日本大使館に相談に行って、日本文化センターで新聞を読み、バスの切符を買うとまたまたトラブルが@ブエノスアイレス/アルゼンチン
チリのプエルトモンを出たのが、1989年7月27日。
ペウージャの民宿で一泊して、チリに入ったのが、28日。
その夜は、バリローチェの観光案内所で紹介してもらった、宿に泊まる。
ところがこの宿の、スイス人のおばあさんが、東洋人差別する人で、2泊目を断られて、とっとと追い出された
旅行代理店に相談して、安いプロペラ機で、バリローチェからブエノスアイレスに飛ぶ。
ブエノスアイレスがまた差別のひどいところで、ホテルに次々と断られて、町の中心部を2時間もさまよった
やっと「Lonely Planet」に紹介してあった「HOTEL CENTRAL CORDOBA」に部屋を見つけた。
そのあと、バーに行って、スペイン語で愚痴を言って、バーテンダーに慰めてもらったのが、29日。
1989年7月30日になったら、ラプラタ川を越えて、ウルグアイのモンテビデオへ行った
2泊しただけで、8月1日には、ブエノスアイレスへ戻る。
ところがこのとき、僕はアルゼンチンの入国審査を受けてなくて、入国スタンプがなかった。
今では、入国するときに、入国スタンプがなくても問題ないという事例をあちこちで経験している。
入国スタンプがないくらいで、ビビルことはない。
ただここは、普通の国ではなくて、あのアルゼンチンだよ。
東洋人差別がひどくて、お高く留まっているというので、南米でも人気のない国だ。
特にこの時期は、アルゼンチンの経済が崩壊して、一気にドルの価値が3倍になったほど。
もともと性格の悪い国民性が、経済の悪化で、東洋人差別に走ることは、十分に考えられる。
こういうときには、日本大使館へ相談に行くに限る。
8月2日に、日本大使館へ行く。
日本語のガイドブックに住所が書いてあったので、その住所の場所へ行ってみるが、日本大使館はない。
僕が何かを探しているのを見て、「日本大使館はこちらにあるよ」と、教えてくれた人がいた。
日本大使館の階段をとんとんと上がり、窓口に事情を説明して、対処法を教えてもらった。
それは、特殊テクニックなので、ここには書かないことにします。
アルゼンチンに入国スタンプ無しに入国するのは、それほど珍しいことでもないようなので、精神的には一安心。
どう転んでも、大問題になるようなことはないらしいしね。
さて、そうすると、日本大使館の近くにある「日本文化センター」へ行ってみる。
現地の人に向けて、日本文化の紹介をする機関だ。
僕もいままで、ケニアのナイロビではよく行ったものだった。
特に、最新の日本の新聞が読めるのがいい。
丁度このとき、日本の参議院選挙があって、社会党が大勝利したときだった。
社会党の「土井たか子」が、タイムだったか、ニューズウィークだかの表紙になっていた記憶がある。
「山が動いた」という言葉が流行った時期だ。
雑誌で「中森明菜自殺未遂事件」を読む。
また、参議院選挙では、アントニオ猪木が48番目で当選したという。
日本では、新聞はそれほど詳しく読まないが、海外に出ていると、隅から隅まで、小さな広告まで読んじゃうね。
しかし文化センターの閉館時間が来て、追い出されてしまう。
なんでも、午前は午後1時で閉まり、また午後2時半から午後6時まで開くそうだ。
昼の休みが長いのは、アルゼンチンの風習に合わせているのだろう。
日本文化センターを出て、近くのカンビオ(CAMBIO/両替所)で、1ドルを650オーストラルで両替する。
それから、バスの切符を買いにバスターミナルへ行った。
明日のバスで、ブエノスアイレスから、イグアスの滝のある、ブラジルとの国境の町、プエルトイグアスへ行く。
8月3日午後3時ブエノスアイレス発、プエルトイグアス到着が翌日8月4日の午前11時半の予定(乗車時間は20時間半)。
料金は18090オーストラル、約30ドル。
座席番号が14番だ。
切符を買うのも全部スペイン語でやったのだが、切符売りの女の子が、発音がおかしいと笑う。
アルゼンチンは、すべて印象の悪い国だ。
と歩き出したら、左下の奥歯のクラウンが外れてしまった。
アルゼンチンでは、いろんなことが起きたね。
そのすべてが、悪いことだ。
最悪だね…(涙)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx