『カナイマ一日ツアーに参加したのが僕1人で、ガイドさんもボートも僕の専用になりました』@カナイマ/ベネズエラ

【カナイマ湖をセスナから見る(1998)】
1998年12月16日、僕は「ホテルコロニアル(HOTEL COLONIAL)」4階の314号室で目を覚ます。
このホテルは、昔は「GRAN HOTEL BOLIVAR」という、この町の最高級ホテルだったようだね。
ツインをシングルユースにして、料金は11800B(2360円)。
部屋もなかなか広くて、もちろんバスもエアコンもテレビも付いている。
ただ、せっかくオリノコ川に面しているのだから、ベランダがあればよかったかな。
でもそうなると、二千円ではすまないだろうが。
昨日「カナイマ一日ツアー(FULL DAY CANAIMA TOUR)」に申し込んだ(150米ドル)。
午前7時25分に、一階へ降りる。

【ネッカールツアーズのサマンタ嬢(右側)】
ツアーデスクのサマンタ嬢が、ちょうど僕にウエイクアップコールをするところだった。
このホテルから一緒にカナイマへ行くのは、ドイツ人中年カップル、イギリス人のカップル、そして僕の5人。

マイクロバスで、空港へ行く。
朝から曇りだったが、空港に着くころ、小雨が降りだした。

空港のレストランで、5人でコーヒーを飲む。
コーヒー一杯が200ボリバール(40円)。

空港でまた客をまとめなおして、カナイマ行きの6人乗りセスナ(2人シートが3列)に振り分けられる。
一緒に来たイギリス人カップル、それからスペイン在住のベネズエラ人父娘、それから僕とパイロットの6人。

午前9時に離陸して、午前10時20分にカナイマ到着。
セスナの中では、ベネズエラ人父娘とスペイン語で結構盛り上がった。

【セスナ@カナイマ空港】
同じセスナで来た人と一緒に見て回ると思っていたら、カナイマでまた別々に分けられる。
他の旅行客はみんな、1泊以上のツアーに参加しているようだ。

僕だけが、日帰りの一日ツアーだ。
幸運だったのは、シウダボリバルまで来て、カナイマへの一日ツアーなんかに参加する貧乏人は僕だけだったこと(笑)。

つまり、一日ツアーが、僕の個人ツアーになってしまった。
という意味は、僕1人に対して1人のガイドと一艘のボートが用意されているってこと。

【このボートに乗って、湖に乗り出します】
アブランくんというガイドに連れられて、キャンプ場の建物へ進む。
そこで、水着に着替える。

水泳パンツの上に、Tシャツを着る。
ジーンズやガイドブックは、デイパックへ入れて、持っていく。

【カナイマラグーンの滝】
一日ツアーの150米ドルは支払済みで、領収書を見せる。
でも、さらに、空港使用料400B、公園入場料2千Bを支払う。

ボートは、カナイマ湖(CANAIMA LAGOON)へ乗り出す。
このときになって始めて、「あれっ、このボートは僕1人なの(笑)♪」と喜んだんだけどね。

【ボートは滝へどんどん近づく】
カナイマ湖には、4つの滝が流れ込んでいて、これを「HACHA FALLS」と呼ぶようです。
南から北へ、ウカイマ滝(SALTO UCAIMA)、ゴロンドリナ滝(SALTO GOLONDRINA)、ワダイマ滝(SALTO WADAIMA)、アチャ滝(SALTO HACHA)の4つ。

ボートに乗って、滝を後方にした自分の写真を、ガイドのアブランくんに撮ってもらった。
ボートがグイングイン進み、アナトリー島(ISLA ANATOLY)へ到着。

【ボートはサービスで滝の近くを通ります】
僕はツアーの内容は全く知らないので、「へー、こんなところを歩くの?」と思うだけ。
雨が降ったあとらしく、ぬるぬるねちゃねちゃの小径をアブランくんの後に付いて、慎重に歩きます。

森を歩いて、途切れると、そこには…。
なんと、思いがけない光景が待っていました。