乗ってきたセスナの前で@カナイマ/ベネズエラ

世界旅行者は、すでに、世界三大滝を見ていた。
世界三大滝とは、もちろんナイアガラの滝(米国&カナダ)、イグアスの滝(アルゼンチン&ブラジル)、ビクトリアフォールズ(ジンバブエ&ザンビア)のこと。
すると、世界で一番落差の大きいというエンジェルフォールズを見たいと考えるのが、自然の流れだね。
ロサンジェルスからカラカス(ベネズエラ)へ飛んだ。
さらに、カラカスからシウダーボリバル(シウダボリバル)に飛ぼうと考えたが、飛行機が満杯で席がない。
そこで、ちょっと遠い、シウダーガイアナ(シウダガイアナ、空港がプエルトオルダスにある)へ飛ぶことにする。
カラカスのホテルエルコンデにあるVALTURのパブロ・ペレス(Pablo Perez)氏に相談する。
それによると、プエルトオルダスのほうがシウダーボリバルよりも遠いのだが、航空券の値段は安い!
また、シウダーボリバル行きの便は満席で、ビジネスクラスしか空いてないそうだ。
この時期(1998年12月)の両替レートは、1ボリバールが約0.2円。
ちなみに、カラカスからシウダーボリバルへは片道切符で55400ボリバール(1万1千円)。
そして、席のあるビジネスクラスは62000ボリバール(1万2千4百円)。
しかし、それより遠いプエルトオルダスまでは、片道36620ボリバール(7千3百円)と、2万ボリバール(4千円)も安い。
だったら、プエルトオルダスへ行けばいいだけだ。
僕の最初の計画では、まずプエルトオルダスの空港へ着く。
空港からシウダーガイアナのバスターミナルへ移動して、さらにそこからバスでシウダーボリバルへ向かうつもりだった。
しかし、プエルトオルダスの空港からシウダーガイアナへは、タクシーしかない。
シウダーガイアナまで、言い値で6千ボリバール(1200円)。
これは高いね。
それにタクシーでシウダーガイアナへ行っても、バスがいつ出るのかわからない。
さらに、バスがしょっちゅう出ているかどうかわからない。
下手をするとバスが出るのを何時間も待たなければならないかも…。
空港前のタクシーの運ちゃんは、「シウダーボリバルまで直行で行きまっせ!」と、元気がいい。
最初は2万5千ボリバール(5千円)ということだったが、ちょっと交渉して2万ボリバール(4千円)で決める。
つまり、交通費を合計すると、シウダーボリバルへ直接飛んだのと同じ値段になるわけだね(笑)。
タクシーを借り切って、シウダーボリバルへジャングルを突っ切る舗装道路をぶっ飛ばしたよ♪
一時間ほどでシウダーボリバルへ到着したが、僕が「Lonely Planet」で決めた「ホテルコロニアル」への道がちょっと込んでた。
ホテルへ到着したのが、タクシーに乗り込んで1時間10分後だった。
で、シウダーボリバルから、セスナでカナイマについて、そこからエンジェルフォールズを見たってわけだ。
世界旅行者は、ホントすごいね。
ちなみに帰りはバスを利用する気持ちもないわけではなかったが、面倒なので、ホテルコロニアルのネッカールツアーで切符を買った。
シウダーボリバルからカラカスまで、やはり55600ボリバール(1万1千円)だった。
【写真】シウダーボリバルからカナイマへ乗ってきたセスナの前で。
【旅行哲学】目的地より遠い空港へ飛んでタクシーを使っても、同じ値段だとしても、そっちの方が面白いからいいと思うよ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20040520