『遺跡の共通入場券を買って、さっそくクスコの教会、博物館を見て歩き、片っ端から祈る』@クスコ/ペルー
1989年6月14日に、アレキパからのフライトでクスコへ入った。
15日にマチュピチュへの切符を買い、16日に「マチュピチュ遺跡」へ日帰りした。

クスコへ来てマチュピチュを見れば、それで終わりかというと、もちろんそうではない。
クスコ周辺には、たくさんのインカ遺跡がある。

クスコ自体もインカ帝国の首都だった。
スペイン人が、インカの都市を破壊して、スペイン風に変えてしまっても、インカの名残があちこちに発見できる。

1989年6月17日午前7時半に起きて、ホットシャワーを浴びる。
Tシャツと靴下、パンツを手洗いした。

洗濯したものを干して、クスコの観光案内所へ、薬剤師くんと一緒に歩く。
今日はまず、観光案内所で、クスコ周辺の遺跡や建物の入場券を買う。

6月17日から21日までの5日間有効の共通入場券(Combination Entrance Ticket)を入手する。
このとき僕はISIC(国際学生証)を見せて、学割料金の5ドルを払った。

普通料金は多分10ドルくらいしたんじゃないかな。
薬剤師くんが入場券が高いと、買うのを渋ったくらいだから。

窓口のおじさんも、オキラクな人だった。
彼が迷っていると、特別に安くして、学生証無しに6ドルで売ってくれた。

この時代、学生料金で遺跡を見るには、学生入場券と学生証を一緒に見せなければならなかった。
そこで、入場券のチェックのないところを、ちゃんと教えてくれたしね。

親切な人と出会うと、うれしいね。
次は、また両替をする。

何度も書くが、この時代は、ペルーの通貨インティが毎日下落を続けていた。
こまかく両替をしていく習慣だったんだね。

通りの店で交渉すると、20ドルのトラベラーズチェックが5万8千インティになった。
1ドル当たり、2900インティだ。

このころは、ドルの現金が少なくなっていたのかもしれない。
ドルの現金だと、3150インティで両替できたからね。

観光案内所で、クスコ郊外の各遺跡への行き方を聞いて、メモを取った。
続いて、クスコ内の名所を見て回る。

僕が行った順番に番号を振っておこう。
ノートには、英語、スペイン語、日本語、ごちゃ混ぜでメモしてある。
1)Cathedral
2)Qoricancha(Santo Domingo寺院)
3)Museo Regional(Casa del Almirante)
4)Museo Arte Religioso(スペイン風中庭の噴水がきれい)
5)the Church of San Blas(説教壇の木彫)
6)Museo de Santa Catalina
これだけでは、僕にもなんだかわからない。
2009年のガイドブックを傍らに置いて、僕の記憶で、解説してみます。

1)Cathedral

クスコの中心アルマス広場に面して立つのが、大聖堂「カテドラル(Cathedral)」。
スペイン人が建設した町には、まず中央広場(ソカロ)があり、そこに大きな教会を立てるもの。
お決まりの大聖堂です。
僕は教会や大聖堂へ入ったら、必ず祈るので、もちろん祈りました。

2)Qoricancha(Santo Domingo寺院)

アルマス広場の大聖堂から、サントドミンゴ教会(Iglesia de Santo Domingo)へ歩いた。
インカの太陽の神殿(Qoricancha)の建物を壊して、その土台の上に建てた教会。

クスコでは、正直これがメインだろうね。
土台が曲面を描くキレイな石組みで、もともとの「太陽の神殿」とはどんなものだったのだろうと、空想を膨らませることができる。

3)Museo Regional(Casa del Almirante)

この「Museo Regional(地域博物館)」は、いまのガイドブックでは見つからなかった。
名前が変わったのかもしれない。

4)宗教美術博物館(Museo Arte Religioso)

スペイン風中庭があって、庭の噴水がきれいだった♪

5)サンブラス教会(the Church of San Blas)

サンブラス教会は、説教壇(Pulpito/pulpit)の木彫がキレイで、それが有名だ。
確かに立派なものだった。
アルマス広場から、サンブラス教会へ行く途中に、インカの石組で出来た通りがある。
ここで有名な「12角の石」を見つけた。

6)サンタカタリナ博物館(Museo de Santa Catalina)
サンタカタリナ修道院内の、博物館らしい。
特に記憶はない。
この6つを、次々と見て歩いた。
次に、以前に何度も入った「メルセー教会(La Merced)」へ行き、そこの博物館へ。

案内のおじさんが、スペイン語と英語で、「世界一の真珠」と自慢した。
その日本語を教えてあげたよ。

いい加減、教会や博物館を見るのに飽きる。
アルマス広場をうろついているインカの子供から絵葉書を買った。

交渉するとどんどん安くなるが、あんまり安くすると心が痛む。
子供が計算が出来ないので、枚数と値段の関係がぐちゃぐちゃなんだよ。
絵葉書4枚を2400インティ(百円)で買ってしまった。
よく考えると、かなり高かったね。

次に、アルマス広場に面したお土産屋へ行く。
やはり、1989年にクスコへ来ているというのは、精神的に盛り上がるもの。
なにか記念品を買いたかったのね。
店にあったTUMI(インカの儀式用ナイフ)のペンダントヘッドの値段を調べた。
銀のTUMIの値段は、一個7200インティ(3百円)とのこと。
まあ、銀の値段というものは、金属としてはほとんど価値がないけどね。
金製のものもあったが、金はもちろん高価なので、手が出ない。
プレゼントする相手もいないことだし(涙)。

この日はまだ、値段を調べただけで、お土産は買わなかった。
ちょっと疲れて、部屋へ戻って、ベッドに横になる。
寝ながら、「Lonely Planet South America on a Shoestring」を読む。
ウルバンバ谷の村の「ピサックの日曜市」というのがあるらしいね。

ピサックには遺跡もあるし、しかも、明日はなんと日曜日だ。
だったら明日は、ピサックの日曜市とピサック遺跡を見ることで決まりだ。

薬剤師くんの部屋へ行き、明日一緒にピサックへ行く約束をする。
今日もたくさんの教会で祈った。
人がどこへ行くのか、それはすべて神が示している。
僕はただ、神の導きのままに動けばいいだけだ。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx