『クスケーニャを飲んで、薬剤師くんと、南米一周バイク男と、世界旅行者が盛り上がる』@クスコ/ペルー
1989年6月14日、アレキパからフリアカ経由でクスコへ飛んだ。
到着したのが、ちょうど昼ごろ。

空港からローカルバスに乗り、クスコの中心アルマス広場近くで降りて、歩いてホテルへ。
ホテルは、プラテロス通りの「カセレス(Hotel Caceres)」。

ツィンのシングルユース(2人部屋を1人で使う)で6千インティ(2ドル/250円)。
ホテルの受付で名前なんかを記入していると、ナスカとアレキパで偶然会っていた日本人旅行者の薬剤師くんと出会う。

いままで、ナスカ、アレキパと、二度も出会っているのに、それほど深い話はしていなかった。
旅行ルートの相談もしたことがないので、このホテルに泊まることも知らなかった。

それなのに三回目に、また出会った。
これは、「運命の人」かしらん。

彼は昨日クスコに到着している。
僕は今日クスコに着いた。

つまり、彼はクスコについては一日の長がある。
「一緒に夕飯でもどうですか?」との言葉が出る。

これはもちろん、クスコの情報を得るため。
また、互いの旅の話を交換して楽しむという大きな理由がある。

1989年のこの時期は、ガイドブックも出ていて、南米の旅行情報は比較的簡単に入手できた。
まるっきり手探り状態では、なかった。

定番の「Lonely Planet South America on a Shoestring」もあった。
同じく英語のガイドとしては、この時期「South America Handbook」も存在した。

日本語のガイドブックとしては「地球の歩き方・南米」が出ていた。
ただ、この時期の「地球の歩き方」は、ひどい間違いだらけで、全く信用できなかったけどね。

ちょっとディープに旅行好きの日本人ならば、そのころ有名だった「オデッセイ」の南米ガイドブックを使っていた。
ただ、旅の基本は、旅行者同士の情報交換なんだよ。

長期旅行者1人が持っている情報というのは、一冊や二冊の本に書きつくすことなんか、とてもできない。
また、本に書けないような話もたっぷりと存在する。

旅についてわかるためには、まず第一に、本人が長期旅行者であること。
次には、旅先で長期旅行者とディープに付き合ってることが必要かな。

最近は、大金をつかって、飛行機やホテルを予約しまくって、現地ツアーに予約をする人が増えてきた。
短い旅行期間で、多くのところを見ようとすれば、仕方ないけど。

そういう旅行を繰り返しても、旅行国数を増やしても、本物の旅行者には絶対なれない(笑)。
旅行は旅先で出会う人から情報を得て、旅先で旅行計画を立てるものだから。

日本で計画したとおりの旅をするのならば、旅の出会いも、旅の驚きもないよ。
この世界旅行常識を、あらためて確認して欲しい。

ホテルにいる日本人は、僕が声をかけた大阪からの薬剤師くんだけではなかった。
薬剤師君は、このホテルで、バイク(motorcycle)で南米一周をしているバイク野郎ともすでに知り合っていた。

バイク君ともあいさつをして、バイクを見せてもらう。
僕も東京ではバイクに乗っていたので、ある程度はわかるが、かなり南米用に改造してあった。

軽くアルマス広場付近を歩いた。
歩いていると、インカの少年少女が物売りのために声をかけてくる。

それが日本語で、「あなた、これ買ってください♪」だったかな。
ちょっと変な日本語が、かわいい。

部屋では午後にちょっと身体を休めた。
夕方になって、日本人男性3人で、アルマス広場近くのレストラン(食堂)へ行く。

何を食べたか覚えていないが、ビールは「クスケーニャ(Cusquena)」だったよ。
クスコ(CUSCO)だからクスケーニャなのだろう。

昨日アレキパで飲んだビールは「アレキペーニャ(Arequipena)」だったしね(笑)。
日本人の長期旅行者がビールを飲むと、大変盛り上がりました。

いま確認すると、クスコの標高はなんと「3300m」を越しているみたいだ。
それならば、富士山の頂上(3776m)よりちょっと低いくらいだね。

当然気圧も低く、日本から観光旅行に来た人の中には、着いたとたん高山病にかかる人もいるとか。
僕は、標高の低いアレキパから、一気に飛行機で来たわりに、なんとも思わないけどね。

気圧が低いので、アルコールの回りもよかったかな。
エクアドルの首都キトにある「パネシージョの丘」に歩いて上った時、ちょっとふらふらしたことがある。

その時は、高山病なのか、酔っ払っていたせいなのか、わからなかったが。
クスコでは全く高山病を意識しなかったので、3千メートル程度では僕は高山病にならないのかも。

半年かけて南米一周バイク旅行をしている日本人には、聞きたいことがたくさんあった。
彼の話では、「南米のバイク旅行自体は難しくないが、荷物を盗られないようにするのが大変だ」とのこと。

彼のバイクの後ろの荷台には、南京錠のかかるセーフティボックスが溶接されていた。
また、バイクの荷台自体も、バイク本体に溶接されていたよ。
この仕度はもちろん日本でやって、バイクを船便で送ったそうだ。
1990年ごろは、バイク旅行がブームだった。
僕もホテル加宝で米国大陸縦断の熊さんに会ってたしね。
この時代は、アメリカをバイクで回ったり、オーストラリアをバイクで一周するのは、ごく普通だった。
南米バイク旅行の特徴は、バイクを建物の外に停めると盗まれること。
寝ている間にバイクを盗まれないように、内庭のある宿を探すのが面倒だそうだ。
世界中の旅の情報が、僕たちのテーブルで飛び交った。
特に、薬剤師くんは、荷物がちょっと大きめのデイパック一つだけで、南米旅行をしている。
これは突っ込みがいがあったので、いろいろと、話を聞く。
確かにディパック一つで旅はできるだろうとは思う。
ただ、いつも荷物を全部持つわけには行かないだろう。
旅先で町歩きをするときに、部屋にバックパックを置いて、僕はどうでもいいものでも、バックパックの中にまとめておく。
僕は、敢えて、デイパックとバックパックの2つを持ってるわけなんだ。
荷物が少ないときは、ディパックをバックパックに入れたりするけどね。
興味深かったのが、この日(1989年6月14日)は、「インカラリー」の最終日だったとのこと。
アルマス広場が変に飾り付けられていたね。

インカラリーの最終日の今日は、ペルー人の子供を車がはねて、子供が死んだそうだ。
こんなところで、車のレースをやる意味はないと思ったけどね。

南米バイク一周野郎は、明日、鉄道でマチュピチュへ行くとか。
マチュピチュ行きの列車の出発は午前5時半だという。

僕も行ってもいいが、まず切符を買わなければならないので、明日は無理。
切符の買い方も聞いた。

薬剤師君とマチュピチュへ行くことになる。
彼も僕も、クスコに何日いるのか、何を見るのか、決めてない。

クスコへ来ているのですから、まずマチュピチュへ行くのがいいでしょうね。
こういう風に、すべて旅の出会いの中で、どこへ行くか、誰と行くか、決めていく。

これが本当の長期旅行というものなんだね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx