『ビザを取りにボリビア領事館へ行くと、ボリビアの新聞で日本映画の広告を見つける』@プーノ/ペルー

【キトで取ったボリビアビザ】
1989年6月27日、午前7時に「ホテルウロス(HOTEL UROS)」201号室で目が覚める。
ぼんやりとした頭で考えると、そうそう、昨日クスコからプーノへ列車移動したのだった。

暖かいベッドの中で、今日の予定を思い出す。
やることはいろいろあるが、午前7時ならば、まだ、ごろごろしていていい。

こういうときは、個人旅行者はあることをしたくなるもの。
そこで、右手が股間に伸びたが、ハッと気がついた。

この部屋は、クスコから来た薬剤師くんと一緒に泊まっているのだ。
ということは、したいことが出来ない(涙)。

個人旅行しているのに、朝から、同室者に気を使うなんて気持ちよくないね。
薬剤師くんと僕は、クスコの宿で、インティライミで客が増えると言うのを理由にして、同じ部屋に入れられてしまった。
それが6月23日で、昨日6月26日まで4日間連続で、薬剤師くんと同じ部屋に泊まっている。
今日最初にすることは、「ホテル捜し」と心に決める。

まだ寝ている薬剤師くんを残して、1人でプーノの町へ出る。
僕が外に出れば、薬剤師くんは1人で自由に過ごせるだろうからね。

こういったさりげない思いやりが、一緒の部屋に泊まった時に自然に出るのが、本物の旅行者なんだ。
僕は1人でプーノを歩きまわって、適当そうな安宿を次々と当ってみる。

安宿を探すというのは、ある意味、口実でもあるわけだよ。
ちょっと気になる宿に入っていって部屋を見せてもらうには、「部屋を探してるので」という言いわけが最適なんだから。

ただ、プーノの安宿は、どこもたいしたものではなかった。
いま泊まっている「ホテルウロス」からわざわざ移動するほどの違いはない。

街中のホテルを5-6軒サッと当って、ホテルウロスに戻った。
ツインが嫌なだけなので、同じホテルのシングルルームに移ることにした。

部屋へ戻ると、薬剤師くんは、なぜかスッキリした、さわやかな顔をしている。
僕の話を聞いて、彼もシングルルームに移ることに決定。
クスコの宿でも、無理矢理に同じ部屋に押し込まれたので、2人とも一人になりたいと思っている。
それは、互いに、よくわかっているからね。

僕が207号室、彼が309号室のシングルルームへ移動する。
料金は、シングルルームが7千インティ(300円)だ。

部屋を移動して、バックパックを置いて、僕は次に行くところがある。
プーノの「ボリビア領事館」。

僕が南米を旅していた1989年は、日本人はボリビア入国にはビザが必要だった(そのあと不要になりました)。
ボリビアのビザ自体は、特に問題なく、特殊な書類も必要なく、簡単に取れたものだ。

実は、僕はエクアドルの首都キトで、ボリビア大使館へ行って、ビザを取っていた。
問題なのは、ビザには有効期限があるってこと。

キトでボリビアのビザを取ったのが、1989年5月17日だ。
いまは、1989年6月27日。

1か月以上たっている。
ひょっとして、ビザの有効期限が30日ってことはないだろうか。

だとすれば、ビザの有効期限は切れている。
プーノからボリビアの首都ラパスまで、バスで移動するつもりだ。

そのボリビア国境で、ビザをチェックされる。
もし、ビザが有効でなければ、もちろん国境は通れないので、追い返されることになる。
ビザに有効期限が書いてあれば有効なのかどうかわかる。
ところが、キトで取ったビザには、有効期限が書いてないんだ。

こういう場合は、まず常識的には有効なはず、と思うんだけどね。
でも国境で追い返されるのは困る。

それならば、プーノにあるボリビア領事館へ行って、ぼくが持っているビザが有効なのかどうか、確認すればいいってこと。
ボリビア領事館はプーノの町のど真ん中にあるので、歩いていく。

「ボリビア領事館(Consulado de Bolivia)」へ行くと、なかなか感じのいい、てきぱきした女性秘書が僕の話を聞いてくれた。
ボリビアのビザがある僕のパスポートを持って、奥の部屋へ入っていった。

回答を待つあいだ、待合室に置いてあった新聞を読んで時間をつぶす。
僕はスペイン語新聞の、だいたいの意味はつかめる程度の語学力はある。

新聞をパラパラめくっていると、ボリビアの映画館で日本映画の「愛のコリーダ」を上映している。
その広告を見つけた。

もちろん日本語では書いてない。
フランス語で「L'empire des sens」、スペイン語で「el imperio de los sentidos」つまり、「官能の帝国」という意味だ。

なぜこの映画が「愛のコリーダ」だとわかったかというと、映画監督と出演者の名前が書いてあったから。
監督が「大島渚」、出演者が「松田英子」と「藤辰也」だ。

「愛のコリーダ」は、1976年に公開されて、センセーションを巻き起こした有名な日仏合作映画。
日本ではそのまま映写することが出来ないので、わざわざ米国のグアムまで行ってこの映画を見るツアーまであったとか。
僕がはるばると南米までやってきて、プーノのボリビア領事館の待合室で、時間つぶしに新聞を読んでいる。
その新聞に「愛のコリーダ」の広告が載っている。

だとしたら、神が、僕に、「ボリビアのラパスへ行って、愛のコリーダを見なさい!」と啓示を与えているわけだね。
それならば、映画が上映されているうちに、どうしてもラパスへ行く。
日本で話題だった映画をボリビアのラパスで見ることが、神が僕に与えた使命ならば。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx