リマの金城旅行社で、サンチアゴからイースター島のフライトを予約したが、サンチアゴにたどり着けなかった@イースター島/チリ
僕はエクアドルから陸路でバスを乗り継いで国境を越え、次々とペルーの遺跡を見ながら南下して、1989年6月、ペルーのリマにいた。
ここから南米をどう旅するか、まだ決めていない。

南米を旅するバックパッカーが気になる場所のひとつが、モアイ像で有名な「イースター島」だ。
このイースター島の問題点は、チリ本土から離れているので航空券が高いということ。
飛行機の便数も多くない(このころ週に2便)ので、直前では予約が入らない、という話があった。
本当にイースター島へ行くのならば、あらかじめ予約を入れておかなければならない。
リマのアルマス広場にあった日系の「金城旅行社」へ足を運ぶ。
日本語ペラペラの日系人フクイさんという女性が、親切に答えてくれた。
その時のサンチアゴからイースター島の往復航空運賃が446.49ドル。
「金を払わずに予約だけ入れられる」との話なので、とにかく一ヵ月後のフライトの予約だけ入れてしまう。

ただ、このあと、ペルー、ボリビアと遺跡を見て回り、いろんな人と出会っているうちに、時間が過ぎてしまった。
一ヵ月後はまだ、ボリビア付近をうろうろしていたんだ。
結局、予約を入れた日までに、サンチアゴへ到着できなかった。
無理に急ぐ気もなく、切符も買わなかったので、予約は自動的にキャンセルされたわけだ。
旅の途中で「Lonely Planet South America on a Shoestring」のイースター島解説を読んいた。
それによると、モアイ像ができたのは単なる島内部で完結した話だと理解した。

【Lonely Planet South America on a Shoestring (3rd. 1986)】
歴史的にも文化的にも、南米との関連はない。
まして、宇宙人との関連はない。

珍しいモアイ像があるだけならば、それほどたいしたものではない。
わざわざ見に行くことはない、と結論付けてる。

決定的だったのは、サンチアゴの「ペンション五月女」に行ったとき、イースター島帰りの、日本人の若者たちと会ったこと。
「こんな連中が行ったのなら、僕は行かない!」とへそを曲げたような気もする(笑)。

僕の友人の、金持ちの旅行好き美女は、わざわざ日本からタヒチ経由でイースター島へ行った。
彼女の話では、「空港へ着くと客引きが集まってて、ビックリ!」とのこと。
結局、この島は単なる観光で成り立っているわけだ。
しかも、イースター島は日本人にチョー人気なのだとか。
世界中のほかの国の人は、大金を使ってまで、わざわざこんなヘンピなところへ来ないようだ。
これもまた、日本のテレビ局の旅番組、海外旅行クイズ番組、世界遺産番組の影響なんだろうね。
僕はチリのビニャデルマールでイースター島の方向を向いて立つモアイ像を見た。
それもあって、「これで十分!」と結論付けました。
【旅行哲学】
日本人は、テレビで放送されて人気になった、他の日本人が行くところに行く。
ちょうど、アントワープのネロとパトラッシュの像みたいなものね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx