『クスコ最後の夜に、4人で旅の体験談を交換して、ビールを12本飲む』@クスコ/ペルー
1989年6月25日、インティライミが昨日24日に終わった。
インティライミ目的でやってきた旅行者も多く、クスコの町はまだ落ち着かない。
僕も明日、6月26日にクスコを出て、プーノへと向かう。
旅行代理店に頼んでおいた、列車の切符が手に入った。

支払ったのは2万インティ(8百円)だったが、切符を見るともともとの料金は7千5百インティ(3百円)になっている。
これはちょっと、手数料の取りすぎではないかな。

顔見知りになっていた日本女性旅行者2人に、今日もアルマス広場で出会った。
切符の値段について、「これはちょっと手数料の取りすぎじゃないかなー」と、愚痴をこぼす。

彼女たちは、自分たちでワンチャック駅へ行って、窓口で切符を買ったそうだ。
確かに僕も自分で行けばよかったのだが、いま考えると、どうして旅行代理店に頼んだのか、覚えていない。

切符を買う前に知り合ったオランダ人とイギリス人の旅行者と一緒に買ったのかな。
そういえば、列車に乗ったら、オランダ人とイギリス人は僕と向かい合わせの席だったからね。

日本女性2人組は、もとは別々で、中南米を長期に一人旅をしていた。
1人は20歳代で、自分ではハーフだと言っていたね。

もう一人はメガネをかけていて、30歳代半ばだったかな。
なぜこれが書けるのかというと、僕の旅行ノートに「ハーフ、メガネ」とメモってあるからだ。

彼女たちとはこの後、プーノ、ラパスでも出会うことになるので、お楽しみに。
僕は追加のお土産を買う。
インカの帽子を一個(3千インティ/120円)、毛糸の手袋(2500インティ/百円)、TUMIのペンダントヘッド(2500インティ/百円)を2個。
夕方になったら、クスコのサヨナラパーティだ。

ゲーブルくんと一緒に旅をしていた日本人旅行者ジモチーくん、それから薬剤師くんと僕の4人で、ビールを飲むことにした。
この名前の由来は、ゲーブルくんはクラークゲーブルに似ていたから、ジモチーくんは「痔持ち」だったからだ。
薬剤師くんと僕は明日の列車で発つ。
ゲーブルくんとジモチーくんは、まだしばらくクスコにいるようだ。
どちらにしても、彼らと会うのは、これが最後かもしれない。
人は出会って、また別れるものだ。
出会ったその一瞬一瞬を、大切にしておきたい。
出会いの一瞬を大切に記憶にとどめるためには、男女の場合は恋愛関係になることかな。
旅先での恋愛は、まず、よほどのことがないかぎり記憶から消えることはない。
男性同士の旅行者の場合は、ビールを飲んで、面白い話を交換すること。
ただ、男性がビールを飲んでワイワイ言っても、話の内容は普通は残らないけどね。
盛り上がったとの記憶だけで十分で、話の内容まで覚えている意味はない。
ところが、僕はゲーブルくんとジモチーくんの話は、覚えている。
やはり旅先で、情報たっぷりの体験をして、進む先が共通だと、意味のある話をするってことかしら。
僕は、ロサンジェルスで別れて以来の彼の話を知りたかった。
ゲーブルくんとのっぽくんは、ロサンゼルスのホテル加宝を他の日本人旅行者2人と共に、車でメキシコへ入った。

メキシコシティまで行って、旅行者2人を車から降ろした。
ゲーブルくんとのっぽくんは、2人になった後、一人旅のきれいな日本女性と知り合う。

3人でメキシコを下っていったが、その日本女性とのっぽくんが恋愛関係になって、それで別れたそうだ。
僕は「つまり、女の取り合いで別れたわけだ、アハハッ♪」と喜ぶ。

ゲーブルくんは「いや、そうじゃないんですよ」と説明しようとする。
僕の考えでは、ゲーブルくんはモデルでも出来そうなくらい格好いいのだから、女性のことでゴタゴタするはずはないと思う。

「美男子2人が女の取り合いで別れた」という話のほうが面白いので、そう決め付ける。
彼らは南米旅行をコロンビアから始めた。

その理由というのが、「コロンビアの女性はきれいだから」なんだとか。
この時代、女性がきれいな「南米の3C」という話が流れていた。
3Cとは「コロンビア(Colombia)、チリ(Chile)、コスタリカ(Costa Rica)」の頭文字が全部Cで始まるからだ。
僕が行った時も、これらの国の女性は、キレイなだけじゃなくて、親切で愛想がよかったよ。
この後、チリからアルゼンチンに入る前だったか、ゲーブルくんはスーツを買うと言っていた。
スーツを買うのは、アルゼンチン美女にモテるためだとか。
確かに、アルゼンチンは、スーツを着てないと人間扱いされない。
僕はブエノスアイレスで、ホテルを断られ続けて、2時間彷徨ったことがあるんだから。
ジモチーくんの旅の目的は、「リオデジャネイロのトップレス美女を見る」だった。
僕もリオデジャネイロのビーチへ行ったけど、残念ながらブラジルの8月は冬で、トップレス美女はいませんでした(涙)。
これから進むボリビア、チリ、アルゼンチンの情報交換もしたよ。
ゲーブルくんの話では、チリ、アルゼンチン、ブラジルのバスは大型で快適だとか(これは本当にすごかった)。
4人でビール(クスケーニャ)の大瓶12本飲んで、料理も入れて、1人1万インティ(4百円)程度の支払い。
いやホント、ビールが安くて思い切り飲めるところは、天国に近いね。
さて明日は、チチカカ湖湖畔の町、プーノだ。
しかし、プーノの手前には、恐怖の泥棒駅フリアカが、存在するのでありました。
次は、そこを旅行者同士が助け合って、なんとか切り抜ける話ね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx