カルタヘナ/コロンビア

【サンフェリペ要塞@カルタヘナ】
アマゾンの奥地、ペルー、ブラジル、コロンビアの三国国境地帯レティシアから、コロンビアの首都ボゴダへ飛んだ。
中米コスタリカからエクアドルへ飛び、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、コロンビアと南米を一周してきた。
ボゴダまで来てしまうと、どう南米を脱出するか、それが大問題だよ。
とにかくコロンビアの海岸にあるカルタヘナへと進み、そこからコロンビア領サンアンドレス島を経由して、中米へ入ることにする。
カルタヘナへ進んだ理由は、実は昔インド旅行をしていた時に読んだ「Romancing the stone」というペーパーバックに出てきた町だったからだ。
本は確か映画のノベライゼーションだったと思うが、元になった映画「ロマンシングストーン・秘宝の谷」でのキャサリン・ターナーは色っぽかったよなー。
その映画のクライマックスで、ワニがエメラルドを飲み込むのがコロンビアのカルタヘナだったんだよ。
それを思い出したので、カルタヘナへと進む。
旅に出るとそれまでのいろんな経験が行き先を決定してしまうってことかな。
この本を読まず、映画も見ていなければ、カルタヘナの印象もそれほど強くなかったことだろうけれどさ。
注)この話は、キャサリン・ターナーとマイケル・ダグラスの共演で、有名な映画「ロマンシングストーン・秘宝の谷」として公開されました。
この映画は傑作ですが、続編の「ナイルの宝石」は駄作です。
カルタヘナはスペインが作った町で南米からスペイン本国へ積み出す財宝が蓄積されていた。
それを狙うイギリスの海賊が何度も襲撃してきた。
そこで巨大なサンフェリペ要塞が建設され、町を守っている。
記憶に残っているのは、案内の人の説明。
スペイン人はイギリス人よりも背が低いので、要塞の通路の天井が低くなっているというところ。
旧市街はとても落ち着いていて、昔のコロニアル都市の面影が今も残る。
ちょっと離れたビーチには豪華ホテルが並び、観光客で賑わっている。
そのコントラストが興味深い。
教会も多いが、異端審問所の拷問部屋が興味深かった。
町をうろついて、サントドミンゴ教会、カテドラルでろうそくを灯して、神に世界旅行者がここへ来たことを伝える。
陸路で南米を一周した僕の旅はここで終わる。
しかし、これからまた中米、南太平洋を経由して、アジアへと世界旅行者の旅は続く。
神よ、世界旅行者を助け、導きたまえ!
【写真】カルタヘナのサンフェリペ要塞
【旅行哲学】人生経験によって、旅で見るものの深さが決まるよね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx