『オランダ人のボブ、オーストラリア人のジェラルドと、薬剤師くん、そして僕のクスコからフリアカ経由、プーノへの列車旅』@ペルー
1989年6月26日、宿を出る時に「ホテル代を1泊分払ってないとご請求される事件」が発生したが、解決した。
宿をチェックアウトする時は、トラブルが発生する可能性を考えていたので、列車の出発には十分に間に合う。

トラブルがあっても、宿を出るのもそれほど遅れなかった。
午前7時半にはワンチャック駅に到着した。

列車が入っていて、指定された席につく。
薬剤師くんと僕は、切符を別々に買っていた。

同じ車両だったが、遠く離れた席を指定されていた。
ぼくの席は59番で、薬剤師くんは14番。

一等車ということだったが、席は2人が向かい合わせの4人席。
クスコで話をしていたボブとジェラルドがぼくの向かい側に座っている。

クスコの喫茶店で隣同士になって話をして、二人がクスコへの切符を頼んだと聞いた。
それで二人が頼んだ旅行会社に、僕がすぐ後で切符を依頼した。

だから3人の切符をまとめて取ったということなのだろう。
まずやることは、バックパックを荷物棚に置いて、それを縛り付けること。

白人二人と僕は、互いに注意し合って、荷物をまとめる。
列車は予定通り午前8時にワンチャック駅を出発する。

向かい合わせの4人席に、白人男性が2人と僕。
もう一人はペルー人(インカ)のおじさんだ。

おじさんは、フリアカまで行くということで、ずーっと編み物をしていた。
クスコの遺跡で僕が会ったインカの男性は織物をしていたっけ。

インカの男性というのは、織物や編物が得意なのかもしれませんね。
僕が見た限りでは、みんな大人しい人たちだった。

薬剤師くんは、同じ車両の14番席にポツンといる。
インカのおじさんに頼んで、席を移ってもらおうとしたが、なかなかガンコな人で、席を移ろうとはしなかった。

編み物おじさんと、片言のスペイン語で話をする。
おじさんは、「クスコで2万5千インティのセーターは、フリアカでは1万3千〜1万5千インティで、プーノになると2万インティだ」と言ってたね。
昼間の列車の旅は、天候も良くて、なかなか快適だった。
アンデス高原を、列車はガタンゴトンと進む。

途中で、長く停車して、土産物などを売りに来た。
これがおそらく、南米最高所の鉄道駅、ラ・ラヤ駅(4335m)だったのだろうか。

一等の鉄道車両だから、もちろんトイレはあった。
トイレの前にはインカの人たちが座り込んでいて、通してもらうのに手間取ったりする。

1989年のこの時期の列車移動は、一等とはいってもたいしたことはなかった。
薬剤師くんと、ボブ、ジェラルド、そして僕は、同じ車両にいる。

ぼくの隣のインカの編み物おじさんが頑固で、席を譲ってくれない。
薬剤師くんが僕らの席にやってきて、みんなで話をしていた。

クスコで白人2人に会った時は、この白人をオランダ人とイギリス人と紹介した記憶がある。
でも、話をしていると、ボブがオランダ人で、ジェラルドはオーストラリア人だということだ。

オランダ人は英語を話すものなので、4人で英語で話していた。
このときは、特別にディープな話はしなかった。

僕たちの話題の中心は、プーノへ行く途中のフリアカ駅の乗り換えの危険だった。
この時期、フリアカ駅というのは、泥棒駅として有名だった。

なにしろ、この時代の定番の話があった。
それは、列車の窓から顔を出すと、袋を頭にかぶせられて、身ぐるみ剥がれるというのがだった。

列車はフリアカ駅に着いて、そこで、プーノ行きに乗り換えなければならないのだとか。
日が落ちてスッカリ暗くなった午後7時ごろに、列車はフリアカへ到着。

インカの編み物おじさんは、ここで降りる。
この車両には、外国人としてはボブとジェラルド、薬剤師くんと僕しかいなかった。

みんなで協力して、声をかけあって、プーノ行きの車両へと移動する。
フリアカのプラットホームには降りずに、車両を伝ってプーノ行きへ移るだけだ。

クスコからの列車は、フリアカでプーノ行きの車両と、アレキパ行きの車両に分かれる。
フリアカの危険は、この時期の南米旅行者の常識だった。

僕たち4人は一緒に車両を移動し、またバックパックを助け合いながら固定する。
フリアカでは、車両内の電気が全部消えるので、泥棒には絶好の条件だ。

4人もまとまっていて、注意深くしていたせいか、僕らにトラブルは起こらなかった。
列車はフリアカを出発し、午後7時半ごろ、真っ暗な中をプーノへと向かう。

遠くでまたたく灯りがキラキラときれいだ。
列車が出ると、車両内の灯りも点いた。

プーノへの到着は、すっかり暮れた午後9時。
結局、クスコからプーノまで13時間かかったわけだ。

プーノの駅前には、何を待っているのか、黒山の人だかりだ。
客引きにしては人数が多すぎるが、4人はまとまって、この人ごみを逃れた。

4人でまとまって「ホテルウロス/HOTEL UROS」へ行く。
誰が連れて行ったのか憶えてないが、4階建てくらいのホテルだった。

午後10時近いので、今夜は寝るだけだ。
ホテルに部屋がないというので、201号室に薬剤師くんと2人で泊まることにする。

ツィンルームが1万1千インティ(1人5500インティ)で、クスコと比べてもそう高くはない。
ボブたちも同じホテルに決める。
この時代、ペルーの通貨はインティで、1ドルが3000インティと考えている。
だから、ホテルのシングルルームは、2ドル程度だったんだね。
クスコからプーノの一等列車の切符が2万インティ、つまり800円だった。
いまは、ペルーレイルが列車を運行しているが、メチャ高いという話。
部屋にバックパックを置いて、すぐに4人で夕食を取りました。
クスコからプーノへの列車移動で、トラブルはなかった。

でも、この列車の危険性はよく知られていた。
それを切り抜けただけで、ホッと一息つく。

今日やることは今日終わった。
明日やるべきことは、いろいろある。

明日は、とにかくボリビア領事館へ行く。
1989年は、ボリビア入国にはビザが必要だったんだ。

もちろん、チチカカ湖を見なければならず、近くには遺跡もあるようだ。
その一つ一つを確実にこなしていくこと。
それが、海外個人旅行の本質だ。
すべてがスッキリしていて、迷うことがない。
これが、旅と日常生活の違いなんだよね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx