『パネシージョの丘に登るとふらふらする。初めての高山病?それとも二日酔い?』@キト/エクアドル
1989年5月17日、まず「TERMINAL DE BUSES CUMANDA」へ歩いた。
この時期、キトのバスターミナルは、「クマンダ」と呼ばれていた。

僕がそのあと、世界各地で見た数々のバスターミナルと比較しても、なかなか大きかったよ。
南米というのは、バスが非常に発達している。

もっと大きなバスターミナルに、これからも次々と遭遇するんだけどね。
このキトのクマンダバスターミナルで何を調べたか?

僕は南米一周するつもりだから、エクアドルからは、ペルーへと南下するわけだ。
だから、南へ行くバスをチェックするのが普通だろうね。

世界旅行者は、そんな単純なことは考えない。
僕は「南米へ入ったら、とにかくアマゾンを見なければ」と、思う。

実は、エクアドルにもアマゾンが存在するんだ。
地図を見ればわかるが、キトはアンデス山脈の中に存在する高山都市だ。

アンデス山脈の分水嶺の上にあるので、キトから西へ太平洋側へ下れば、もちろん海岸に出る。
海岸にはグアヤキルなどの港町がある(海の向こうにはガラパゴス諸島がある)。

キトから東へ下っていくと、アマゾン低地に達する。
コロンビアとの領土紛争などがあるようで、エクアドルでは「オリエンテ」と呼ぶ。

僕はこのアマゾン奥地、オリエンテへと降りていこうと考えたわけだ。
キトからは、オリエンテの町コカ(Coca)へとバスがある。

一日に一本で、13時間かかるらしい。
このバスをクマンダで確認すると、午前7時半にキトを出て、午後8時半にコカへ到着。
コカへ行って、アマゾン上流を初体験するつもり。
この日はまだ調べただけで、バスの切符は買わなかった。
バスターミナルの店を冷やかしていたら、元気のいいおじさんと話をした。
僕が「日本人だ(ソイハポネス)」と言うと、「エチョエンハポン(日本製)?」と聞く。
「日本製です(笑)!」と答えて、盛り上がる。
中南米の人は、みんな、気楽で、明るいのがいいね。
キトでは、南米最初の都市というわけで、アメリカのビザを取ったりして、いろいろやることがあった。
結局、キトへ入ったのが、5月14日で、キトを出てオリエンテへ降りたのは、5月23日のことだったよ。

バスターミナルから続くモラレス通り(Calle Morales)を歩き、キトを見下ろす高台、パネシージョの丘(El Panecillo)を登る。
僕の足で、ふもとから20分かかった。

途中で野犬が出てきて、僕の足をジーンズの上から軽くかんだ。
本格的に歯を立てたわけではなくて、傷もなかった。

こんなところで、狂犬病になったら、大変だけどね(汗)。
パネシージョの丘の上には、ほとんど人がいなかった。

キトの町並みを見下ろして、これまでの中米旅行、これからの南米一周旅行を思う。
僕をここへ導いた神に、祈りを捧げる。
僕は気楽にパネシージョの丘へ、歩いて登って、歩いて降りてきました。
ただ、パネシージョの丘への道は「観光客を狙った暴漢が出る場所として有名らしいので、注意ください。
丘を降りる途中、頭が痛くなり、吐き気がした。
ちょっとおかしいな、いままで経験したことのないふらつき。

ひょっとしたら「高山病」かしら。
エクアドルの首都キトの標高は、2800メートルだ。

いままでも、標高2240メートルのメキシコシティにいたことがある。
その時は、全く何も変化を感じなかった。

パネシージョの丘(3000メートル)に登った時は、ビールを飲んでいた。
ただ酔っ払っていただけの可能性もある。

この3000メートルがどの程度の高さかなのか、わかりやすく富士山で考えてみる。
日本で一番高い富士山の頂上が3776メートル。

富士山五合目が2400メートル
富士山7合目が2950メートル、8合目が3020メートル。

というわけで、富士山の8合目くらいなんだよ。
僕が、確実に高山病だと意識したのが、ボリビアのチャカルタージャ山(5300メートル)へ登った時。

ラサ(3650メートル)では、確かに体調がおかしくなったが、このときもワインを飲んでたしね。
中国からパキスタンへのクンジュラブ峠(4800メートル)では、まったく元気そのものだった。
少なくとも僕の場合、お酒を飲んでなければ、5千メートルまでは大丈夫だと思うんだけどね。
僕が標高の高いところを旅していて、周囲で体調が悪くなった人は見たことがない。
少なくとも元気な若者は、高山病の心配をしすぎることはないと思う。
高山病に効くクスリがあるといっても、それはやはり、身体に悪い影響を与えないとは限らないからね。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx