『城壁に囲まれたカルタヘナの旧市街を歩き、「宗教裁判所跡」を見て、「サン・フェリペ要塞」へ行く』@カルタヘナ/コロンビア

【サンフェリペ要塞と新市街@カルタヘナ/コロンビア】
1989年9月6日、コロンビアの首都ボゴタから、カルタヘナへ飛んできた。
「Lonely Planet」で、あまり評判がよくなかった「HOTEL ROMA」に泊まった。
シャワー、トイレつきの203号室が、1800ペソ(540円)だったので文句はない。
ただ、203号室が通りに面していたせいか、昨夜は夜遅くまで騒がしかったけどね(涙)。
9月7日、まず、昨日見つけていた旅行代理店で、明日9月8日の、カルタヘナからサン・アンドレス島への飛行機の切符を買う。
昨日歩いた雰囲気で、カルタヘナは1日でだいたい見れる、と感じたからね。
買ったのは、アビアンカ航空「AV680」便、9月8日午前11時半発。
空港へは10時半に来ること、と言われる。
航空運賃は、ボゴタで調べた通り、カルタヘナからサンアンドレス島へ22210ペソ(約6600円)だ。
念のために、町から空港へのタクシーの値段を聞いたら、千ペソと言われる。
オフィスの黒人のガードマンが、「そりゃ高すぎるぜ!」と、スペイン語で言ってたのを聞き逃さなかった。
僕が空港から乗ったタクシーが、600ペソだったんだから(笑)。
ラテンアメリカでは、人の言うことはあまり信じられないんだ。
僕はベネズエラへ行った時、カラカス空港の観光案内所教えられた、ボッタクリのタクシーの値段で、大損したことがある(怒)。
カルタヘナの旅行代理店で、空港へのタクシー料金を千ペソと白人女性に言われた。
そのあと、観光案内所に行って、中国系の女の子と話をしたら、空港からのタクシー代は600ペソだと教えてくれた。
これならば、昨日の値段と一緒だし、ナットクできたけどね。
観光案内所の、この彼女はとても愛想がよくて、いろいろと教えてくれた。
カルタヘナの地図を100ペソ(30円)で買う。
そうして、地図を見ながら、旧市街を歩く。
カルタヘナの旧市街は、城壁(LAS MURALLAS)に取り囲まれている。
というのが、カルタヘナは、スペインが南米で集めた財宝を、スペイン本国へ送るために貯蔵していた場所だったんだよ。
だから、もちろん、海賊が何度も襲ってきた。
そして、海賊に対抗するために、城壁が築かれ、要塞が作られたわけだね。
カルタヘナ旧市街は、「カルタヘナの港、要塞と建造物群」として、1984年に世界遺産に登録された。
城壁に囲まれた旧市街は、歩いているだけで、過去の時代をそのまま体験できるよ。
地図をチェックして、まず僕が向かったのは、「宗教裁判所跡(PALACIO DE LA INQUISICION)」です。
入場料が200ペソ(60円)。
ここで興味深かったのは、拷問部屋があって、拷問器具が展示してあったこと。
僕はローテンブルクの犯罪博物館で、拷問器具を見たことがあるが、カルタヘナの方が展示の仕方に迫力があったね。
続いて、「サント・ドミンゴ教会(IGLESIA DE SANTO DOMINGO)」と「大聖堂(CATHEDRAL)」を見た。
さらに、ちょっと郊外にある「サン・フェリペ要塞(CASTILLO SAN FILIPE)」へ、バスに乗って(40ペソ)行った。
要塞の入場料が200ペソ(60円)で、確かガイド付きのツアーに参加した記憶がある。
ガイドさんから要塞の中の通路の説明を聞いたからね。
イギリス人は背が高く、スペイン人は背が低いので、スペイン人が戦いやすいように要塞の通路の天井を低く作った。
それを聞いて、「なるほどねー。確かに一般のスペイン人は背は高くないし」と感心したんだ。
もうずいぶん昔の話なので、ほとんど覚えてはいない。
サンフィリペ要塞の上から見たカルタヘナの町はきれいだったよ。
行きはバスに乗ったが、帰りは距離もわかっていたので、ゆっくりと歩いて旧市街へ戻る。
絵葉書を日本に書いて送って、少し両替した。
1ドルを396ペソで両替していた。
道を歩いていると、450ペソで両替するという人が声をかけてきたが、これはレートがよすぎるので避ける。
明日は、噂に聞いている「サンアンドレス島」へ向かいます。
ぐるりと一周してきた南米大陸とは、明日でお別れになります。


南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx