「地下鉄のエスカレーターは歩かない」のが基本@カラカス地下鉄のエスカレーター/ベネズエラ

【ベネズエラの首都カラカスの地下鉄でも、片側を空けたりしない】
「地下鉄のエスカレーターは歩かない」のが基本です。

エスカレーター:横浜地下鉄「歩かないで」 構造上想定外
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071126k0000e040016000c.html

このエスカレーターを歩く話は、実は朝日新聞社、朝日ジャーナルが広めたんだよ。
本多勝一が朝日ジャーナルや朝日新聞のコラムに「エスカレーターの片側を開けるのが世界常識」と書いたわけだ。

それに、堂々と反論したのが、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)だったわけでね。
この論争は、週刊文春にも取り上げられたくらい有名な話だ。

ここでも、僕の意見が正しかったことが証明されたってことね(笑)。

日本人は無駄にエスカレーターの片側を開けている。
そのために、エスカレーターに立ちたい人たちの長い列がある。

また、歩いて登りたくないのに、片側を無理矢理歩かされてしまう。
中には、立っていたら後ろから文句を言われたり、突き飛ばされたりする人もいるようだ。

だいたい動いているエスカレーターを歩くことくらい危険なものはない。
階段だって、足を滑らせて落ちる人がいるのに、エスカレーターは何しろ動いてるんだからね。

エスカレーターから落ちたら、下の人も巻き込んでしまう。
いずれは大きな事故がおきることでしょう。

エスカレーターでは、歩かずに、ゆったりとしたキモチで立っていればいいんだよ。
エスカレーターを歩くくらいに急ぐならば、最初から、ちょっと早めに出ればいいだけ。

エスカレーターを歩くような人間は、計画性がない、つまり無能だ。
警察官を使って、エスカレーターの片側を歩く人を逮捕すればいいでしょう。

まあ、逮捕まではしなくても、歩いた人から一歩一万円罰金を取ればいい。
これは、ビデオカメラを設置すれば簡単だね。

身体の移動を検知して、SUICAから自動的にお金を引くようにしてもいい。
将来は日本国民の身体にマイクロチップを埋め込んで、エスカレーターで動いた人からは、年金を減額する方法も考えられるだろう。

もちろん世界には、ロンドンの地下鉄のように「Stand on the right」と決まっていて、エスカレーターの左側を歩行者に空けるのが習慣になっているところもある。
また、モスクワの地下鉄でも片側を空けると、世界旅行者協会のロシア帰国子女が言ってた。

でも、日本のように、エスカレーターの幅が狭いところで、誰も急いでもいないのに、無理に片側を空けるのはおかしい。
これは、間違ったやり方なんだよ。

迷惑している人がたくさんいる。
なにしろ、1人しか歩けない幅のエスカレーターになると、みんなが無理に歩いているんだから(涙)。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、ロンドン以外では記憶がないよ。
だから、ベネズエラへ行ったときも、プラットホーム中央のエスカレーターを見て、片側を空けてない証拠として、写真を取ったわけだ。
【旅行哲学】狭い日本のエスカレーターの片側を空けるのは、ロンドン地下鉄を間違って真似した結果です。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20071126