ブエノスアイレス(アルゼンチン)からプエルトイグアス、国境を越えて、ブラジルのフォスドイグアスへ。

ken@winebar/roppongi(2008/11/20)
これは僕が中南米一周をしていた1989年のこと。
南米ウルグアイの首都モンテビデオの旅行代理店で、「ブケバス」という切符を買う。
これはバスと船とバスを組み合わせて、バスでコロニアへ行き、そこから船でアルゼンチンのブエノスアイレスへ向かう切符だ。
その前、アルゼンチンからウルグアイへ来る時は、「アリスカフォス」という名前の水中翼船を使った。
水中翼船では外の景色がほとんど見えないので、わざわざ南米の大河ラプラタ川を横切る意味がなかったね。
正直、水中翼船が揺れすぎて、ホントに吐きそうになっただけだ。
ラプラタ川の景色なんか、まったく見ることが出来なかったよ。
だからアルゼンチンへ戻る時くらいは、大きな船で少しゆっくりとゆったりと、ラプラタ川を眺めながらはるか地球の反対側までやってきた旅を振り返りたかった。
モンテビデオからまずバスに乗って、2時間半かけてコロニアの船着場へ。
ここでウルグアイの出国手続きを済ませ、次に大型のフェリーに乗り換えて、2時間かかってブエノスアイレスの港へ到着する。
ブエノスアイレスの港を出たところには、町の中心まで乗客を連れて運ぶ大型バスが待っていた。
とってもスムーズ。
港からはバスに乗り込めばいいだけだ。
ただ、なにか忘れ物をしているような気がする。
国境を越えて新しい国に入る時の、ちょっと緊張するが楽しみな手続き…。
世界中を旅行して来た世界旅行者がいつも楽しみにしている、パスポートが華やかになる、謎のスタンプ…。
おいおいそういえば、国境を越える時に必要な入国審査を受けてないよ。
つまり、アルゼンチンの入国スタンプがない。
あわてて港にいた役人風の人に聞くと、軽く「イミグラシオン(入国管理事務所)に行け」とのこと。
場所を聞いて、走っていく。
入国スタンプがないと大変な問題になるだろうと気が焦る。
僕を乗せるために出発を遅らせているバスに合図をして、先に行ってもらう。
入国スタンプがないってことは、大変な罪になるのではないか。
日本人ならみんな同じような感じになるだろう。
走りまくって入国管理事務所を見つけて、息を切らせながら係員にスタンプが欲しいと言う。
と、「船の中で入国審査があったはずだ。ここでは押せない」だってさ。
そういえば、船に乗っているとき僕は、ラプラタ川の流れを眺めながら、一人トップデッキで横になって南米の大空を目に写したりしていたんだよ。
またここへ来て、船に乗るなんてことは、絶対にないだろうからね。
思い返せば、デッキでひなたぼっこしてた時、何か放送があったような気もする。
あれが入国審査のお知らせだったのかもしれない。
アルゼンチンからウルグアイへ行った時は、水中翼船に乗る前に、アルゼンチン側でアルゼンチンの出国審査とウルグアイの入国審査が同時に行われた。
ちょっと珍しかったのではっきりと記憶に残っていたしね。
それで、帰りも当然アルゼンチン側で入国審査があるものと思い込んでた。
しかし、アルゼンチンも変なところで、僕がスタンプなしに入国したと告白しているのに、誰も全く気にしていないみたいなんだよ。
誰もまじめに取り合ってくれない。
相談する人みんなが、「入国スタンプがないのか、ふーん、それがどうしたの」という雰囲気だ。
僕は、翌日、とにかくこういうときに日本人が頼る場所、頼れるはずの場所、日本大使館へ相談に行くことにした。
でもまたこの日本大使館の場所がわからなかったんだ。
持っていた日本のガイドブックには、さすがに日本大使館の場所が書いてある。
しかし、今までの旅行経験で、このガイドブックは信用できない。
信用はできないが、とにかくその場所へ行ってみる。
すると予想したとおり日本大使館はガイドブックの住所には存在しなかったよ。
呆然として日本語のガイドブックを手にして立っていると、ビルのガードマンが声をかけてきた。
「日本大使館を捜しているんだろ?」だってさ。
そして、日本大使館の本当の場所を教えてくれた。
ガイドブックが間違っていても、そこに多くの日本人が来て日本大使館の場所を聞く。
この親切なガードマンも、日本大使館の場所を教えるのに慣れっこになっているみたいなんだ。
それを生きがいにしているのかもしれないね。
在ブエノスアイレス日本大使館に入っていって、窓口の日本女性に相談する。
「実は、入国スタンプなしにアルゼンチンへ入ってしまったんですが…」ってね。
この女性はなかなか頭の切れそうな、とても知的な感じがしたね。
もっと時間があったら、僕は結婚してあげてもよかったと思うよ。
僕もそういう時は、だらだら話をせず、要点を突いた質問をするので、2人の会話はさっさと進んだ。
「ブラジル出国のときに、国境の係員に相談すればいい」と聞く。
ブエノスアイレスから20時間ほどバスに乗って、アルゼンチン側のプエルトイグアスの町に到着。
ここからブラジル側のフォスドイグアスへと国境を越えるバスに乗る。
名前を聞けばわかるように、ここがアルゼンチンとブラジルの国境のイグアスの滝があるところなんだ。
アルゼンチンを出国する時に、僕1人がバスを降りる。
乗ってきたバスは僕を置いて出発する。
僕はわざわざイミグレーションの係員に声をかけて、入国スタンプがないことを説明する。
ところで、僕のパスポートはすでにエジプトのカイロで増補(パスポートのページを増やすこと)してある。
さらに、パリで合冊(パスポートを2冊合わせて1冊にすること)し、エクアドルのキトでさらに増補してある。
もちろんパスポートの中には、それだけのビザや出入国のスタンプがビッシリと並んでいる。
アルゼンチンの出入国管理官は、僕から指摘されて、アルゼンチンへの入国スタンプがないことを確認しようとした。
でもページが多すぎて、あっちを開けたりこっちを開けたり、別のスタンプを「これがアルゼンチンの入国スタンプじゃないか」などと言う。
まあ確かに、一度チリからアルゼンチンへ入ってるのだから、国境の町バリローチェでの入国スタンプはあるんだけどね。
僕は、「それは最初にアルゼンチンに入った時のスタンプで、今回はウルグアイから入ったので、それじゃないんですよ」と説明する。
結局彼らは、入国スタンプがないことを確認できないんだ。
結局、手数料を10ドル支払って、出国することができた。
彼らは、アルゼンチンの出国スタンプを押すだけではなくて、なんと2日前の日付で、イグアスの滝の国境の入国スタンプまで押してくれた!
もうアルゼンチンを出国してしまうのだから、わざわざ入国スタンプなんか押す必要はないんだし、僕も全く期待していなかった。
でも、真面目な人たちだったのか、入国スタンプまで押してくれた。
すると、これで書類上は、僕はプエルトイグアスでアルゼンチンに入国したことになったわけだ。
ということはだよ、僕のパスポートにはウルグアイのコロニアで出国したスタンプがあり、それに対応して、アルゼンチンのプエルトイグアスの入国スタンプが存在する。
これをそのまま素直に読めば、僕はラプラタ川を泳いでさかのぼってイグアスの滝で入国したことになる。
だって、コロニアとプエルトイグアスを結ぶのはラプラタ川しかないんだから。
これって、パスポートにはっきりと証拠として残っているのだから、誰も文句をつけられない大冒険談になったはずだよ。
こんな冒険は誰もやったことないのだから、本の一冊は出せたんじゃないかな…。
それで、この正直な、「国境で出国時に入国スタンプをもらった話」は、大して面白くないよね。
しばらくしたら、僕はラプラタ川を泳いだ大冒険談をし始めるかもしれないよ(笑)。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx