標高5000mの山小屋@チャカルタージャ山/ボリビア
世界旅行者というからには、世界各地を旅するだけではない。
高度差(どれだけ高いところへ行ったか、低いところへ旅したか)も重要だよね。

思い返してみると、高いところを通過したという意味では、中国のラサからゴルムドまでのチベット高原のタンラ峠5072mがあったね。
また、カシュガルからパキスタン・フンザへのクンジュラブ峠の4930mがある。

一番高いところへ到達したのは、ラパス近郊のチャカルタージャ(Chacaltaya)山の5300mだったよ。
一番低かったのは、イスラエル側の死海エンジェディ(マイナス400m)だったけどね。

チャカルタージャ山というのは、世界最高地にあるスキー場というので有名なのだが、ラパスからツアーで簡単にいける。
ラパス自体が4000mの高地にあるんだから。

このときは、南米のあちこちで再会するゲーブルくんと一緒だった。
最初はロサンジェルスの「ホテル加宝」で出合って、ペルーのクスコで再会して、さらにまたラパスでも日本人会館で会った。
ゲーブルくんと2人で申し込むので、ツアー料金26ボリバールを24ボリバールに値切った。
そのあと、僕の部屋に戻って、2人でいろいろ話しながら、ジョニ赤を1本空ける。

翌朝、ヒゲをそっていたらツアーバスが迎えにやってきたので、あわてて乗り込む。
次のホテルでブラジル人が出てこず、時間ばかりが過ぎる。

ゲーブルくんのホテルに30分も遅れて到着する。
彼はちょうどバスを待つのを諦めて、バス会社にケンカを売りに行くところだった。
僕がバスから降りて、大声を出して彼を呼び止める。
なにしろ南米なので、少々の遅れは、我慢しましょう。

バスはラパスのすり鉢状の市街地を抜け、高原を走って、一時間ほどでチャカルタージャロッジへと到着。
ここから、バスの乗客は、それぞれ勝手に山へ登っていく。

ゲーブルくんが登りだし、僕も彼の後についていった。
途中から、すごく息苦しくなり、足を前に出すこと自体が苦しい。

頭がボーっとしてくる。
山の稜線に立つと、ゲーブルくんが見えない。

よくまわらない頭で、「彼は山から落ちたんじゃないかな」と、周囲を捜してみる。
登山装備で登ってきた白人に声をかけて、相談したりする。
頭の活動が鈍っていたので、何を話したか覚えていないけどね。
ちなみにこの時の気温は「−13℃」だったよ。

しばらくして山小屋へ降りたら、なんとゲーブルくんは山小屋に戻っていた。
頭が痛くなったので、すぐに降りてきたそうだ。
これは正真正銘の高山病だろうね。
二人ともわけのわからないぼんやりした状態だった。

高山病に効くというコカ茶を飲むが、それほど回復しない。
ただ、山小屋にいるとだんだん落ち着いてきた。

「もういいから戻ろう!」とツアー客の意見が一致して、正午に山小屋を出発。
ラパスへ戻ったのは午後1時10分だった。

いつものように日本人会館へ行き、とんかつ定食(10ボリバール)を食べて、ご飯を2杯お替りする。
朝日新聞、パオリスタ新聞を読む。
図書室で日本語の本を4冊借りる(各1ボリバール)。
書いてなかったかもしれないが、日本人会館では、日本語の本を一冊1ボリバール(50円)で貸し出していた。

僕の宿「Residential TORINO」へ戻る。
ちょっと知り合っていたイタリア人が、「ケン、アルゼンチンへ行こう!」と僕を誘う。
僕はこれからチリ経由で、アルゼンチンへ行くつもりなので、断った。
彼の話だと「アルゼンチンは大インフレが起きたので、今がチャンスだ!」とのことだったが。
これがアルゼンチンのインフレを利用する大きなチャンスだったんだけどね。
このチャンスを逃したので、僕は、株もギャンブルもしないんだ。


【旅行哲学】海外旅行ではどれだけ高いところへ到達するかもポイントかな。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx