『インカのセーター、TUMIのペンダントヘッドをお土産に買って、オランダ人、イギリス人と知り合う』@クスコ/ペルー
1989年6月22日、午前7時半に起きて、ホットシャワーを浴びる。
メルカード(市場)に行って、ペルー旅行の想い出に買うセーターや帽子をチェックした。

僕はもともと、旅のお土産は買わない主義だ(世界旅行主義)。
ただ、お土産とは別に、自分の身の回りのものを海外で買って、それを日本でも使うというのは、格好いい。

海外旅行土産で、ロゴ入りのTシャツが人気だった時代がある。
みんなが「UCLA」とか「HARVARD」とかの有名大学のロゴ入りTシャツを着ていた。

ただ、誰が見てもそんな一流大学に入れるような顔をしていないとしたら、ちょっと恥ずかしいかも。
旅行者にしかわからない、粋なお土産というものもあるわけだ。

わかる人しかわからないロゴのあるTシャツとかね。
例えばナイロビで「MOZAMBIQUE」というTシャツを着ている人がいたら、モザンビークへ行ったのだろうと考えてもいい。

このTシャツを他で作る意味も、わざわざ着る意味も、ないのだから。
海外旅行の旅先には、その場所独特の服装というものがある。

ビルマの民族服を着て東京を歩いていたら、あまりに露骨だ。
旅先特有の「わかる人にしかわからない」「普通に着ていても不思議ではない」服装ならば、格好いい訳だね。

例えば、その土地特有の模様のセーター。
これだと、ロゴがなくても、わかる人はわかる。

そういったものを何気なく身に付けるのが、粋なことなんだよ。
ネパールはカトマンズのバックパッカーの集まる、有名なタメル地区。

ここには、その場所独特の色合いのセーターがあった。
セーターを見れば、カトマンズへ行ったことがわかった。

1984年にはそういう特徴的なセーターがあったという意味で、いまはどうかわからないが。
1989年の6月の時期は、南米では、インカ模様のセーターが人気だった。

実際、僕はこれからボリビアのラパスへ行く。
ラパスは高度4千メートルにある都市だ。

さらにチリ、アルゼンチンと南へ下っていく。
北半球では南へ下れば、赤道に近づいて暑くなるが、南半球で南へ下れば、南極に近づくので寒くなる。

現実的にも防寒着としてのセーターは必要なんだ。
市場には、セーターが売ってあったので、暇な時には値段をチェックしていた。
これを「アルパカの毛で作ったセーター」と言っていたが、本当かどうかわからない。
クスコで売ってあっても、毛糸は中国製かもしれない。
どうせ10ドルするかしないかという値段なので、僕は気にならない。
できるだけ、インカっぽい模様のあるものを選ぶ。
これから、アルゼンチンやブラジルへ行った時、クスコへ行ってきたとわかった方がいい。
旅行者が出会ったときに、話のきっかけに出来るからね
クスコに集まっている日本人旅行者の暗黙の了解として、「インティライミ」というお祭が終われば、クスコを出る。
インティライミが6月24日なので、そろそろ買い物は終えておくべきだ。

数日前から気になって値切っていたセーターを一着、思い切って購入した。
これが2万5千インティ(千円)。

アルマス広場で学校の生徒が踊りながら行進をする「エルバイレ(el baile)」があった。
行進を見ていると、薬剤師くんと会ったので、喫茶店へ。

チーズケーキとコーヒーを取って、これからの旅行計画を話する。
別に一緒に旅をするつもりもないが、これからの進む方向は一緒だからね。
隣にいた、イギリス人とオランダ人のバックパッカーが話しかけてきた。
フリアカ、プーノ、ボリビア、ラパス、チチカカ湖という固有名詞が出てくるのだから、日本語で話をしていても、理解できたようだ。

オランダ人と英国人の旅行者は、普通列車でプーノへ行くとのこと。
この時代、クスコからプーノへの列車は、途中のフリアカで乗換えがあった。

このフリアカが、泥棒駅として悪名高かったんだよ。
結果的に、僕はこの2人と一緒に列車に乗って、プーノまで助け合うことになる。

それは、あとで詳しく書くので、お楽しみにね。
セーターを買ったので、次のお土産として、銀細工のペンダントヘッドを見に行った。

ちなみに、ボリビアのポトシには大銀山がある。
クスコからボリビアのラパスにかけては、銀細工のお土産が多いんだ。

もともと銀の値段は安いが、お土産品はほとんどが錫(スズ)の混ぜ物なので、ただの記念品として考えたらいい。
僕が買ったTUMIのペンダントヘッドも、安かった。

5千インティ(2百円)が1個、7千インティ(280円)が3個だったからね。
ワイン(TAKAMA ROSE/11500インティ/5百円)とビスケット(1800インティ/70円)を買う。

アルマス広場で、6月20日に会っていた、ゲーブルくん一行(日本人旅行者3人)とばったり。
彼らは、バックパックを背負って、宿を探してうろついていた。
インティライミの祭が近づくと、クスコのホテルは観光客で満杯になる。
部屋代も値上げするようだ。
彼らは20日21日と、クスコには泊まっていなかった。
ということは、20日にオリャンタイタンボへ行って、そのあとマチュピチュを見て、アグアスカリエンテスに泊まってたんじゃないかな。
それは20年以上たったいま、頭に浮かんだこと。
僕は他人についていろいろ考えたりしないので、彼らが2日間どこにいたのか、聞きもしなかった。
スペイン語新聞「EL COMERCIO」を買って、中国で銃殺があったのを知る。
僕がペルーを旅していたのは、「天安門事件」の時期だったんだ。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx