『クスコから、サンタマリア、サンタテレサ、水力発電所を通って、マチュピチュへ行くルートの紹介』@クスコ/ペルー

chica japonesa@machu picchu
2010年のペルーの水害で、マチュピチュへの鉄道が動かなくなった。
観光客をヘリコプーターで移送するニュースが流れた。

そのニュースをネットで追いかけていく過程で、「マチュピチュへの新ルート」が見つかりました(笑)。
これが、「発電所ルート」と言われるもの。
現地ではよく知られているルートのようですが、日本では知られてなかった。
これまでのマチュピチュ駅へのルートは、大きく3つあった。
ひとつは、クスコからマチュピチュ駅へ列車で直行。
これが一般の観光客が取るルートです。

もうひとつは、オリャンタイタンボ駅まで行って、そこからマチュピチュ駅へ鉄道。
こちらの方が切符を取りやすく、またクスコからよりも安い。
ついでにオリャンタイタンボの遺跡も見られるというので、バックパッカーに人気でした。
また、マチュピチュまでの、インカトレイル(インカ道)を歩くルート。
これが、特に金と時間に余裕のある欧米人に人気なトレッキングルート。
ただ、3泊4日かかるし、人数制限があるので、かなり先まで予約で詰まっているらしい。

普通の日本人旅行者は、インカ道を歩いて野宿をしながら、マチュピチュへ行くなんてことは考えない。
しかもお金もかかるし、時間もかかる。

一緒に行く欧米人とも付き合わなければならない。
だから、まずほとんど日本人は利用しないルートだね。

ところが、クスコからマチュピチュ駅の先に、まだ鉄道は続いている。
マチュピチュ駅からさらに先へ進むと、鉄道の先には村があり、その村にはクスコからの道路が通じている。

ということは、マチュピチュの先まで道路を使って行って、そこからマチュピチュへ戻ってくるルートがあるわけだ。
まず、クスコからコレクティーボを乗り継いだり、直行したりして、「サンタ・マリア」へ向かう(5時間程度)。
サンタマリアからタクシー(コレクティボ)で「サンタ・テレサ」へ行く(2時間程度)。

サンタテレサから、タクシーで「水力発電所」まで行く(1時間かからない)。
ここまではコレクティーボを乗り継いでもいけるし、クスコから一気に行けるという話もある。

水力発電所から、鉄道線路を歩く(途中では鉄橋も歩いて渡る)。
すると、水力発電所から歩いて2時間から3時間程度で、マチュピチュ駅へ到着する。
クスコからマチュピチュ村まで、トータルで10時間くらいかかる。
朝早くクスコを出て、一気に行っても、マチュピチュ到着は夕方になる。
サンタテレサの村には、宿泊施設もあり、また温泉もわいているということだ。
時間に余裕があれば、サンタテレサで一泊して、朝早くマチュピチュへ行ってもいいでしょう。
マチュピチュも最近は観光客で混雑していて、入り口のゲートでは、渋滞が起きるほどだとか。
僕が行ったとき(1989年6月)は、ガラガラだったけどね(笑)。

この路線は列車が走っているので、途中で列車に注意をすること。
一応、「鉄道線路を歩かないように」という注意書きがあるが、地元の人も歩いている。

サンタマリア、サンタテレサ、水力発電所には鉄道が通っていて、列車が走っている。
ということは、列車に乗って、マチュピチュ駅へ行くことも可能なようです。

水力発電所からマチュピチュ駅の間を歩くのが、楽しいらしいですよ(笑)♪
1人だと心細いので、安全のためにも、他の旅行者と一緒に行ったらいいでしょう。
洪水の後の復旧までの間、このルートが使えるのかどうか、確認できていません。
また、マチュピチュ村(旧アグアスカリエンテス)へ行っても、マチュピチュ遺跡に入れなければ、無意味です。

このルートの情報は、2010年になって突然入ってきました。
グーグルで「マチュピチュ 水力発電所」「マチュピチュ サンタマリア」「machu picchu santamaria」など検索すれば、いろんな人の体験談が発見できます。

バックパッカーの場合は、クスコの日本人宿へ顔を出すなりすれば、最新情報が入手できるでしょう。
同行者を集めて、一緒に行ったほうが安心だし、楽しいと思います。
また、クスコからアグアスカリエンテスへのヘリコプターも飛んでいるという噂もあります。
これもまた、現地で確認ください。
マチュピチュ遺跡自体がオープンしていれば、水力発電所ルートでアグアスカリエンテスへ行くことはそんなに難しくはないようです。
マチュピチュ遺跡は観光客が多すぎて、遺跡の入場者数を制限する予定だとか。
そうなると、インカトレイルのように、遺跡観光と交通手段をパッケージにする可能性も多いです。
このルートが、いつまで使えるかわからないので、興味のある人はなるべく早く行ったほうがいいでしょう。
この情報は、2010年2月1日時点のものです。
読者は、さらに自分で最新情報を確認ください。
(2010/02/01記)
マチュピチュ遺跡(1) (クスコ駅前でバッグが切られる)@クスコ/ペルー
マチュピチュ遺跡(2)クスコからマチュピチュ遺跡を見て、アグアスカリエンテスで食事をして戻ってきました
世界旅行者のペルー旅行記(1989)
2010年マチュピチュ洪水の話題@ペルー

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx