『タンボマチャイ/プカプラカラ/ケンコー/クシリュチャヨック/サクサイワマン遺跡』を見る。@クスコ/ペルー
1989年6月20日、昨日身体を休めたので、今日は快調だ。
朝6時半に起きて、ホットシャワーを浴びる。

まず、クスコ市内の教会へ歩いた。
大聖堂、メルセー教会、サンフランシスコ教会、サンペドロ教会を訪れて、次々と本格的に祈る。

南米で本格的に祈るとは、ロウソクを買って、それを教会内に灯して、祈るということね。
僕は常に、「私の進む道は、すべて神の導くままです」と祈る。

こう祈ると、神の声が頭の中に響いた。
「世界旅行者よ、今日は驚くことが起きるぞ」
「今日は遺跡をたくさん見れるし、お前のために、特別な遺跡も用意してあるからね」だそうだ。
僕は神の声に従って、旅を続けてきた。
祈り終わって、アルマス広場をあるいていると、日本人旅行者3人に出会う。
ちょっと大げさな格好をしているので、よく観察する。
大げさな格好とは、バックパックにゴミ袋をかぶせて、盗難されにくいようにしていること。
これは、1989年ごろは、ガイドブックにも紹介されていたスタイルだけどね。
ただ、実際にゴミ袋をバックパックにかぶせているのを見たのは、最初だった。
顔を見ると、オイオイ、僕の知っている旅行者だよ。

1人は、ホテル加宝で一緒だった、長身美男旅行者の「ゲーブルくん」だ
彼と彼の友達の「のっぽ君」が、中米を車で旅行するためロサンゼルスで中古車を買った。
その時の交渉には、僕も付き合っていた。
メキシコへ進むつもりだったが僕は、なぜか1人残った

この話は、ホテル加宝物語にあるので読んでください。
実はもう1人にも、見覚えがあった。
僕の記憶を辿ると、すぐにわかった。
LAのリトル東京の一番街、ホテル大元(ダイマル)で、南米に出発する日に迎えのシャトルが来なくて乗り遅れた旅行者だ。
とはいっても、切符は無駄にならず、翌日のフライトで旅立ったが。
もう1人は、全く知らない日本人旅行者だった。

海外旅行って、こんなことはよくあるもの。
一度会った人と、別のところで偶然に再会するなんてね。

例えば、僕が南米に入る前のことを描いた「中米旅行記(1989)」でも、そうだったね。
サンディエゴのバスターミナルで会ったドイツ人の若者「ラルフくん」とは、メキシコシティで再会した。

テオティワカンへ行くバスでいっしょだったフランス人旅行者からは、グアテマラのアンティグアで、声をかけられた。
出発前にホテル加宝でちょっと話をした日本人女性旅行者2人とは、メキシコのメリダの銀行両替の列で話をした。

1989年の、ロサンジェルスのそのころの安宿2つがダイマルと加宝だった。
僕がダイマルで会った旅行者と、加宝で付き合っていた旅行者が、別々の時期にLAを出発した。

その旅行者2人と僕が、半年たって、約束もしてないのに、ペルーのクスコで一緒にいる。
これは、ちょっと珍しかったね(笑)。

彼らとは、ちょっと声をかけあっただけで別れる。
本物の旅行者の特質とは、とにかく「あっさりしていること」だ。

「それじゃまた!」と声を掛ける。
半年して別の国で出会っても、「やあー♪」とあいさつだけ。
バックパックを担いでいる雰囲気では、彼らはクスコへ付いたばかり。
僕もまだクスコにいる予定だ。
クスコは小さい町だし、旅行者がうろつく範囲は決まってるから、また会えるだろうしね。
彼らと再会できなければ、それは「神の意思」なので、受け入れるしかない。
これが、世界旅行者の「旅行哲学」なんだよ。
言い換えると「世界旅行主義」ね。

アルマス広場にいると、なぜか、たくさんの子供たちが行進してきた。
これが午前10時から午後1時まで続いた。

子供たちの行進が終わって、午後1時半。
僕はウルバンバ(URBAMBA)行きのローカルバスに乗って、クスコ周辺の遺跡を見に出かける。

20分ぐらい乗ってバスを降りると、それがタンボマチャイ(TAMBOMACHAY)遺跡。
タンボマチャイ遺跡は、水が流れているのが特徴だ。

タンボマチャイからは、プカプカラ(PUCAPUCARA)遺跡へちょっと歩く。
プカプカラは、赤い色の要塞(RED FORT)だったと考えられている。

プカプカラには、観光客は誰もいなかった。
僕が1人で遺跡に入っていくと、そこにいた本当に小さな女の子(幼稚園児くらい?)が、僕に話しかけてきた。

そうして、熱心に説明してくれた。
何をいっているのか、理解できなかったんだけどね。

海外旅行慣れしていると、親切心を素直に受け止められない。
「この女の子にいくら払ったらいいかしら?」と考えてしまう。

でもそんなのとは関係無しに、親切心だったのだと思う。
というのが、僕がボールペンをあげようとしても、ちっとも欲しそうではなかったしね。

遺跡には、アルパカが2頭いて、のんびりしていた。
女の子は、このアルパカの世話をしていたのだろう。

結局、インカの子供は、ただ親切心(好奇心)で僕に話しかけてくれたのだという結論。
インドやモロッコや、エジプトを旅した経験があると、「話しかけてくる現地の人はすべて金欲しさ」と考えてしまう。

お金のことばかり考えている自分が、本当に恥ずかしかったよ。
タンボマチャイとプカプカラは、すぐ近くの遺跡だ。

次は、ケンコー(QENQO)遺跡へ向かう。
これは、道路に沿って歩けばいいだけ。

ただ、その道を歩いているときに、道路沿いの小屋でインカの織物をしているインカの服装をした男性と出会った。
この男性は、ニコニコした、とても穏やかな人だった。
彼の話では、道を外れて、そのまま草原を下って行けばいい。
ケンコー遺跡への近道があるようだ。
僕は、その言葉を信じて道から離れ、草原を歩いて降りていった。
このときの山を下る風景が、僕の頭に刻み込まれている。

いい気持ちで草原を歩いていくと、思いがけなく「CUSILLUCHAYOC」という遺跡へ出る。
これはそれほどの遺跡ではなかった。

僕の記憶に、ほとんど残ってないからね。
ひょっとしたら、日本人でこの遺跡を訪れたのは、僕だけかもしれないよ。

「CUSILLUCHAYOC遺跡」を出て、ちょっと歩くと、ケンコー遺跡に到着。
ここではたまたま、日本人のツアーとぶつかった。

日本人ガイドのかなり怪しげな説明を漏れ聞きました(笑)。
ケンコー遺跡からちょっと下ると、「サクサイワマン(SAQSAYHUAMAN)遺跡」。

サクサイワマン遺跡はインカの要塞跡らしく、巨大な石が3段に積まれている。
規模からいうと、今日見たうちで一番大きいね。

サクサイワマンからは、道なりに下って、クスコの町に到着する。
途中には、日本人宿の「花田」もある。

僕はアルマス広場まで下って、僕の宿「カセレス」へ戻った。
今日一日、いろんなことがあったなー。

ロサンジェルスで出会っていた人たちと再会したこと。
タンボマチャイ、プカプカラ、CUSILLUCHAYOC、ケンコー、サクサイワマン、の遺跡を見たこと。

特に、地図にない道を通ってCUSILLUCHAYOCへ行ったこと。
すべて、神の導きだろうね。

その時、僕は、プカプカラの遺跡で僕に話しかけてきたちっちゃな女の子も、道を教えてくれたインカ男性も、神の化身だと悟った。
神の力は偉大なり!
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx