『セスナに乗って、エンゼルフォールズを見て、そのままシウダボリバールへ』@カナイマ/ベネズエラ

【カナイマからシウダボリバールへのフライトで見つけ湖沼地帯】
1998年12月16日、シウダボリバールからの「カナイマ一日ツアー(FULL DAY CANAIMA TOUR)」に参加した(150米ドル)。
まず、カナイマからカナイマ湖をボートで渡り、サポ滝前のプールで泳いで、サポ滝の裏側を通る。
カナイマのステキな滝をいろいろ見て、昼食も済ませる。
その後で、セスナに乗って、エンゼルフォールズを見て、ギアナ高地の奇妙な風景を堪能する。
セスナは、そのままシウダボリバールへと飛び続ける。
カナイマからシウダボリバールへのフライトの途中の景色も、感動的だったよ。
海外個人旅行では、もちろん、できるだけ飛行機を使わないのがいい。
飛行機に乗ってしまうと、距離感が体感できないからね。
例えば、ニューヨークからロサンゼルスへ、飛行機で飛んでしまったら、アメリカ大陸の広大さが理解できない。
僕のように、アメリカ大陸を東海岸から西海岸へ、グレイハウンドバスで移動しなければね。
中米も陸路で下り、南米も陸路で一周。
アジア横断も、もちろん、日本から船で中国へ渡って、陸路で旅しなければならない。
しかし、短い距離を飛行機を使うことで、空中からの景色を楽しむことも、旅の一つだ。
例えば、日本人におなじみの世界遺産アンコール遺跡群の基地、シェムリアップへ行く時のトンレサップ湖の景色
いまちょっと思い出すだけでも、ケニアの東海岸ラムからモンバサへのフライト。
ペルーのアレキパからクスコへのアンデス山地を見おろしたのも感動的だった。
アマゾンの都市マナウスから奥地のタバティンガへの飛行機から見おろした、蛇のようなアマゾンの支流もすばらしかったよ。
そうして、このシウダボリバールからカナイマへの往復フライトも、なかなかの見ものだった。
ただ、シウダボリバールからカナイマへ来る時は、一緒になったベネズエラ人父娘と世間話をしていた。
だから、カナイマへくる時は、ほとんど景色を見ていなかった。
帰りのフライトは、カナイマを飛び立って、エンゼルフォールズを見たので、それだけで感動。
また、乗客はみんな疲れているので、セスナの中で特に話すこともない。
僕はパイロットの隣で、見晴らしのいい席だ。
地上を見たり、前方の空模様もよく観察できた。
カナイマから北へ飛ぶと、かなり大きな、水没したジャングルみたいなものが見えた。
地図でチェックすると、この付近は、大きな湖になっているようだね。

【セスナの前方には雲が低く垂れ込めていた】
そのあと、突然雲が低く垂れ込めていた。
この雲の下をセスナは一生懸命に、頼りなさげなエンジン音と共に、飛んでいく。
僕はなぜか、大東亜戦争のビルマ戦線で戦った、「加藤隼戦闘隊」のことを思い出した。
ビルマは雨季と乾季がハッキリしていて、雨季にはほとんど戦闘機は、戦闘行動できなかった。
頼りないセスナに乗っていると、小型飛行機の頼りなさが、身に染みてわかるね。
いい機会なので、僕は隼戦闘隊の隊員になった気持ちになって、敵戦闘機を捜してしまいました。
小型のセスナは、正直、とても天候に弱い。
このカナイマからの遊覧飛行でも、事故がおきている。

【セスナから見た、シウダボリバールとオリノコ川】
だから、雲が垂れ込めた地域を抜けて、空が晴れ上がって、前方にオリノコ川が見えたときは、ホッとしたね。
だって、シウダボリバールはオリノコ川の河畔に出来た都市だから。
この地域で、大きな川が見えたら、それはオリノコ川。
オリノコ川に沿って、町があれば、それは、シウダボリバールってわけだ。

【カナイマからシウダボリバールまでのったセスナ】
飛行機は、無事にシウダボリバールの空港に着陸。
同じ飛行機で来た父娘は、タクシーに乗ってすぐに消えた。
僕の感覚だと、「カナイマ一日ツアー(FULL DAY CANAIMA TOUR)」に参加しているのだから、空港からホテルへのマイクロバスもあるはず。
でも、迎えの車はない。
同じく待っていた、オランダ人女性と話をすると、彼女も「ホテルコロニアル(HOTEL COLONIAL)」に泊まっているのだとか。
来ない車を待っていても時間の無駄なので、一緒にタクシーをシェアしました。
タクシーは2千B(ベネズエラボリバール)。
千ボリバールが2百円の計算なので、4百円。
その4百円を、オランダ女性と僕で、ワリカンにして、ホテルへ。
タクシーの中でも話が盛り上がったので、僕が元気がよかったら、夕食を誘うところ。
ただ僕は、日帰りのカナイマツアーで疲れた。
ジャーネーと、あっさり別れる。
僕の望みは、大変だった一日のあと、ホテルの部屋で休むことくらいかな。
1人で、ゆっくりと今日一日を反芻したい。
ホテルでちょっと休んで、オリノコ川沿いの道を歩き、ホットドッグ(PERROS CALIENTES)と揚げパンを買う。
缶ビール(270B/50円)を4個買って、部屋で夕食にしました。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20100901