ブエノスアイレスで、ホテルを断られ続けて、2時間さまよいました。@ブエノスアイレス/アルゼンチン
チリのプエルトモンからアンデスの山越えで国境を越えた
その日は、アルゼンチンのスキーリゾート、バリローチェに宿を取る。
翌朝は、ホテルを追い出されてしまう。
これは、オーナーのスイス人のおばあさんが、東洋人差別したわけだが、アルゼンチンの東洋人差別はこれではすまなかった。
この話は、あまりにひどくて、思い出したくなかったのだが、とうとう書くときが来たようだ。
読者の皆さんも、一緒に泣いてください。
同じ東洋人ならば、怒ってください。
これが、東洋人差別なのか、ただの服装による貧乏人差別なのか、それは30年以上たった今でもわかりません。
僕は、バリローチェを午後3時55分のプロペラ機に乗った。
途中の町に降りたりして、ブエノスアイレス到着は、午後8時15分。
南米でも夜は暗い。
しかもまったく土地勘がない。
知らない町に、夜に、特に空港に着くのは一番避けなければならない。
海外個人旅行の基本中の基本だ。
しかし今朝、ホテルを追い出されたので、バリローチェから脱出したかった。
一番安いフライトが、これだったのだから、やはり、頭に血が上った状態で、衝動的に行動してはいけないね。
同じ飛行機に、若くてまじめそうなアルゼンチン人の若者がいたので、スペイン語で話しかけ、英語で話す。
飛行機が着いたのはもちろん、ブエノスアイレスだ。
しかし、空港は国内線の空港のはず。
でもガイドブックにある国際線の空港とは違うのではないかという予感がしたんだね。
アルゼンチンの若者は、育ちがいいようで、僕と一緒に33番のコレクティーボに乗った。
気軽に話をしてくれる。
そこで、ブエノスアイレスのホテルのことを聞く。
全くどこに泊まるか、当てがないからね。
コレクティーボとはいっても、マイクロバスではなくて、大型バスだった。
乗客は少なく、町の明かりは乏しく、そこを荒い運転でぐいんぐいんと飛ばしたねー(涙)。
夜中のブエノスアイレスを疾走するバス。
経済は完全に崩壊して、一気にドルのレートが3倍になった国。
当然、身の危険を感じる。
その中へいまから突入するわけだ。
目が引きつるし、アドレナリンが血中にどんどん放出される。
バスはレティロ(RETIRO)駅止まり。
僕が声をかけた若者は、22歳だった。
育ちがよいから人種差別意識が表面化していないのか、とても親切だ。
わざわざ僕と一緒にホテルに行ってくれた。
しかし、「満員!」と断られる。
僕の印象では、人種差別だね。
若者はまだ僕のホテル捜しに付き合うつもりだったようだが、僕のほうから遠慮する。
まだまだ「満員!」と断られることが簡単に予想できたしね。
純情なアルゼンチン人の若者に、アルゼンチンがどんなにひどいところなのか、知って欲しくなかった。
繁華街へ行けばいいだろうと、ホテルのありそうな場所を聞いて、地下鉄に乗る。
この時代、ブエノスアイレスの地下鉄は、日本の中古を使っているという話があった。
地下鉄に乗ってみると、本当に、確か、銀座線の車両だったんじゃないかな。
アルゼンチンでは、運転が乱暴なので、車両にガタが来てました。
それに乗って、CONSTITUCION(CONSTITUTION)という繁華街へ。
目に付いたホテルをあたっていくが、次々に断られる。
一つだけ部屋があるといったホテルがあったが、そこは女の子を世話するところだったね。
「部屋がある」という意味は、「女の子と一緒なら、部屋はあるよ」ということなので、お断りする。
新宿歌舞伎町のようなCONSTITUCIONで、全くホテルが見つからない。
部屋はあるんだけれど、東洋人の僕には部屋は貸さないという意味だ。
コンスティトゥシオンでは見つからないと判断して、もっと静かなサンマルティンへ移動。
野宿するわけにも行かないので、「ホテルクリヨン(HOTEL CRILLON)」へ行って話をしてみる。
このホテルは4つ星程度のまともなホテルだ。
お金自体はあるので、本当にホテルが見つからなければ、最終的にこのホテルに泊まってもいい。
ただ、明日の宿のこともあるので、ここで妥協して高いホテルに泊まるわけには行かない。
明日になれば、どうせ安宿を見つけなければならないんだから。
しかし、ここで頼りになるのが、「Lonely Planet」なんだよね。
「Lonely Planet」にはバックパッカー用の適当な値段の宿が書いてあった。
それが「HOTEL CENTRAL CORDOBA」だ。
ホテルクリヨンでもらった観光客用の地図で、やっと自分がどこにいるのか、理解できた。
となれば、ホテルセントラルコルドバを見つけることは難しくない。
これで断られたら最悪なので、着ていたアーミージャケットを脱いで、ペルーで買ったセーターに着替えて、すこしでもいい印象を与えようと思う。
ホテルセントラルコルドバへ行けば、さすがロンリープラネットに紹介してある宿だった。
東洋人の客にも慣れていて、愛想もよく、すぐに部屋をくれた。
あんまりうれしかったので、ホテルの値段を記録してない。
バックパックを部屋において、すぐに外へ飛び出し、バーに行ってビールを飲んだ。
アルゼンチンの人種差別について、愚痴をこぼしたよ。
僕のつたないスペイン語の愚痴を聞いて、話し相手になってくれたバーのおじさんには、チップを弾みました。
とはいっても、いま旅行ノートを見たら、チップは、たったの50オーストラルになっている。
ビールが、600オーストラル、490オーストラルで、1ドルが630オーストラルだから、いくらなんでも少なすぎたね。
これは1989年のことだから、あのバーのおじさんも、あの世に行ってることでしょう。
また、あの世で会ったら、よろしくね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx