『航空券の値段を調べ、明日のカルタヘナへの切符を買い、黄金博物館で黄金のジェット機を見る』@ボゴタ/コロンビア
1989年9月4日、コロンビアのアマゾン奥地の町レティシアから、首都のボゴタへ飛んだ。
ボゴタ空港の観光案内所で、町の中心にある安宿「ホテルサラトガ」を紹介してもらった。
トイレシャワー付きのシングルルームで、1泊1960ペソ。
この時期、1コロンビアペソが0.3円なので、約600円。
まあまあ、満足できる値段じゃないかな。
町のレストランでも、ビールの小瓶が80ペソ、つまり24円。
1泊600円で、ビールが24円ならば、人生に何の不満もない。
しばらくゆっくりしていてもいいはず。
ただ僕はすでに、一応、南米一周を終えている。
コスタリカからエクアドルへ飛んで、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、コロンビアと左回りに一周した。
ベネズエラについては、マナウスから陸路で入ることも出来た。
ただ、アマゾン奥地からコロンビアへ行くことを選択したときに、ベネズエラへ行く考えは諦めてた。
また機会があれば、エンゼルフォールズを見に来ることにしよう。
いまの気持ちは、とにかくロサンゼルスへ戻って、中南米旅行の自慢話を、おもいっきりホテル加宝のみなさんにしたい、というだけ。
僕がコロンビアの首都、ボゴタで考えることは、南米をどういうルートで脱出するかという問題。
ロサンゼルスへ帰りたいならば、ボゴタから一気に飛ぶことだって出来る。
それでは、中南米一週旅行の締めくくりとしては、全く面白くないよ。
僕は、ロサンゼルスから陸路でメキシコに入り、出来るだけ陸路で旅を続けてきた。
中米から南米の間(コスタリカからキト)や、南米のところどころで、飛行機を使ったけどね。
アメリカへ戻るにしても、またメキシコから陸路で入国したいものだ。
メキシコでまだ見逃した遺跡もあることだしね。
またもちろん、カリブ海の島「サン・アンドレス島」の噂もあった。
この時期、中米から南米へ旅する人は、途中でカリブ海のサンアンドレス島に立ち寄るのが、定番。
とってもきれいな島らしいよ。
サンアンドレス島は、コロンビア領だから、コロンビアの国内線で飛べるだろう。
とにかく、町へ出て、旅行代理店を当ってみるのが大事だ。
1989年9月5日、僕は目を覚ますと、まずマラリアの薬を飲んだ。
このクスリは、一週間に一度飲むことになっていたからね。
町へ出て、目に付いた旅行会社に飛び込んでみる。
ボゴタからの航空運賃を調べて、また別の旅行会社へ行って、料金を再確認した。
すると、ボゴタからカルタヘナへ23560ペソ(約7100円)、カルタヘナからサンアンドレス島へ22210ペソ(約6600円)。
サンアンドレスへの切符を買って、カルタヘナへ寄ると、45770ペソ(13700円)。
ボゴタからサンアンドレス島へのダイレクトフライト(直行便)は、34210ペソ(1万円ちょっと)。
僕としたら、コロンビアの海辺の町カルタヘナへは行っておきたい。
というのは、僕は映画「ROMANCING THE STONE」のファンで、ペーパーバックも読んでいた。
この映画のクライマックスは、カルタヘナでのワニとの対決だった。
せっかくこの映画の舞台に来たならば、カルタヘナへは行きたいと思っていたわけだ。
ボゴタからカルタヘナへはバスも走っている。
ただ、1989年の時点で、コロンビアは麻薬組織の争いが激しくて、治安がよくないという噂だった。
主な組織では、コロンビアの都市メデジンとカリを中心とした、「メデジンカルテル」「カリカルテル」があった。
それらの麻薬組織が、勢力を広げようと互いに争っていた。
この時期はコロンビアの政府よりも、麻薬組織の方が金持ちで、政府の役人、裁判官、警察などへも浸透していたとか。
だから、コロンビアのジャーナリストは、命をかけて不正を追求し、殺害されることも多かった。
こんな使命感のあるジャーナリストは、日本には1人もいないのが恥ずかしい(涙)。
僕としては、いまさらコロンビアで長距離バスに乗って、危険を犯すつもりはない。
あとは、カルタヘナを散策して、サンアンドレス島で軽く泳いで、それでコロンビアは十分だ。
なにしろ、アマゾン奥地のコロンビア領レティシアに行ってるからね。
アマゾン奥地のレティシア、首都のボゴタ、海岸地帯のカルタヘナ、カリブ海のサンアンドレス島に行けば、十分でしょう。
サンアンドレス島に行くことは決めた。
ここで終わらないのが僕のすごいところだ。
サンアンドレス島から先の航空運賃も調べてみた。
すると、サンアンドレスから、サンホセ(コスタリカ)へ87ドル、グアテマラシティへ135ドル、メキシコシティへ296ドル(片道運賃)。
また、話のネタとして、ボゴタからの航空運賃を調べてみる。
ボゴタから、グアテマラシティへ292ドル、メキシコシティへ446ドル、ロサンゼルスへ674ドル(片道運賃)。
旅のルートは、カルタヘナへ行って、そこで考えることにする。
ボゴタからカルタヘナへのフライトを取る。
明日、9月6日の14時30分発、「VX362便」(23560ペソ/約7100円)。
これだと時間的にもちょうどいいからね。
旅行会社のおねえさんも、僕がいろいろ聞くのに対して、ものすごく親切だった。
また、ボゴタの町をあるいていたら、コロンビア人の女子高生の集団と出会った。
僕のほうを見ながら、ニコニコしているので、「日本人の旅行者ですよー♪」と話かけた。
みんないい感じで、適当に話をしたあと、手を振りながら、キャッキャッと別れる。
確かに、コロンビアの女性は愛想がよくて、気楽な人が多いみたいだ。
実際、僕がロサンゼルスのホテル加宝にいたときも、コロンビアで女性とお付き合いをした日本人旅行者がやってきた。
ゲーブルくんも、「コロンビアで、女性と同伴喫茶に入った」と言ってた。
別の旅行者も、コロンビア人美女とそのお母さんと一緒の写真を見せてくれたっけ。
コロンビアというのは、きっと、いろいろと奥深いところなのでしょう。
しかし、僕は、ただの、どこの町内にもいる「世界旅行者」です。
ボゴタで興味があるのはただ一つ。
それは、ボゴタの黄金博物館(MUSEO DE ORO)だよ。
世界三大黄金博物館、それはサンホセ(コスタリカ)の黄金博物館、もっと有名なリマ(ペルー)の黄金博物館
そして、もう一つがこのボゴタの黄金博物館なんだよね。
ボゴタの黄金博物館には「オーパーツ(OOPARTS)」として、世界的に有名な「黄金のジェット機」がある。
入場料は250ペソ(75円)でした。
「黄金のジェット機」は、確かに、僕には、黄金のジェット機にしか見えなかったね。
南米には、ナスカの地上絵も宇宙人が描いたものといわれているし、空中都市マチュピチュの遺跡もある。
これは、絶対に、宇宙人が来た証拠だ。
それ以外は、考えられない。
続いて、「サンフランシスコ教会(IGLESIA SAN FRANCISCO)」「ベラクルス教会(IGLESIA DE LA VERACRUZ)」で祈った。
特に、サンフランシスコ教会では、80ペソ(24円)の大きなロウソクを灯して祈った。
ホテルに戻る途中で、「TIME(1989/09/04)」を買ったら、その中に「a distant mirror」という南京虐殺記事があった。
書いたのが中国系の名前の人だったが、内容は、不当に日本を非難するものだ。
僕は絵葉書に英語で反論を書いて、タイムの本社に送った。
さて明日は、カルタヘナへ飛ぶ。
そこで何が僕を待つのか、それは、ただ神の定めだ。
でも、今日も、教会2か所で祈ったので、何とかなるでしょう。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx