『ボリビアのラパスからチリのアリカへ国境越えの方法を考える』@ラパス/ボリビア
注:これは1989年の旅行記です。いまはもっと旅は楽に、安全になってますよ♪
1989年7月11日。
今日は、薬剤師くんがアリカへの飛行機に乗る日。

出発が午後なので、一緒に昼食を取ることにした。
昨日は韓国料理店で送別会をしたが、今日は中華料理店だ。

ゲーブルくんと薬剤師くんと、僕の3人が集まる。
ロボ君はすでに朝、リマへ飛んだ。

僕は、この日の午前中に、昨日申請したブラジルの観光ビザをゲットしていた。
内容は「90日以内に入国。入国日から90日以内滞在。マルチビザ」だ。

僕としては、これからチリ、アルゼンチン、ウルグアイを回るつもり。
それでも、ブラジルに入国するまで90日はかからないだろうから、ビザをボリビアで取っていても問題ない。

ゲーブルくんは、特別な理由で、アルゼンチンにしばらくいる計画らしい。
彼は、ブラジルのビザはブエノスアイレス(アルゼンチン)で取る予定だ。

この時期の南米旅行では、あまり正確な旅行情報がないのが問題だった。
定評のある「Lonely Planet South America on a Shoestring(1986)」を読む。

「Lonely Planet South America on a Shoestring(1986)」
すると、そこには、
「ラパスからアリカへは、月に2本の普通列車がある」
「むかし走っていたフェロバス(ferrobus)はなくなった」
「国境で列車を乗り換えなければならない」
「夜は-15℃まで下がるのもよくあるので、衣服で暖を取ること」
「密輸摘発のために国境の検査が厳しくて大変な時間がかかることがある」
「ラパスからアリカまで最低22時間かかる」
と書いてある。

これだと鉄道はとてもとても大変で、使えそうにないね。
バスもあるわけだが、週に2便で午前6時出発で、16時間かかる」とのこと。

バスがアリカへ到着するのは、スムーズに行って午後10時ということだ。
この時代は、「ラパスからアリカのバスが夜中に高原地帯で故障して、凍え死にしそうになった」という話が流れていた。

列車は月に2本で普通列車しかなくて、22時間かかり、ものすごく寒い。
バスは週に2本あるが、16時間かかり、これも寒い上に、故障する。

薬剤師くんがラパスからアリカへ飛行機を使うのは、これが理由なんだ。
普通の人間ならば、凍死しそうな列車やバスに乗るなんか、考えたくないからね。

この情報は、僕が1989年に持って行った「Lonely Planet」の情報だ。
しかも出版が1986年だから、取材したのは1985年と考えてもいいだろう。

状況は変化しているだろうが、その変化は「さらに悪くなっている」と考えるのが常識。
先進国では近年鉄道輸送が見直されている。
が、発展途上国では、鉄道というものは、徐々に運行を止めていく。
そのあと、バス輸送に取り代わられていくものなんだよ。

バスならば、悪い道でも何とかごまかしごまかし走れるが、鉄道線路は保守点検しなければ、事故がおきるからね。
普通に考えたら、鉄道で行くのは無理ということになる。

飛行機を使わないならば、覚悟をきめてバスに乗らなければならないかもしれない。
この点は、ゲーブルくんと僕は暗黙の合意があった。

1986年版の「Lonely Planet」の記事に、読者が興味を持つかもしれない。
この時代の、「Lonely Planet」にあった国境越えルートの一部を紹介しておこう。
『ラパス〜オルーロ〜ウユニ〜オジャグエ(国境)〜カラマ(チリ)』の鉄道ルート ラパスからチリのカラマまで、週に1本列車が運行している。
これも国境のオジャグエ(Ollague)で乗換えがある。

ラパスからカラマまで、(国境での乗り換えの4時間を含んで)24時間かかる。
この列車も凍えるほど寒い。

この列車は、途中で列車から塩湖や火山が見れるので、旅行者にとても人気がある。
この列車は途中で、オルーロ(Oruro)やウユニ(Uyuni)に停まるので、ここで乗り降りしてもいい。

ポトシ(Potosi)への鉄道は、リオムラトス(Rio Mulatos)で別れる。
オルーロからラパスの間は、鉄道よりバスの方が速い。
『ビジャソン〜(国境)〜ラ・クイアカ〜フフイ(アルゼンチン)』の鉄道ルート ビジャソン(Villazon)からラ・クイアカ(La Quiaca)の国境を越える鉄道はなくなった。
だから、ビジャソンで鉄道を降りて、歩くかタクシーで国境を越えて、ラクイアカからまた鉄道に乗る。

ラパスからビジャソンへの鉄道は、オルーロ経由で週に3便ある。
ラパスからフフイ(Jujuy)やその南のサルタ(Salta)へは、国際バスもある。
僕もゲーブルくんも、ボリビアからチリへ向かうのは間違いない。
ラパスからアリカのルートと、ラパスからカラマへのルートを考える。
ただ、ロサンゼルスのホテル加宝で知り合ったゲーブルくんと僕の、旅についての基本的な考え方はこうだ。
「出来るだけ楽に旅をしたい〜(笑)♪」
ところで、持っているガイドブック「Lonely Planet」は、ちょっと古い。
また、ラパスの観光案内所の情報が頼りにならない。

ゲーブルくんと僕は、互いにラパスで調べた情報を出し合った。
今日、1989年7月11日は火曜日だ。
コチェモトール(coche-motor)という列車が毎週水曜日に、アリカへ行く。
コチェモトールは午前8時にラパスを出て、午後6時半にアリカ到着とのこと。

つまりたったの10時間半。

コチェモトールの料金は126ボリビアーノ(6300円)。
今日は火曜日だし、水曜日の明日出発というのは無理。
また、火曜日、金曜日に国際バスが出ている。
これはラパスを午前8時に出てアリカ到着が深夜12時。

バスだと、16時間かかる。

ガイドブックの情報から、出発時間が午前8時に、2時間遅くなっただけだ。
この料金が、55ボリビアーノ(2750円)。

バスに乗るにしても、ゲーブルくんと一緒に行くならば、凍え死ぬこともないだろう。
2人で助け合えるのはいいが、次の出発は金曜日になる。
火曜日、金曜日出発のフェロバス(ferrobus)がある。
これは、「Lonely Planet」ではもう運行を止めたといわれている鉄道列車だ。

ラパスを午前7時に出て、午後7時に到着する。
アリカ到着は12時間後だ。

料金が100ボリビアーノ(5千円)。
問題は、このフェロバスが、どんなものなのか知らないってことだ。
明日水曜日にラパスを出るのは、無理だ。
何の用意もしてないし、もちろん切符も買ってないのだから。

すると、次の出発は金曜日にバスで出るか、フェロバスで出るかしかない。
まだ時間があるので、ゆっくりと考えましょう。
期限の定めのない海外個人旅行だから、あとしばらく、ラパスでごろごろしていたって、全く問題ない。
僕とゲーブルくんの考えは、楽に、楽に、旅をしたいってことなんだけどね(笑)♪
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx