『ホテルを「トリノ」へ移動して、3人で「愛のコリーダ」を見る』@ラパス/ボリビア
1989年6月30日、宿を「HOTEL ALEM」に決めて、ラパスの町を歩き回った。
学生広場で観光案内所を見つけ、だいたいの情報を入手する。

両替して、日本人会館で食事を取り、サンフランシスコ教会で祈る。
僕がずっと気になっていたことが一つあった。

プーノのボリビア領事館で知った、一つの貴重な情報。
ラパスの映画館で、日本映画の「愛のコリーダ」が上映されている。

ラパスの中心街を歩き、上映している映画館を見つけて、上映時間をチェックする。
上映時間は、午後3時半、午後7時、午後9時半。

入場料は2ボリビアーノ(百円)と2.5ボリビアーノ(125円)の2種類だ。
上映は月曜日まで。

1989年の6月30日は金曜日なので、映画の上映時間を調べただけ。
翌日の土曜日7月1日に、「愛のコリーダ」見に行くと決意する。

1989年7月1日土曜日。
朝一番に、ホテルアレムを出て、まず宿をチェックしに歩き出す。

昨日観光案内所で出会ったアメリカ大学院の日本人留学生が泊まっているというホテルを見に行ったわけだ。
「RESIDENCIAL TORINO」。

トリノは、市街の中心、がっしりした建物の2階にあった。
建物の中央が吹き抜けになっていて、その内部空間を囲むように廊下があり、廊下に面して部屋が並んでいる。

建物の外側には、小さな窓しかなく、内側に空間がある。
これが、コロニアル風の建物の特徴なんだ。

建物自体は古いが、全体的に落ち着いていて、なかなか趣がある。
部屋代はシングルで8ボリビアーノ(4百円)だ。

シャワーは共同だが、トリノの部屋は、いま泊まっているアレムよりも、2百円も安い。
49号室と35号室を見せてもらって、大きな35号室に即決する。

ホテルアレムは、特に悪くはないんだけれど、なんとなくもう一つ、ピタッと来なかった。
ホテルトリノは、僕の感覚にストンと落ち着く。

一つの理由が、受付にいたオーナーの女性なんだけどね。
50歳近かったと思うが、なかなかの美人で、頭もよかった。

僕も日本人としては珍しく、知的な部類に入るので、ちょっと話をしただけで、受付の女性と感覚が合うのがわかった。
思い出してみると、グアテマラのアンティグアの学校の女性オーナーみたいな人かな。

世界中どこでも、頭のいい人間同士は、目を見ただけで、言葉を交わさなくっても、ピッピッと、すぐにわかり合えるものなんだ。
この感覚は、頭の悪い人には絶対にわからないものだけど。

僕は、ホテルアレムをチェックアウトする。
バックパックを持って、トリノへ移動して、35号室に落ち着いた。

部屋に落ち着いて、さっそくTシャツの洗濯をする。
続いて、サンフランシスコ教会と、カテドラルで祈った。

カテドラルでは、結婚式も見て、心がさわやかになる。
街をぶらぶら歩いていると、プーノで別れたゲーブルくんと出会う。

ゲーブルくんの隣には、なぜか薬剤師くんがいたよ(笑)。
男性3人が午後に出会ったのだから、僕の提案で、「愛のコリーダ」を見に行く。

フランス語で「L'empire des sens」、スペイン語で「el imperio de los sentidos」、つまり、「官能の帝国」というタイトル。
日本では「愛のコリーダ」だけどね。
午後3時半の回がちょうどいい。
映画館は、芸術映画の専門みたいな雰囲気だ。

客も知的な紳士淑女、学生、エリートという感じ。
土曜日の午後なので、エリートにとっても、いい時間なのでしょう。

「愛のコリーダ」は、大島渚監督、松田英子、藤辰也主演のフランス日本合作映画。
阿部定事件を材料にして、愛の深さを描いた。

日本では、男女が実際にエッチをする「本番映画」としか取られられなかった。
海外では、それ以前から本番映画自体はざらに存在したので、この映画は芸術作品として受け取られた。

実際、僕が見ても、エッチシーンというのは、それほどたいしたものではなかった。
この時代はまだ、男優が自分のモノを出すことに自体に勇気が要ったんだとわかる。

僕はその緊迫感がわかって、興味深かった。
映画を見たあと、ゲーブルくんと薬剤師くんと僕の3人で、夕食を一緒にした。

町の本屋でAgatha Christieの「4:50 from Paddington」を買って、ベッドで読む。
居心地のいい部屋で、本を読みながら寝るって、最高だね。
「ホテルトリノ」へ移動して、やっとラパスの本当の生活が、始まった気がする。
これから僕は、町で知り合った日本人を次々と「トリノ」に集めた。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx