『旅の定番【部屋代を払ったのに、払ってないと請求される事件】が発生する』@クスコ/ペルー
1989年6月26日、今日はクスコからプーノへ列車移動の日だ。
出発はクスコのワンチャック駅。

列車の切符は、旅行代理店を通してすでに昨日入手している。
クスコのホテル「カセレス」の一緒の部屋に泊まっていた薬剤師くんも、一緒の列車に乗る。

彼は、もう少しクスコにいようと考えたようだが、考えを変えた。
このクスコからプーノへの列車は、1989年は「泥棒列車」と呼ばれていて、かなり危険だったからだ。

特に、アレキパからプーノの列車が危険だった。
クスコからプーノの列車はそれほどではないということ。

この二つの路線は、フリアカからプーノが同じだ。
フリアカがチョー危険だったんだよ。

その頃の「Lonely Planet South America on a Shoestring」にも、「WARNING」とした項目があった。
そうして、ペルーの鉄道の危険性を伝えていた。

危険ならば、ひとりで列車に乗るのは避けた方がいい。
そこをじっくり考えて、薬剤師くんは、1人で行くよりもボクと一緒にプーノへ移動した方がいい、と判断したのだろう。

薬剤師くんと僕は同じ列車だが、別の時期に切符を買ったことになる。
薬剤師くんと僕が同じ部屋に泊まるようになったのが、6月23日。

6月22日の僕の部屋代6千インティ、23日の2人分の部屋代1万インティは僕が払って、領収書をもらっていた。
24日の部屋代1万インティは、薬剤師くんが払うことになった。

26日の出発時に、25日の部屋代1万インティを支払えばいいという計算だ。
列車の出発は午前8時だから、午前7時半には駅に着いておきたい。

指定席の切符を持っていても、例えば同じ席を二重売りしていることだってあるだろう。
旅行代理店で入手した切符がニセモノの可能性だってある。

予約した車両が、列車に連結されてないことだって考えられる。
機関車の故障で、運行が中止になることだってありえないわけではない。

この時期のペルーでは、ゲリラ活動やストライキで列車が止まることはなかったが。
旅先では、日本の常識では考えられないことが起きる。

もちろん、大地震が起きて、列車の運航が出来ないこともある。
さらには、終末の日が来て、人類が滅びるかもしれない。

人類が滅びるのならば、列車に乗れなくてもかまわないけどね。
人類滅亡はめったにないので、列車の切符を持っている以上、乗れた方がいい。

トラブルを切り抜けるためには、まずとにかく、他の人よりも早く駅へ行くこと。
列車に乗る前のトラブル、列車に乗ってからのトラブルを避けようと、宿を早く出ることにする。

駅までは歩いていくので、午前7時前には、宿を出る計画。
鍵を返却したりするのを、午前6時半と考えた。

薬剤師くんと一緒に、バックパックを背負って、ホテルカセレスのフロントへ行く。
僕が薬剤師くんに5千インティ渡して、薬剤師くんが昨日25日の宿泊料1万インティをまとめて払う。

ホテルの男が「24日の部屋代1万インティをもらってない」と言う。
24日のホテル料金は薬剤師くんが払ったはずなっているので、僕とは関係ない。

僕は、「領収書はもらってないの?」と聞く。
彼はどうやら、自分のシングルルームの料金を払っていた時も、領収書はもらってなかったそうだ。

僕は、ホテル代を払う時は、キッチリと領収書をもらう。
または、宿の台帳に、僕の目の前で「PAID」と記入させる。

スペイン語圏の場合は「PAGADO」だが、もちろんPAIDでもいい。
支払ったことがわかりさえすればいいんだ。

個人旅行をしていると、「宿代を払った、払ってない」というトラブルはよく起きるんだよ。
ホテル側がわざと二重取りしようとする場合もあるが、たいていはどこまで払ったのかハッキリしないことが原因だ。

数日以上同じホテルに泊まるときが危ない。
最初の一泊は、安宿の場合は前払いになるのが普通だ。

2日目からは、ホテル側も「残りは出て行くときに払ってもらえばいい」程度に軽く考えていたりする。
いい加減な宿では、宿帳をキッチリと作らないところもある。

まあこれは、税金逃れの意味もあるのかもしれないが。
それで、一週間以上泊まっていると、互いにいつから泊まったのかわからないってことがあるんだ。

僕の事件が起きたのは、バルセロナ(スペイン)の安宿だったんだけどね。
そのころは、はっきりとした日記もつけてなかったので、自分でも何日間泊まったか、わからなくなった。

後で考えてみると、ホテル側が言うよりも1日短かった。
だけれど、ノートに書いてないので、証明できない。

結局、互いの主張を割って、僕が(泊まってない)一日分の半額を払うことになった(涙)。
これがトラウマになって、それ以降は、宿泊費を払って領収書をもらうことにしたわけだ。
僕はホテルの領収書はキッチリもらう。
領収書を出さない時は、宿帳に「払った/PAID」と目の前で書かせることにしている。

薬剤師くんは、中南米旅行をしているとはいっても、いままで宿代のトラブルはなかったのだろう。
ホテルのスタッフの誰に払ったかも、覚えてないようだ。

僕は「日本人はウソを言わない。払ったんだから出て行く」と宣言する。
ホテルの人間は、「出て行くならば払っていけ!」と要求する。

僕は薬剤師くんを連れてホテルを出ようとするが、朝早いせいか、ホテルの入り口のゲートが閉じて、ロックされている。
薬剤師くんが、ガチャガチャやっても、もちろん開かない。

ホテル側は、「金を払えば、ゲートは開けてる。金を払え!」と、要求する。
そこで僕はブチッと切れた。

部屋代の1万インティ(3ドル程度)を払えばいいわけだが、それはできない。
だって、薬剤師くんは金を払っているのだから。

僕は「警察を呼べ!(ジャーマラポリシア/Llama la policia)」とスペイン語で叫ぶ。
続いて、「このホテルは泥棒だ!」とか、「日本人をウソツキだと言うのか?」とか大声を出す。

「今日の列車に乗れなかったら、運賃を払えよ」と言ったりする。
実は、大声で「警察を呼べ!」と言っていながら、頭は結構冷静だ。

「今日の列車に乗れなくても、たいした損害ではない。話のネタが一つ出来たら、それはそれでいいかっ」という気持ちもある。
薬剤師くんは、言い合いを逃れて1人で宿帳をめくっていたが、そこに「払った」という書き込みを見つけた。
それを突きつけて、ホテル料金支払い問題は、一気に解決した。
「Lonely Planet」のホテル紹介にも書いてあったが、このホテルは、これまでもホテル代の二重請求などのトラブルがあったようだ。

この文章を書いている2013年時点でも、「ホテルカセレス」は存在している。
ホテル予約サイトの評判では、いい評価と悪い評価が入り乱れて極端だ。
宿代を払った払ってないというトラブルは、今でも多いのかも。
世界旅行者としては、まずはっきりと領収書をもらうことを勧めます。
領収書がそもそもないような安宿では、宿帳に支払済みと書かせること。
長期滞在のときは、支払日(何日おきとか、何曜日とか)を決めておくのもいいでしょう。
ホテル料金のトラブルについては、また別の項目で詳しく述べたいと思います。
こうして、宿代のトラブルが解決した僕たちは、歩いてワンチャック駅へ行きました。
これから、フリアカを経由してプーノの列車旅です。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx