Encontro das Aguas@マナウス/アマゾン/ブラジル

ベレンからマナウスへの飛行機の到着が午前0時半という深夜。
こうなると空港で夜を明かすしかない。

しかもマナウスの空港の状況かわからないので、眠らずに朝までがんばった。
市バスで一時間かけてマナウス市に到着した。
その暑さといったら、とても耐えられない。
湿気もすごいので20分も外を歩くと、Tシャツのまま泳いだみたいに汗びっしょりになる。
睡眠不足と暑さで見事に体調を壊してしまい、この気候に慣れてある程度元通りになるまでに3日もかかったよ(涙)。
その体調回復法とは、つまり、とにかく寝ることだったけどね。
マナウスの見所は有名なオペラハウス。
僕が行った時は修復工事中で内部を見ることが出来なかった。

またボートでジャングルに入って泊まるみたいなツアーにも参加しなかった。
高かったからね。
しかし、マナウスでのアマゾン名物といえば「Encontro das Aguas」、つまり二つの川が合流するところ。
黒色のリオネグロと灰黄色のソリモンエス川が合流して、その色が混ざらないまま10kmも続いているの珍しいわけだ。
これをツアーを使わないで自分で見るためには、アマゾン河を渡る小さなフェリーに乗る。
その船着場へは市バスを使って行く。

これが大変だったよ。
だって、どのバスに乗ったらいいのかわからない。
みんな違うことを言うんだから。
僕はスペイン語は話せるけど、ポルトガル語はしゃべれない。
イグアスの滝で国境を越えて以来、ポルトガル語が話せないので、無口な人になってしまってたからね。
たまたま同じことを考えていたドイツ人の大学生カップルと市バスを探して、一緒に河を渡って、また同じフェリーで戻ってきた。
戻ってからも、バスが来ないのにはイライラしたよなー。
やっと来たバスは座席に一つしか空きがなくて、僕がそこに座っちゃった。
だから、ドイツ人女性がちょっと怒ってしまったり…。

でも、ホント疲れてたんだから仕方ないよ。
僕はうんと年上なんだしさ(涙)。
魚市場へ行くとアマゾン川に生息する大なまずや奇妙な(キモチワルイ)お魚がいろいろと見れる。
僕は魚市場で興奮しちゃったよ。

マナウスの魚市場と河の合流を見れば、わざわざ高いツアーに参加しなくても、マナウスはいいんじゃないかな。
だって世界旅行者は、この後、もっとアマゾンの奥地へと進んでいったんだからね。
【旅行哲学】本当に疲れているとマナーなんか吹っ飛んじゃうよね、それが人間だ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx