左下奥歯のクラウンが外れて、世界旅行者は、ブラジルのサンパウロの日系人歯科医師の所へ行くと決意する@ブエノスアイレス/アルゼンチン
チリから、アンデス山脈の山と湖を越えて、スキーリゾートのバリローチェへ入った。
チリはすべてがスッキリしていて、信頼が置けた。
もともとチリは、イギリス系の移民が多いようだ。
アルゼンチンは、僕のカンではイタリア系が多い。
それは、僕の印象だから、本当かどうかわからない(自分で確認してね)。
チリは、イギリスやドイツのように、キッチリしていた。
アルゼンチンは、とにかくいい加減だ。
しかも、この時代(1989年)は、経済破綻しているのに、外見を取り繕っている。
人種差別が激しくて、経済が崩壊しても、アルゼンチンが一番だと思っているようだ。
アルゼンチンでは人を外見で差別するという話を聞いていた。
僕が一緒だった、日本人旅行者のゲーブルくん(身長が180センチ以上あって、顔もクラークゲーブルに似た、色男)と、南米のあちこちを旅していた。
ゲーブルくんの情報では、確かに、「アルゼンチンは服装で差別をする」と言ってたね。
そのため、ゲーブルくんは、アルゼンチンに入国する前に、「スーツを買う」らしかった。
バックパッカーがスーツを買うなんて、おかしい。
しかし、南米旅行をする旅人の中には、「南米で白人美女と楽しい時を過ごす」というのが目的の人たちもいるわけだ。
僕は全くそんな気持ちがないが、これからブラジルへ行くと、夜の遊びを目的に旅に出た人たちと大勢出会うよ。
アルゼンチンでは、バリローチェで人種差別されて、宿泊を断られ、ホテルを追い出された。
ブエノスアイレスでは、ホテルで断られ続け、2時間もさまよった
ウルグアイからの船の中では、アルゼンチンの入国審査を受けられず、パスポートに入国スタンプがもらえなかった。
日本大使館に相談に行ったら、「アルゼンチンではよくあること」との説明をもらう
こんなひどいところはとっとと逃げ出そうと、プエルトイグアスへのバスの切符を買いにいく。
すると、バスターミナルの女の子からスペイン語の発音がおかしいと笑われた。
まあ、外国人のスペイン語の発音が変なのは当たり前で、それを「お上手ですねー」とほめるのが、世界の常識。
アルゼンチンでは、その常識も通用しないようだね(涙)。
明日脱出できてよかったと思いながら、レストランで、ステーキを食べていた。
アルゼンチンはステーキは安いからね♪
ところが肉が硬かったのか、僕の左下奥歯のクラウンが外れてしまった(涙)。
これは最悪。
奥歯にクラウンを入れてもらわなければならない。
しかし、アルゼンチンのような信用できないところではダメ。
万が一、歯を入れてもらえても、どんなひどいことをされるかわからない。
またもちろん、東洋人差別のあるアルゼンチンなら、歯を入れただけで、ものすごい金をぼったくられるのは予想できる。
いまのところ、命には関係ないけどね。
そこで僕が考えるのは、ブラジルのサンパウロの日本人街へ行くこと。
サンパウロの日本人街には日本人が集まっているらしい。
とすれば、もちろん、日本人の歯科医師がいるはず。
日本人の歯科医師ならば、信用できる。
というか、アルゼンチン人の歯科医師に頼むよりも、ゼッタイに安心だ。
歯の治療は、ブラジルのサンパウロでやることにしよう。
と、決心する。
別に歯が痛いわけじゃなくて、歯のクラウンが取れて気持ち悪いだけなのだから、いまのところは、我慢するしかどうしようもない。
ワインをたくさん飲んで、ベッドに入りました。
いやほんと、アルゼンチンには、悪い想い出しかない。
日本へ帰ってきてしばらくして、世界旅行者協会の女の子と、日本橋丸善へ買い物に行ったことがある。
その時に、なんとなくアルゼンチンの話になって、アルゼンチンのことをいろいろ語っていた。
すると、すらりとした紳士が、話しかけてきて、「私、アルゼンチン大使館に勤めてます」と言った。
彼は、僕がアルゼンチンにどういう印象を持っているか、気付いてなかったのだろう。
僕も、アルゼンチン大使館の人に声をかけられて、舞い上がるレベルの人間ではない。
まあ、銀座で飲ませてくれるというなら、もちろん考え方はコロッと変わっただろうが。
というわけで、僕のアルゼンチンに対する印象は、悪いままです。
南米では、アルゼンチンが嫌われているというのは、日本のスペイン語学習仲間の間でも常識だった。
差別がすごいのは、ベネズエラで、これも僕は体験したけどね。
だから、日本人の若者が、サッカー留学なんかで、アルゼンチンに行ったら、グレてしまうのは当然だろう。
モロに人種差別を受けるからね。
さて、明日は、とにかく昼の午後3時のバスで、プエルトイグアスへ向かう。
ということは、明後日には、アルゼンチン脱出。
ブラジルへ入国できる。
国が変われば、ツキも変わるでしょう(そうあってほしいものだが)。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx