『シュラスコ屋に入ったが、体調が悪く、慣れてなかったので、シュラスコに完敗する』@マナウス/ブラジル
1989年8月28日午前2時過ぎに、ベレンからマナウス空港に到着。
そのまま眠らずに、空港で過ごした。
朝になって、ローカルバスでマナウスの市内へ移動。
安宿街を10軒当って、「ホテルフォルタレーザ」に決める。
このホテルを選んだ理由は、とにかくエアコンがあったから。
この日は日差しも強く、体感温度は40度近くはあったよ。
マナウスは、もちろんアマゾンの大湿原地帯のど真ん中の町だから、湿度が高かった。
僕のバックパックとディパックを合わせると、16kgある。
僕はこの重さを背負って、歩いてきたわけだから、とにかく、体中が汗でびっしょりだ。
Tシャツもジーンズもそのまま泳いだみたいに濡れている。
エアコン付きの2人部屋を1人で使って、25クルザード(750円)。
シャワーはもちろん冷水だが、とても気持ちいい。
僕はずーっと寝ていない。
27日に、アマゾン河口の町ベレンの「HOTEL SAO GERALD」のベッドを出たのが午前11時。
寝ないまま、飛行機に乗り、寝ないまま、空港で夜を過ごした。
ローカルバスに乗って、マナウス市内へ来て、16キロの荷物を背負って、ホテルを10軒当った。
そうしてやっと、冷房付きの部屋を見つけたわけだ。
この部屋は、窓も小さくて、薄暗くて、落ち着く感じだった。
とすれば、自然の流れとして、ここでひと眠りしたらいい。
しかし、なぜか、神経が高ぶっていて、すぐに寝る気になれない。
それに、ベレンの「京都」でお昼ご飯を食べて以来、夕食も、朝食も取ってない。
身体が疲れているのは自覚しているが、変に気が張っているんだ。
こういうときには、とにかくビールを飲んで、寝よう。
部屋にバックパックを置いて、外へ飛び出す。
適当な食事をつまみにして、ビールを飲めば、神経も収まり、クターッと寝ることが出来るだろう。
通りを歩くと、「シュラスコレストラン(CHURRASCARIA)」を見つける。
シュラスコとは、串に刺した肉を客の皿に次々と置いていくというもの。
有名なブラジル料理というか、ただ、肉を思い切り食べるためのものかな。
これは基本的に、食べ放題だね。
僕は、イグアスの滝からブラジルに入った。
そのあと、フォスドイグアス、クリチバ、サンパウロ、リオデジャネイロ、サルバドール(バイーア)、フォルタレーザ、ベレン、そしてマナウスと旅を続けてきた。
シュラスコについては知っていた。
シュラスコ(串肉の食べ放題)というのは、常識的にいって、男1人では行かないよね。
よほどの大食いなら別だが。
実は、「ブラジルにいるうちにシュラスコを体験しなければ」と思いながら、一緒に行く人が見つからなかったんだよ。
ブラジルでは、ほとんど日本人旅行者に会わなかったしね。
サンパウロはリベルダーデの日本人街にある「ペンション荒木」では、確かに、日本人にたくさん会った。
彼らは、なにか別の目的があったようで、一緒にシュラスコを食べに行く雰囲気にはならなかった。
また僕は、日本人町では、日本風居酒屋にいって、タラちり鍋をつつきながら、日本酒を飲むのが好きだった。
居酒屋で流れていた演歌を聴きながら、一人涙を流して過ごしていた。
いままでシュラスコを食べることはなかった。
これから、ボートでアマゾン川を上ってタバチンガへ行ったとして、タバチンガという町にシュラスコレストランがあるかどうか、わからない。
僕は「このシュラスコ料理店に入れという、神のお告げだな」と考えて、店へ入った。
さっそく、串に刺した肉が、目の前の皿に切り分けられる。
お腹はすいているので、すぐにこの肉にかぶりつく。
ただ、内臓系の肉で、それほどおいしくない。
たいしておいしくない肉を、ビールで無理に流し込む。
あとになるほど、おいしそうな肉がやってきたが、その前においしくない肉を食べてしまったので、食べられない。
やはり、理性的な判断が出来なくなっていたわけだね。
一人で肉の食べ放題へ行くこと自体、無謀な行為だったんだけどさ(涙)。
このシュラスコ食べ放題料金が30クルザード(900円)、ビール(CERPA EXPORT)が2.8クルザード(84円)を3本(250円)。
これに、チップを10パーセントつけて払ったので、結構な支払いになったよ。
でも、「ブラジルでシュラスコ料理を食べる」というのは、旅行者としては一つの意味ある経験だ。
「観光地へ行った入場料」と考えて、無理にナットクする。
部屋に戻って、エアコンをガンガンかけて、ベッドに転がり込む。
JONAS SAVIMBIの「A KEY TO AFRICA」というアンゴラ紛争の本を読み始めたら、コロッと寝ました。
そのまま寝て、夕方になって起き出して、また町へ出た。
別々の店で、ビールを1本ずつ、合計2本飲んで、また部屋へ戻って、寝ました。
明日は、マナウスを歩いて、観光する予定。
タバチンガへの船が見つかればいいけれどね。
それはまた、明日になったら考えましょう。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx