『サンペドロ駅で翌日のマチュピチュへの往復切符を買って、20ドルをインティへ両替して、ペンション花田へ』@クスコ/ペルー

大きな地図で見る
1989年6月15日、クスコの安宿「カセレス」の部屋で、午前8時に起きる。
共同の電気温水シャワーを浴びる。

午前中にシャワーを浴びるのが、気合の入った、旅先の一日の始まり。
僕は、バックパッカー旅行をしているうちに、日本風にバスタブに浸かることには、ほとんど興味がなくなった。

日本で国立競技場のトレーニングセンターに通っていた時も、大きな湯船とシャワーがあったが、あんまりお湯に浸かることはなかった。
最近見たテレビの健康番組などでも言っていたが、長時間肩までお湯に浸かるのは、健康的に良くないそうだ。
実際、僕も、長期旅行中にたまにバスタブのある部屋に泊まったら、元を取ろうとがんばって風呂に浸かることがあった。
すると、立ち上がるときふらふらして、気分が悪くなったからね。
その理由の一つは、湯船に使ってビールを飲むせいもあっただろうが。
日本人のように、風呂に浸かって、その上に、隅から隅まで石鹸を使って洗うというのは、健康に悪いと思う。

ヨーロッパ人なんか、ほとんどバスタブに浸からないまま一生を終える人がほとんどだ。
水の大切さを考えたら、1人住まいなのにバスタブがあるというのは、エネルギー的にまずいんじゃないかな。

1人しか住まないならば、シャワーがあれば十分だ。
シングル向けの住居にはシャワーのみにして、公共施設としての共同浴場を設置したほうが、いいと思うね。

江戸では、長屋には個人風呂というのはなかったものだからね。
銭湯に、男女一緒に入っていたものだ。

だからそこで人間関係も生まれ、結婚相手も見つかったんだよ。
現代日本人も、「婚活」などというわけのわからないものに金を使わずに、男女一緒に風呂に入ればいい。
人間なんて、いくら取り繕った、建前だらけの話をしてもわかり合えない。
わかるとしたら、結局は、裸になってからのことなんだから。

この1989年に中南米を旅していたときは、さすがの世界旅行者も、2009年の婚活ブームまでは予想できなかった。
朝シャワーを浴びると、スキッと気分が引き締まる。

昨日アレキパからクスコへ飛んできた。
同じ宿で薬剤師くんと再会し、南米一周バイク野郎と知り合って、一緒にビール(クスケーニャ)を飲んで盛り上がった。

今朝5時半に、バイク野郎はマチュピチュへの列車に乗ったはず。
僕は、今日はまず、鉄道駅(サンペドロ駅)へ行って、マチュピチュへの切符を買う予定。
クスコには「サンペドロ駅」と「ワンチャック駅」の、2つの鉄道駅がある。
サンペドロ駅はマチュピチュへ行く列車が出て、ワンチャック駅からはフリアカ行きが出る。
フリアカからは、プーノへも通じるし、またアレキパへも鉄道が通っていた。
この話は1989年の話で、これを書いている2009年現在は、フリアカからアレキパへの列車は運行していないようだ。
サンペドロ駅へ歩いて行って、窓口でマチュピチュへの往復切符を購入する。
往復鉄道料金が3万5千インティ(約12ドル)。

明日(6月16日)朝5時半にクスコを出て、帰りは17日の午後4時にした。
一泊して戻ってくることにしたが、僕はおそらく日帰りすると思う。

そのあと、薬剤師君と朝食をとる。
1人あたり2500インティ。

彼とは朝食後に分かれる。
明日、午前5時前に互いに誘い合うことにした。

僕はまず、両替しなければならない。
クレジットバング(Banco de Credito)の両替レートが「compra 3250/venta 3360」とのこと。

この意味は、「1ドルを3250インティに両替します」ということ。
もちろん、「3360インティ払ったら、1ドルにしてあげます」です。

午前11時に行ったら、クレジットバンクでは、「もう両替は終わった」とのこと。
「Banco de la Nation」だと、compraが2800と、異常に安いのでこれはダメ。

両替商の店(Casa de Cambio)が、compra 3000だと。
結局、通りで声をかけてきた両替商に、20ドルを6万5千2百インティ(compra3260)に両替してもらった。

リマの旅行でも説明したが、20ドルしか両替しないのは、この時期、ペルーは猛烈なインフレで、日ごとにレートが変わっていたからだ。
ドルを持っているほうが有利なので、小額ずつインティに両替していたわけだよ。

次に、僕は、1人で歩いて、「ペンション花田」へ行きました。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx