『ボリビアの首都ラパスでブラジル大使館を探して、ブラジルビザを申請する』@ラパス/ボリビア
(ここで書いたブラジルビザの話は1989年です。ビザ入国の状況は常に変化しています。現在の状況は、自分でご確認ください)
1989年7月10日。
前日にラパス近郊の「月の谷」を見に行った。
ラパス近郊の観光名所「チャカルタージャ山」「ティワナク遺跡」「エルネストカブールの店「月の谷」を全部体験したことになる。
次に考えることは、ボリビアからどういう風に進むかだ。
ボリビアからチリに進んで、チリからアルゼンチン、ブラジルと進むのが、僕のもともとの考え方。
ただこの時期、アルゼンチンの通貨が一気に下落したので、アルゼンチンでは安く豪華に旅行できるという話がある。
まずとにかくアルゼンチンへ行くことが優先するかな。
その情報が本当ならば、アルゼンチンを楽しんで(アルゼンチンの状況を確認して)、それからチリへ入ればいいだろう。
どちらにしても僕が南米一周をするのは間違いないので、その後ブラジルへ進むことになる。
チリも、アルゼンチンも、日本人はビザが不要だ。
だがブラジルに入るには、ブラジルビザが必要で、ここが問題。
この時代も現在も(これを書いているのは2010年です)、南米一周旅行者が頭を悩ませるのは、「ブラジルビザをどこで取るか」ということ。
日本でブラジルビザは取れるが、ビザには有効期限(2010年現在では、90日)がある。
これが大問題なんだ。
長期旅行者は、日本で取ったブラジルビザの期限(90日)以内に、ブラジルにたどり着けない。
本格的な中南米旅行者は、普通はまずアメリカにわたり、アメリカから陸路で中米を下り、南米へ入って、陸路で南米一周をするものなんだからね。
またもちろん、一年以上の旅をする世界一周旅行者も、旅の途中のどこかで、ビザを取らなければならない。
ブラジルビザを取る時は、「出国切符問題」が存在する。
出国切符問題とは、ある国へのビザを申請する時に、出国切符を提示しなければならないということ。
入国の条件として出国切符が必要だという場合も、出国切符問題となる。
ブラジルの場合は、ブラジルビザを取ってしまえば、入国の時に、再度出国切符が要求されることはない。
ブラジルビザを取ってしまえば、あとはどうにでもなるわけだ。
僕も、南米に入ったあと、キト(エクアドル)のブラジル大使館へ、ビザを取りに行ったことがある。
エクアドルでアメリカのビザ(B-1、B-2)を簡単に取った直後だった。
それで、「エクアドルでは各国のビザが簡単に取れるのかも(笑)♪」と、盛り上がってしまったんだ。
キトのブラジル大使館へ行ったら、「ブラジルへの往復航空券が必要だ」と、断られてしまう(涙)。
「陸路で行く」と説明したら、「ブラジルの隣国で取れ。エクアドルからブラジルは航空券が必要だ」と説明された。
確かに、エクアドルとブラジルは陸路国境で接してないからね。
南米を旅していれば、他の旅行者にも会って話をする。
その情報では、隣国のアルゼンチンでは、ブラジルのビザが簡単に取れるらしい。
アルゼンチンとブラジルの国境にある、有名な「イグアスの滝」では、ビザ無しでブラジルへ入国できるという話も聞いた。
イグアスの滝でブラジルに入国できても、別の国境からブラジルを出国する時に、問題になるかもしれないが。
1989年のこの時期は、僕は基本的にアルゼンチンからブラジルへ入るつもりだった。
アルゼンチンでビザを取ればいいわけだ。
でもボリビアで取れるものならば、取っておいた方がいい。
特にラパスでは、1泊8ボリビアーノ(4百円)の宿に泊まっているし、ラパスは小さな町だ。
これからどう進むかが決まっていない以上、暇もある。
ラパスでブラジルのビザが取れるものならば、取っておくのがいい。
問題は、ブラジル大使館の場所が確認できない。
よくあることだが、ブラジル大使館でビザを出さず、別に(ビザを出す)領事セクションがあるかもしれない。
学生広場にある観光案内所へ行くと、大使館のリストが載っているパンフレットをくれた。
そのパンフレットの発行時期が、ちょっと古くて、信じられない。
世界の国では、一時期何かの方針で、観光案内に力を入れる時期があって、立派なパンフレットを作ることがある。
ところが予算が続かずに、その古いパンフレットを改定しないこともある。
ラパスの観光案内所で立派なパンフレットをもらって、ブラジル大使館の住所が書いてあっても、信用できない。
信用できないまま、もやっとした気持ちで、ブラジル大使館へ行ってみたら、予想通り、そこには大使館は存在しなかった。
こういうとき、どうしたらいいでしょう。
いま(2010年)ならば、インターネットでブラジル大使館のリストを検索すれば、すぐに見つかるだろうね。
僕が旅をしていたのは、1989年で、インターネットはまだ一般的ではなく、ブラジル外務省のサイトも存在しなかった時期だ。
僕はひらめいて、目に付いた旅行代理店に飛び込んだ。
旅行代理店で、「ボリビアからブラジルへ飛行機で行きたいんですが、ビザを取らないといけないので、どこで取れるでしょうか?」と聞いた。
もちろん僕は、ボリビアからブラジルへ飛行機を使う気持ちなんか全くない。
でもお客だと思わせれば、旅行代理店はビザがどこで取れるか、教えてくれるはずだ。
ラパスでブラジルのビザを取るのは、ブラジル領事館(El Consulado de Brasil)で、その場所は「20 de Octubre 2038 Edificio Foncenin Piso 9」という話だった。
ただ旅行代理店の女の子は、僕がただブラジルのビザを取るために住所を聞きたいだけだと見破っていたようだ。
僕が話をしたのは、なかなか知的な美女だった。
他のブサイクな女たちは、「この日本人は航空券を買うつもりはないよ」という感じだった。
現地の早口の言葉で、そういう風なことを言っている雰囲気がした。
僕の相手をした、いかにも育ちのいい美女は、雑音に惑わされず、ブラジルビザが取れるところを調べて、僕に教えてくれた。
世界中どこでも、知的な人同士は分かり合えて、親切にするものなんだ。
教えてもらったブラジルビザ申請の窓口に行くと、料金は10ドル。
イエローカードを持っているかと聞かれる。
僕はギリシアでゲットしたイエローカードは持っていた。
が、別に提示する必要はなかった。
ブラジルビザを今日申請して、明日発行ということだった。
このブラジルビザは、「発行日から90日以内に入国、90日以内滞在の、マルチビザ」だ。
大使館街を歩いていると、パラグアイ大使館、ベネズエラ大使館も見つける。
パラグアイも、ベネズエラも行くつもりだったが、それはまたの機会に考えればいいでしょう。
スペイン語をしゃべりすぎて、疲れていた。
ラパスのシェラトンホテルへ行った。
僕がある町の一流ホテルへ行く時は、だいたいは「International Herald Tribune」を買うためだ。
ラパスのシェラトンホテルには本屋がなくて、全体的にサービスはよくなかった。
続いて動物園へ行き、係員に「リャマとアルパカ」の違いを教えてもらう。
今日も日本人会館へ行って、昼飯を食べて、図書室から「ガキデカ」を借り出した。
後は部屋へ戻って、本を読みながら寝る。
明日の朝ブラジルビザは取れるから、数日うちに、ラパスからの脱出計画をたてなければならない。
ラパスはこじんまりした町で、日本人会館もあり、大好きになったんだけれど。
でも旅人はいつか、自分が慣れ親しんだ場所にも、親しくなった人にも、別れを告げなくてはならない。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx