エクアドルからペルーへの陸路国境越え(グアヤキル〜マチャラ〜ワキージャ〜トゥンベス〜トルヒーヨ)

1989年、中米を下り、サンホセ(コスタリカ)からエクアドルのキトへ飛んだ。
エクアドルはアマゾン奥地のオリエンテへ下り、アマゾン支流のナポ川をボートで遡ったりする。
そのあと細かくエクアドルを旅して、次はいよいよペルーだよ、ペルー。
エクアドルの港町グアヤキルから、一つ国境の町マチャラへバスで移動する。
グアヤキルを午後1時に出発して、マチャラ到着が午後4時。
マチャラの寸前で軍の検問があり、僕1人が降りてスタンプを押される。

マチャラの安宿へ宿泊すると、親父がいやに僕の国籍を気にする。
いままでもエクアドル旅行中に、どうもいやな扱いをされていた。

なぜか、レストランで、ビールを僕だけに出してくれなかったりしたんだけどね。
多分東洋人差別(中国人差別)じゃないかと思うんだが、誰も説明してくれなかったのでわからない。

1989年5月28日、マチャラの宿で午前6時起床、7時に国境行きのバスに乗る。
途中検問があり、午前9時にワキージャの国境へ到着。
徒歩で国境を越えて、ペルーへ入国する。
ペルーの入国審査はとても簡単で、90日の滞在許可をもらった。
国境からすぐにトルヒーヨ(Trujillo)へ行きたいので、バスを捜す。
が、すぐに出発する長距離バスはないみたいだった。

とにかく次の町トゥンベスへ移動して、そこでバスを捜したほうがよさそうだ。
トゥンベスへコレクティーボという小型バスに乗る。
それほど時間もかからずにトゥンベスへ着いた(30分程度?)。
トゥンベスでコンチネンタル社のリマ行きのバスを発見する。
僕はわざわざトルヒーヨで途中下車することにする。
このバスは午前11時半にトゥンベスを出て、トルヒーヨには午後11時着。
約12時間の旅になる。
ちなみにトルヒーヨからリマまで9時間なので、そのまま乗っていれば、朝にはリマに着くけどね。

リマへ直行せず、ペルー北部の中心都市トルヒーヨで降りるのは、トルヒーヨの周辺にはプレインカの遺跡が豊富だからだ。
トルヒーヨには、チャンチャン遺跡、アルコイリス、ワンチャコ、モチェの太陽のピラミッド月のピラミッドがあるよ。
ちょっと南へ下ると、セチン遺跡がある。

せっかく陸路でエクアドルから南下しているのに、一気にリマまで行ってしまっては、わざわざ陸路で行く意味がないからね。
バスの出発時間までトゥンベスの教会やなんかを見たり、両替をしたりして時間を潰した。

トルヒーヨに到着したのは、予定の11時から1時間遅れて、真夜中の12時!
見知らぬ町へ真っ暗な中到着すると、バスが止まったところにはタクシーが待ってた。

タクシーに乗ると、なかなか真面目なタクシーで、ホテルへ連れて行ってくれる。
「ホテルコンチネンタル」という立派なホテルだ。

バスルームにはシャワーだけだが、清潔な部屋には電話もあるビジネスホテルって感じ。
これで、11000インティ。
このとき1ドルが3050インティ、つまりホテル代は4ドル(500円)もしない。
ペルーの物価の安さに踊りだしたくなったよ。
深夜を過ぎているのに近くのレストランへ行って、中華料理を食べてビールを飲む。
この国境越えは非常にスムーズに行ったという想い出だね。

【旅行哲学】陸路国境越えこそ海外個人旅行の最大の楽しみ(刺激)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx