『サンクリストバルの丘へ登り、インディジョーンズを見ながら眠る』@サンチアゴ/チリ
1989年7月18日に、ゲーブルくんとサンチアゴの町をうろついた。
そのとき、両替をしたので、その記録をここに書いておきます。

「AMERICAN EXPRESS INTERNATIONAL BANKING CORPORATION」(AGUSTINAS通り1360番地)で、トラベラーズチェック5百ドルをドルキャッシュにした。
ここでは手数料が全くかからず、そのまま5百ドルの現金を手にする。

この時代(1989年)の中南米旅行では、ドルの現金が一番有利で便利だった。
もちろん、ドルの現金だけで南米を旅するのは、自殺行為だ。

盗難にあったときのためにも、ほとんどのお金をトラベラーズチェックにしている。
旅をする中で、手数料の安いところで、それをドルの現金に両替する。

ドルの現金を、現地通貨に両替する。
この繰り返しをしているわけだ。

もちろんドルの現金を5百ドル手にしたので、すぐに100ドルの現金を、29100ペソに両替した。
現地通貨をたっぷりと持っていると、心が落ち着くね。

その翌日、1989年7月19日。
僕はサンチアゴのロンドレスという居心地のいい安宿に泊まり、特に何もすることがない。

さしあたりのお金もあり、寝る場所もあり、時間の余裕もある。
いま特に、サンチアゴからの移動を考える必要もない。
まあこんな日には、定番の観光地めぐりでもしましょうかね。
サンチアゴの市内地図で目立つ丘に登ることにした。
「サンクリストバルの丘(CERRO SAN CRISTOBAL)」へ行きましょう。
五月女の近くの地下鉄駅BAQUEDANOで降りて歩き、「FUNICULAR」というケーブルカー(往復運賃が350ペソ)で、丘の上へ。
思い出せば、バルセロナのミロ美術館へ行ったときも、FUNICULARに乗ったね。
この乗り物はスペイン文化圏では、おなじみなのかもしれないね。

丘の上には、大きなマリア像がありました。
丘の上からサンチアゴの町を見降ろして、これで今日の観光は終了。
長期旅行では、一日に一つのことをすれば、一応言い訳は立つものだよ。
部屋でずーっと本を読んでいたって、別にいいんだけどね。

1人で歩いていって、適当なレストランで定食(450ペソ/180円)を昼食にする。
ワインを1本(400ペソ/160円)を飲んで、いい気分になる。
町を歩いていて「インディジョーンズ最後の聖戦(INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE)」を見つける。
映画館に入るが、この料金が225ペソ(90円)だった。
インディジョーンズのシリーズは、それまで全部映画館で見ていた。
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク」については、映画を見る前にペーパーバックで読んでいたしね。
ハリソンフォードも、「クリスタル・スカルの王国」では、もう歳で無理があった。
映画も面白くなかったので、僕としては、「失われたアーク」と「魔宮の伝説」を見ればいいと思うね。
「最後の聖戦」は、変に親子の関係を出して、面白くなかった。
サンクリストバルの丘に登って適当に疲れて、ワインを1本空けたので、映画の途中で寝てしまったよ。

約束していたのだろうか、午後6時にゲーブルくんのホテルへ行った。
彼と夕食をとりにでる。

毎日ステーキも飽きたのか、アルマス広場にあるピザ屋に行った。
ピザ(700ペソ/280円)がまずくて、ウンザリ。

帰りにビールを2本買って、部屋で飲んだ。
右足に靴擦れの水疱が出来ていたので、切って薬をつけた。
まあこういう日もあっていいでしょう。
「サンチアゴからどこへ行くか」ということは、常に頭にあるわけだが。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx