ブエノスアイレスから、ラプラタ河を水中翼船で渡ると、そこにはチップ攻撃が@モンテビデオ/ウルグアイ

1989年7月30日。

カラシ泥棒に教えられた、ブエノスアイレスの「アリスカフォス」のターミナルで、ウルグアイの首都モンテビディオ行きの切符を購入する。
料金は14640アウストラル(約23ドル)で、出発は午後1時。

ウルグアイ入国には日本人はビザの必要がない。
そのせいか、乗船前のアルゼンチンの出国のカウンターの次にウルグアイの入国審査のカウンターがあり、一気に入国のスタンプまでもらってしまった。

実は、これが「アルゼンチン戻るときに、入国スタンプをもらい損ねた」遠因になったので、良く記憶しておくように。
この話はとても面白く美味しいので書き惜しみしているのだが、読者の要望が多ければ次に書いてもいいよ。

ところでこの「アリスカフォス」とは何かというと、ただの水中翼船だった。
一等と二等の船室があって僕は当然二等。

ハンガリーのブダペストからオーストリアのウイーンまでドナウ河をやはり水中翼船で旅したことがあった。
そこで解った事は「水中翼船は観光には不向き」。

ここの二等は当然下のデッキだ。
つまり、ほとんど外は見えない。

プラスチックの窓があるが、僕の経験からいっても、走り出せば水しぶきでこの窓はほとんど役に立たない。
だから、無理に窓際の席を取っても意味がない。

中央通路寄りの席でゆったりと本でも読もうという体勢を取った。
いかにも旅慣れているでしょ?

でも、まだまだ僕は世間知らずだった。
ヨーロッパでは、考えてみればヨーロッパのほとんど高低差のない平原のドナウ川の静かな流れを上っていただけなのだ。

途中のブラチスラバのような要所要所では船を止めて観光案内までしたから、結構ゆったりとした観光用の船旅だった。
しかし、ラプラタ河を渡る今は、世界有数の大河を高速で横切ろうというのだ。

ドナウ河でも結構揺れたのに、血の気の多いラテンアメリカ人が運転する高速ボートがどんな揺れ方をするか、気付くべきだった。
出発してすぐにこの「アリスカフォス」は川の流れにぶつかって、大きく上下運動を始めた。

シートベルトがないのがおかしいほどの揺れ方だ。
気付いた時には、本を読むなどはもちろん、手がしびれて吐き気がしてくる。

スチュアーデスの姉ちゃんに「ボルサパラボミタール(吐くための袋)。シルブプレ(お願い)」と頼む。
スペイン語とフランス語をごっちゃにしたが、わかってくれた。

しかし僕は、男の子だもん。
頑張って、吐かなかったんだよ。ぐっすん。

しかし、この頭の芯までしびれるほどの不快感はたったの1時間で終わった。
午後2時、この地獄の乗り物は無事に(?)ウルグアイ側の港「コロニア」へと到着。
コロニアは、ただブエノスアイレスへの船が着くというだけの小さな町だ。
船から下りると、小さな平屋の建物の中にベルトコンベアがある。
どうやら、船に積み込んだ荷物がここから出てくるらしい。
待っていると荷物がどんどん出て来たが、自分で取る訳にはいかない、ようだ。
みんな100アウストラル札や100ウルグアイペソ札を出して、係員に取って貰っている。
100アウストラルといえば、(1ドル=635アウストラルだから)約20円だ。
ウルグアイペソもアウストラルもこの時期はほとんど差がなかったので、同じような感覚で使っているようだ。
僕もここでごたごたするのはいやだから、皆にならって100アウストラル出して懐かしい緑色のバックパックを取って貰った。

それを表に待っている大型バスに自分で持って行って積み込む。
おやおや、ここでバスに積み込むのにも皆、また100アウストラル出している。

とんでもない話だと思ったが、郷に入っては郷に従うのが「世界旅行者」だ。
また100アウストラル出して荷物を預け、豪華なバスに乗り込む。

バスも非常に立派で、道も完全舗装の素晴らしいものだ。
ウルグアイもアルゼンチンと同様に、第一次世界大戦前後はヨーロッパへの食肉の輸出で富を蓄えた。
その頃は世界最先端の社会福祉制度を確立した国だという。
今でも国の主要産業は牧畜だ。

もちろんそれだけでずっと繁栄を続けていける訳がない。
そのときの大統領「BATLLE」の理想主義的な精神を受け継ぐものが現れず、国はそのまま世界の流れから取り残されてしまったという。

南米を旅行する日本人も、名所見物だけではだめだよ。
ここはかって一度はヨーロッパの精神を新しく実験する「新世界」であったという事を、ちょっとは考えてほしいものだ。

まあ、南米を訪れる日本人が、金儲けしか頭にない商社マンか、安く白人の女とおつきあいしようという、日本ではモテない男ばっかり。
それが悲しい現実なので、いくらこんなことを言っても仕方ない訳だが。

そんな事を考えながら、僕はひた走るバスの窓から、ぼんやりとどこまでも広がる平原を眺めていた。
2時間半のバスが僕をモンテビデオの中心部へと連れて来た。

ターミナルでバスの腹に入れていた荷物を取り出そうとする。
またまた、みんな100アウストラルか100ウルグアイペソを出して目の前の自分の荷物を取り出して貰っている。

僕ももうこのときまでに世界を70か国以上旅行していたが、こんなチップだらけの国は聞いた事がない。
僕の前のおじさんはその点は頭がよかった。

じっと我慢強く、荷物がなくなるのを待っていたのだ。
他の人の荷物がなくなれば、いつかはチップなしで荷物を渡してくれるはずだ。

僕もそう思って、おじさんの後ろに立っていた。
しかし、こういうチップで暮らしている連中はそんななま易しいものではなかった。

チップを払う人がいないと見るやいなや、トランクに荷物があり、目の前に荷物を取ろうという人がいるのにバスのトランクの蓋をがちゃんと閉めてしまったのだ。
これには驚いた。

さすがの僕の前のおじさんも、結局チップを払って荷物を取り出すことになった。
僕はもちろん興味半分で見ていたのだから、慌てて100アウストラルを払った。

ホテルはバスターミナルのすぐそば、町の中心の「HOTEL ARAMAYA」にする。
パリにでもありそうな、古びてはいるががっしりした造りの粋なホテルだ。

シャワーなしのシングルルームで4800ウルグアイペソ。
町のレートは1ドル=618〜621ペソなのに、ホテルでは622ペソなのでここで20ドル替えた。

夕やみ迫るモンテビデオの町に出て、ゆっくりと歩き出す。
通りに立ち並ぶヨーロッパ風の建物は昔の栄華をとどめている。

それだけに悲しく、またそれこそが真実だという気がしてくる。
旅をするという事は、本当は廃墟を見るという事だ。

廃墟にははっきりとした結論がある。
様々な愛が確かにこの町で生まれ、そして確かに失われたのだと教えてくれる。

町の端の岸壁まで歩いた。
じっと、暮れていく夕焼けを眺めていた。

人に解るのは、ただすべてが過ぎ去り、すべてが滅びていくという事だけだ。
旅人に出来るのは、それをそれとして受け入れていくことだけなのだ。

【旅行哲学】人は廃墟を見ることで、人生の真実を知る。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン


xxx