『サン・アンドレス島へ着いて、宿を決め、旅行代理店で航空券の値段を調べて、ビーチで海に入る』@サン・アンドレス島/コロンビア

大きな地図で見る
1989年9月8日、カルタヘナからカリブ海の「サン・アンドレス島」へ飛ぶ日だ。
出発は余裕を持った午前11時半なので、午前中にカルタヘナの旧市街を歩いた。
カルタヘナへもう一度来るなんてことは、まずないだろうからね。
海外個人旅行者は、いろんなところを訪れるが、ほとんどは、その場所へ2度と戻ってはこない。
別れることに慣れている。
なにかあって、2度目に訪れたとしても、またそれなりに新しい発見をする。
逆にいうと、見残したところを作っている。
このカルタヘナにも、ビーチはあるようだ。
カルタヘナにしばらく滞在して、ビーチでのんびりしたって悪くはない。
今日、僕はカリブの島へ飛ぶ。
としたら、カリブの島で泳いだ方が、印象的ではないのかな?
出発前の時間に、バックパックをまとめた後で、ちょっとだけ町を歩いた。
サン・ペドロ・クラベール教会(Iglesia San Pedro Claver)」へ行って祈る。
続いて、昨日も行った「大聖堂(Cathedral)」 「サント・ドミンゴ教会(Iglesia Santo Domingo)」で祈った。
飛行機に乗る前にキッチリ祈っておくことは、とても大事。
飛行機が何かの事故で墜落する時も、「やるだけのことはやったんだから…」と諦めがつきやすいものだ。
朝の時間があったのに、教会へ行かず、祈らないまま飛行機に乗ったら、絶対に後悔するだろうからね。
世の中というものは、どれだけ諦めるか、諦める覚悟があるかってことでもある。
教会で祈って、飛行機事故に対する予防をキッチリしたあとで、タクシーで空港へ行く。
これがやはり、600ペソ(180円)で、空港から来た時と同じだった。
だから、このタクシー料金が普通なのだと思う。
少なくとも、観光案内所で言われた「千ペソ(300円)」は、やはり確実にボッタクリ値段だったわけだ。
ここでもわかるように、観光案内所には、旅行者よりも現地の業者の立場に立つところも多い。
旅行者は一度訪れて、普通は2度と戻ってこない(コロンビアのカルタヘナなんてところにはね)ものだから。
旅行哲学として、「観光案内所は信じないで、現地の人に来た方が間違いない」がある。
大使館に聞いても、実際の入国条件はわからない、ようなもの。
僕が乗るのは、アビアンカ航空「AV680」便、9月8日午前11時半発。
空港へは、出発1時間以上前の10時20分に到着。
チェックインカウンターでバックパックを預ける。
そのあとで、荷物を飛行機に積み込む直前に、カートに載せた荷物を、またもう一度確認させられた。
乗客がカートのところまで行って、もう一度自分の荷物を確認する。
11時半出発の予定が、12時40分に変更になり、結局実際のフライトは午後2時になった。
2時間半遅れても、誰も文句を言わない。
焦っているような人も見かけない。
僕も、今日は、ただカルタヘナからサンアンドレス島へ行けばいいだけなので、飛行機の遅れは気にならない。
いかにもけだるい感じで、「カリブ海の雰囲気かな」と思ったりする。
フライトがキャンセルされることまでは無くて、午後2時に出発する。
僕はもちろん、早めにチェックインしたので、窓側の席(window seat)を取る。
飛行中はカリブ海を見下ろしたが、海の他は特に何も見えなかった。
でも、カルタヘナから飛び上がる景色、サンアンドレス島の着陸直前の風景を見れたのはとてもよかった。
昼の一時間くらいのフライトなら、これはある意味「カリブ海遊覧飛行」と考えてもいいだろう。
それならば、窓側の席を取った方がずっと楽しいですよ。
カルタヘナを午後2時に出発したアビアンカ航空「AV680」便が、サンアンドレス島に着いたのは一時間後の午後3時だった。
サンアンドレスの空港はとても小さいが、町に近くて、みんな歩いて行く。
もちろん僕も、みんなの後について、町へ歩いていく。
空からサンアンドレス島と滑走路を見たときに、町からすぐだと、わかっていた。
サンアンドレスの町もたいして大きくない。
空港から歩いていって、適当に安そうなホテルを見つけて、飛び込んで値段を聞く。
ホテルを2つ当って、部屋が広い方の「HOTEL MALIBU」に決めた。
シーズンオフなのか、ホテルに人気がないのか(多分後者だとおもう)、ホテルにはほとんど客の姿がない。
僕の部屋は206号室で、4115ペソ(10ドルちょっと)。
トイレもシャワーも付いているが、全体的に古くて、部屋も清潔とはいえない感じ(はっきり書くと、薄汚れている)。
部屋ががらんとしていて、結構大きいのが気に入った。
ビーチから2筋くらい奥の通りにあるが、町自体が小さいのでビーチへ行くにも不便はない。
もちろん、ビーチに面したメインの通りには、もっと高いホテルが並んでますよ。
僕がいた1989年では一流ホテルというものはないので、ビーチ沿いの小奇麗なホテルで30〜40ドルという感じでした。
全体的に、落ち着いた、ステキな島だったね。
バックパックを部屋に置いて、さっそく町へ出て、旅行代理店へ行く。
サンアンドレスからどこへ飛ぶか、まだ決めてないので、航空運賃を調べに行ったわけだ。
その調査結果は(サンアンドレス島からの片道料金)、以下の通り(しかし、1989年です)。
サンホセ(コスタリカ)まで85ドル。
グアテマラシティ(グアテマラ)まで123ドル。
メキシコシティまで257ドル。
マイアミ(米国)まで278ドル。
僕はロサンゼルスを出て、中南米旅行をして、またロサンゼルスへもどるところ。
ロサンゼルスへ戻るにしても、メキシコから米国へは陸路国境を越える。
だとすると、結局は、サンホセか、グアテマラシティか、メキシコシティへ飛ぶ。
あとは、陸路移動をすることになるだろう。
メキシコシティを出るとき、「トゥーラの遺跡」を見に戻ってくると決意した。
メキシコシティへは戻って、そのあと陸路でアメリカへ入国するのは決まっている。
グアテマラも、グアテマラシティからちょっと行ったところにある「アンティグア」に心残りがある。
「中南米一周して戻ってきました」と、報告をしたい(自慢したい)気持ちもあるよ。
正直な話をすると、旅は旅をしただけでは終わらない。
旅をしたことを、他の人に言いまくって(自慢しまくって)、それで満足が得られるものなのだからね。
例えば、中南米一周旅行をして日本に戻ってきても、誰も他人の旅行話を聞きたくない。
電車で隣に座った人に、「僕は中南米一周旅行をしてきたんですけどね…」と話しかけても、誰も関心を持ってくれない。
しつこく話しかけると、警察に逮捕されることもあるだろう。
だから、短期旅行者というものは、常に不満足なんだよ。
誰にも自分の旅を語れないし、語ったとしても、誰も理解してくれない。
長期旅行者になれば、同じような旅人と出会うわけで、いくらでも旅の話が出来る。
短期旅行という旅の形そのものが、間違っているわけだ。
人間は、長期旅行に出て、旅先で、旅行者同士で旅の話を語り合って、それで満足が行くものなんだよ。
サンアンドレス島から脱出する航空券を調べた後、町の両替所でお金を替えた。
20米ドルの現金を「1ドル=398ペソ」のレートで両替して、7960ペソを手にする。
後は、ホテルに戻り、水着に着替えて、ビーチで海に浸かった。
サンアンドレスの町の沖には、ポツンと「ジョニーキー(Johnny Cay)」という小島が浮かんでいる。
なかなか感じのいいところではないかな。
酒屋でチリワインの「120」(1650ペソ/500円)と、ハンバーガーのファストフードを1300ペソ(400円)買って、部屋で夕食にした。
カルタヘナからサンアンドレス島に来たことで、南米大陸を離れた。
次は中米へ戻ることになる。
中米のどこへ飛ぶかを考えなければならない。
しかしそんな事は、明日にして、今夜はゆっくりと寝ましょう。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx