『ペーニャナイラ(Pena Naira)でエルネス・トカブール(Ernesto Cavour)のチャランゴ演奏を聴く』@ラパス/ボリビア
1989年7月8日。
昼間、日本人会館で「ポルトガル」と「ロス」という、身の程知らずの日本人旅行者に会って、気分が悪くなった
しかし今日は、ゲーブルくんが提案した「ペーニャへ行く日」だ。
ペーニャというのは、どうやら「フォルクローレを生演奏する店」らしい。
そのフォルクローレも、このとき世界的に有名な演奏家がいて、それが「エルネスト・カブール(Ernesto Cavour)」。
彼はチャランゴ(Charango)という楽器の演奏に新境地を開いて、世界的に有名になった。
そのエルネストカブールの店(ペーニャ)「ペーニャ・ナイラ」へ行って、音楽を聞く。
これは前日に、ゲーブルくんが提案した話だった
僕は正直、若いころから夜に弱い。
僕は30年以上六本木のすぐ近くに住んでいるが、まず、夜中に出かけることがない。
夜にエッチをするのもいやで、お昼か、朝にエッチをするのがいい。
お酒を飲んでエッチをしたくないんだ。
夜に備えて、この日の午後は、ホテルの部屋で本を読みながら、一眠りした。
ペーニャに行くのを提案したのは、ゲーブルくんだったが、僕は他の日本人にも声をかけていた。
音楽を聞きに行くなら、人が多い方が盛り上がるだろうからね。
僕は正直、「ゲーブルくんが提案したからペーニャに行くけど、音楽を聞くのも疲れるなー」という感情。
他にも行きたい人がいれば、どんどん呼ぼうというキモチだった。
僕が泊まっている「トリノ」に泊まっている、日本人女性二人組の「ハーフ」と「メガネ」にも声をかけていた。
ペーニャが賑わって、盛り上がるのは、午後9時や午後10時過ぎかららしい。
僕は、当然その前に、みんなで夕食を取ることを考えていた。
トリノのロビーでみんなが集まる。
一緒なのは、日本女性のハーフとメガネ、提案者のゲーブルくん、薬剤師くん、それからホテルマンだったロボくん、そして僕。
この6人は、時間通りに集合したので、すぐに夕食を取りに行こうと考える。
女性のハーフが「もう一人声をかけたんだけど、まだ来てない」という。
別に急ぐわけでもないので、まだ来ない一人を待って、時間をつぶす。
30分も遅れてやってきたのが、日本人会館で会って、僕が「こいつはダメだ」と切り捨てた「ロス」だったんだよー。
「約束の時間に30分も遅れてくるなんて、しかも男のクセして、人を待たせるなんて一体何様のつもりだ」という感情は自然にわいてくる。
ロスは、ほとんど恥ずかしいとか、人に悪いとか、まともな日本人の気持ちは持ってない。
食事に行ったが、ロスがいるために話が盛り上がらない。
盛り上げるために、シモネタを振っても、ロスがついて来れないんだよ。
無駄に態度が大きい。
僕はその時に、「大学は慶応で、幼稚舎からエスカレーターで大学まで来て、世の中がわかってないのかしら?」と、思ったものだ。
さらに旅行を続けて、深く人間観察を続けた結果、こういうタイプの人間は、珍しくないことがわかった。
自分で自分がすごいと思い込んでいるだけの、知的レベルの低い人だ。
何年もたって、ロサンゼルスの伝説の安宿「ホテル加宝」で会った若者が似たような人間だった。
若者は、「僕が英語ペラペラなので、米国の入国審査でいろいろ疑われましてねー」と言った。
僕は、当然、「よほどの留学歴があるか、帰国子女か、もともと頭のいい人間で、英語をしゃべりすぎて、疑われたのかしら」と思った。
彼はただ、「東京の有名語学学校に通っていた」というだけの、英語学校の生徒だった。
念のために彼の英語をチェックしたが、自慢をするレベルからは程遠く、全くたいしたことがなかった。
ラパスでむやみに態度がでかかったロスも、「ただの世間知らずだった」と、いまは考えている。
僕は正直、一流高校、一流大学を卒業して、そのあとも出来るだけ頭の悪い人たちとは付き合わないように生きてきた。
僕が某企業を辞めた理由は、単に「頭の悪い人たちと付き合いたくない」というだけなんだ。
世の中には、わけのわからない人たちが存在するし、そういう人たちでも堂々と生きていける。
そういうレベルの人たちとは付き合いたくないものだけどね。
みんなで夕食を取っている時に、ロスくんがあまりに雰囲気を壊すので、僕は怒りを抑えきれなくなった。
ぼくの友人は知っているが、僕はまずキレることはない。
ほとんどの人間を評価してないからね。
他人に裏切られることもない。
最初から、他の人に期待してないから、期待はずれで怒ることはない。
このボリビアのロスについては、なぜか、マジで怒ってしまった。
ゲーブルくんや薬剤師くんが「西本さん、まあまあ、おさえてくださいよ」と、僕をなだめたくらいだ。
エルネストカブールの「ペーニャナイラ」はすぐ見つかった。
みんなをペーニャナイラに入れたあとで、僕は1人みんなと別れて、別の店にビールを飲みに行った。
一時間ほどビールを飲んで時間をつぶして、ペーニャナイラに戻る。
その時は、ペーニャに人も多くて、音楽にあわせて、声を出したりと盛り上がった。
なんとエルネストカブール本人が出てきて、目の前で、そのチャランゴ演奏を聞かせてくれた。
エルネストカブールは、この店でもいるかいないかわからないということだった。
ラパスのペーニャナイラでエルネストカブールの演奏を聞くというのは、とても感動的なことだった。
大声を出して、手拍子をして、僕は神の導きに感謝を表した。
お酒を飲みすぎていたので、その後どうだったか覚えてない。
翌朝はホテルトリノの自分の部屋で気分よく目が覚めた。
ただ、ゲーブルくんから「西本さん、まだ、まだ、若いですねー(笑)」と、突っ込まれたよ。
僕も正直、他人に対して、それ以前も以後も、あれほど怒ったことはない。
僕が怒ったせいで、ロスくんは結局、ペーニャに来なかったしね。
少なくとも、僕が彼に対して怒ったということ自体は、理解したのだろう。
その怒りの理由は彼には理解できなかったとしても、
現代では、日本人同士で、まともな理由で本気で怒る人はいないものだ。
ロスは、海外旅行に出て、僕の怒りを感じたのが、人生最初だったかもしれない。
僕が本気で怒ったことで、なにか人生についてわかってくれたら、僕も怒った意味があった。
でも、あいつは、僕が怒った理由を考えるような、そんなまともな人間じゃなかったけどね。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx