもやることがある。

それが洗濯(下着やTシャツの手洗い)だね。
このホテルは、コンクリート造りで、部屋の床も単純なコンクリートだ。

だから、Tシャツや下着を軽く手洗いして、部屋に干すのにいい。
もともと部屋に洗濯物を干すためのロープが張ってあるので、問題ない。

部屋の床がコンクリートだと、掃除も楽だし、ゴキブリも見つけやすい。
僕は1984年ごろにネパール、インド、スリランカと旅をしたときに、感じたんだ。

「コンクリートの箱のような部屋に住めば、掃除も単純明快だ」とね。
このホテルは、そのコンクリートの箱そのものだったので、スッキリしている。

サルバドールからフォルタレーザへの21時間のバスの中で、「EASY TO KILL(MURDER IS EASY)」というアガサクリスティーの小説を読み終わっていた。
それを、ホテルの本棚に寄付する。
その前の、リオデジャネイロからサルバドールへの28時間のバスでは、「THE BODY IN THE LIBRARY」も読んでいたので、それもホテルに残す。
こういう風に、バックパッカーの泊まるホテルでは、英語のペーパーバックが残されているものなんだ。
町の地図を手に入れようと、目に付いた「ENCETUR」で、フォルタレーザの市内地図を買う。
これが、5クルザードS(150円)したが、買ったあとで見ると、横の土産物屋では4クルザード(120円)だった(涙)。

バスターミナル(RODOVIARIA)へ行って、ベレンへのバスの切符を調べる。
「ITAPEMIRIM」というバス会社では、出発時間が午前8時と夕方6時半。

フォルタレーザからベレンまで24時間かかるので、到着も同じ時間になる。
すると、午前8時に着いたら、宿を見つけるには早すぎる。

また夕方6時半についても、宿を歩いて捜すには遅すぎる。
この会社のバスには乗らないと決める。

「EXPRESSO TIMBIRA」という会社だと、午後1時発なので、到着も午後1時、これに決める。
明日(1989年8月24日)午後1時発で、料金は59クルザード(約1800円)

席は2番で、キャンセルが出て空いているようで、最後の席だった。
これはもちろん、神様が僕のためにわざわざ空けておいてくれたわけだ。

明日のベレン行きの切符を入手したら、あとは、ビーチでひと泳ぎすればいい。
町へ戻って、昼食を取る。

「PRAIA CICULAR」というビーチを循環するバスに乗って(0.60クルザード/18円)、「PRAIA DO FUTURO」というビーチへ。
「PRAIA DO FUTURO」はポルトガル語だが、スペイン語では「PLAYA DEL FUTURO」となるはず。

英語だと「BEACH OF THE FUTURE」となるわけで、日本語だと格好よく「未来海岸」だね。
バスは、「ケネディ大統領通り(AV. PRESIDENTE KENEDDY)」という高級ホテルが並ぶ通りを走り、町の東側のビーチへ出る。

このビーチは砂州が多くて、砂の色は、なぜかケニアのマリンデイのビーチを思い出させた。
それほどきれいではなかった。
ビーチには、掘っ立て小屋のような海の家も多かったが、この日はほとんど人がいなかった。
人が少なく、風も強かったね。
水もそれほどきれいではない。
せっかく来たので、一応海に入って、泳いでみました。
ビーチのがらんとした駐車場に循環バスが停まったので、乗り込んでしばらく待つと、僕一人を乗せたまま町の中心へ。
帰りはなぜか、バスの運賃が0.46クルザード(15円)だった。

目印として大聖堂が見えたときに、バスを降りたからかもしれない。
明日のベレン行き切符も買ったし、ビーチでも泳いだ。

絵葉書を2枚(各0.50クルザード/15円)買った。
そのあと、もっとキレイな絵葉書(1枚0.70クルザード/21円)を見つけて、また2枚購入。

帰ってきて、ホテルでシャワーを浴びる。
程よく身体を動かしたので、ビールを飲んで横になったら、コロッと寝てしまったようです。

明日は、いよいよアマゾン河口の町ベレンへ旅立ちます。
しかし着くのは、24時間後ですから、明後日になる。

ホント、ブラジルって大きいですね。
やはり、アメリカと同じく、ブラジルもバスで旅しないと、大きさは実感できません。
僕は一度で十分ですが(笑)。

xxx
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx