『子連れの美人妻と一緒にボゴタへ到着し、観光案内所の美女に「ホテル・サラトガ」を紹介してもらう』@ボゴタ/コロンビア
1989年9月4日、空港で兵士に名前をカタカナで書いて、ビールをおごってもらった
午後1時発のアビアンカ(AVIANCA)航空機に搭乗して、僕の席「15F」に座る。
アマゾン上空を飛ぶ昼間のフライトだから、窓際の席を取った。
アマゾンを飛ぶときは、窓からジャングル風景を眺めたいもの。
僕としては、ブラジルのマナウスからタバチンガへ飛んだときの、アマゾン川の蛇行風景が、あまりに感動的だった。
それに比べると、レティシアからボゴタへのフライトは、それほどでもなかったかな。
それはそうで、遺跡でも、大自然の絶景でも、また一つの都市でも、最初に見たときの感動が一番大きい。
ある場所の印象は、最初に見たときに決定し、それが後々まで続くもの。
逆に言うと、海外旅行という点から考えれば、ある場所へは一度行けばそれで十分
二度目にわざわざ行っても、絶対に最初の感動は得られない。
せっかく二度目に行ったのに、一度目の新鮮さはもちろん無いし、いろいろアラが目立つもの。
二度目に行くと、逆にガッカリすることが多いものなんだよ。
海外旅行ばかりか、人生経験も、そのほかいろいろ経験豊富な僕は、それがよくわかっている。
あの伝説の旅行哲学書「間違いだらけの海外個人旅行」にも、一度行って良かったところには、二度と戻るな」という項目があるよ。
離陸直前に、僕の隣に赤ちゃんを抱いた女性が座った。
見ると、なんと、僕が泊まっていた「ホテルアメリカーノ」の、美人若妻さんだよ。
これはすごい偶然だよね。
まさか、わざわざ僕の隣を選んで座るはずも無いし…。
いやでも、レティシアは小さな町で、みんなが知りあいだ。
僕がどこの席を取ったか調べて、その隣に座ることも、出来ないわけではないだろうけれど。
この人妻さんとは、ホテルに泊まったときに世間話をしていたが、確かに、実家はボゴタだと言ってたっけ。
結婚したばかりで、年齢は20歳。
彼女が抱いている赤ちゃんはまだ本当に小さくて、とっても可愛い。
横の席に座った僕が、手を振るとニコニコを笑う。
「お父さんだよー(SOY TU PAPA)」と話しかけてしまう。
レティシアからボゴタへは、約2時間のフライトだ。
美人人妻さんは、ずっと赤ちゃんを抱いているのは疲れるので、僕に赤ちゃんを抱かせた。
僕は赤ちゃんをずっと抱いてたので、ジャングルの景色はよく見れませんでした。
実は、このあと1996年にメキシコシティからキューバのハバナへ飛んだときも、同じようなことがあった。
僕の隣に座った、子連れの若い女性(19歳)が、当然のこととして、子供を僕に預けたんだ。
その時も、僕は赤ちゃんに「お父さんだよー」と言ったけどね(笑)。
ということは、僕って、19歳や20歳のラテンの美女からは、結構人気があるのかしらん♪
ラテンアメリカでは、男性は女性に親切にするのが当然、という雰囲気がある。
日本女性だったら、「すみませんが、ちょっとだけ赤ちゃんを抱いててくれませんか?」みたいに頼むかな。
日本女性なら、もともと、知らない男性に赤ちゃんを抱いてくれとは、頼まないだろう。
ラテンアメリカでは、女性に親切にするのが当然なので、赤ちゃんを渡されたら抱っこしてあげるのが常識なのでしょう。
僕は、「美人妻はわざと僕の隣に座ったのかも」と考えた。
というのが、美人妻は僕が泊まっていたホテルの人で、僕は昨日、今日ボゴダへ行くと告げていた。
また、彼女は1人で、ご主人は見なかった。
ということは、別居しているのかもしれないね。
すると、僕に興味を持って、ボゴタへのフライトでわざと隣の席を取り、ボゴタの実家へ連れて行くつもりなのかも…。
「誘われたらどうしたらいいだろうか?」と考えて、急にドキドキしてしまった。
レティシアを13時(午後1時)に出発した飛行機は、14時50分にボゴタの空港に到着した。
ボゴタは雹の降る寒い日だった。
国内線なので、特に難しい手続きも無く、すんなりと空港へ出る。
美人若妻は、あっさりと、僕を残して、どこかへ行ってしまったよ(涙)。
でも、美女とのことをいろいろと妄想して、僕の胸がドキドキしたということは、悪いことではないさ。
無事にボゴタの空港に到着してまず考えることは、ボゴタの町への行き方と、宿を見つけること。
ボゴタの町というもののイメージがわかない。
だだっ広いらしいのだが、町のポイントがどこなのかもさっぱりわからない。
こういうときは、とにかく観光案内所へ行けばいい。
空港の観光案内所では、いかにもラテン系の朗らかな美女が2人、カウンターにいた。
僕はすでに、中米から南米一周してきた。
ラテン系美女の扱いには慣れているといってもいいだろう。
こちらも明るく、ニコニコして話しかけて、相手を褒め上げるのがコツだ。
僕は「ブエノスディアス、セニョリータスムイアマーブレス(コンニチワ、とってもきれいなお嬢さんたち!)」と声をかける。
「レティシアから着いたばかりで、ボゴタのことがわかりません」と、すがる。
また、「コロンビアにはきれいな女性が多いと聞いてましたが、本当ですねっ!」と、褒める。
ボゴタの観光地図と、「LA GUIA DE BOGOTA」という冊子をもらう(無料)。
それから、「貧乏な日本人ですから、安いところがいいんですが」と、ホテルの紹介をお願いする。
セニョリータは電話をかけて、宿の予約をして、紙にホテルの住所を書いてくれた。
町へ出るコレクティボ(小型乗り合いバス)の「CENTRO CARRERA 10」に乗って、セントロ(町の中心)へ。
コレクティボの料金は、90ペソ。
この時代のコロンビアペソは0.3円と考えるので、約30円。
コレクティボを「CARRERA 10, CALLE 15」で降りて、紹介してもらった「HOTEL ZARATOGA」へ歩く。
ホテルのおじさんは、観光案内所からの電話があったせいか、とても愛想よく僕を出迎えてくれた。
「空港から電話があった日本人だね。まってたよ」と両手を広げて、ニコニコだ。
コロンビアの人は、全体的に、とても親切で、キモチのいい人が多いようだよ。
部屋を2つ見て、117号室に決める。
トイレシャワー付きで、1泊1960ペソ(600円)。
PLANTA BAJA(GROUND FLOOR)、つまり1階の部屋だった。
ドアは玄関から細い廊下を曲がったところにあるので、騒音は気にしなくていい。
僕の膨大なホテル滞在経験から考えると、若干ラブホテルの雰囲気もしたね。
部屋の外にある共同トイレを使うのに、部屋にはビデだけはちゃんとあった。
ホテルのおじさんは、本当に親日的で、親切だった。
ホテルのキーホルダーをプレゼントしてくれた。
青色のハート型のプラスチック製で、ホテルの名前と「SU CASA EN BOGOTA(ボゴタでのあなたの家)」と書いてある、洒落たものだ。
僕はこのキーホルダーが気に入って、僕のデイパックのファスナーに、ずーっと付けていた。
何気なく、コロンビアへ行った証拠にもなるしね。
このあと普通にアジアを旅していたときも、このキーホルダーのせいで、「コロンビアへ行かれたんですか」と聞かれることもあった。
ホテルのおじさんに食堂を聞いて、ボゴタの町へ出た。
中華料理の「白馬」で、夕食を取る。
ビールの小瓶が80ペソ、つまり24円。
レティシアでは倍以上していたから、やはりアマゾン奥地は運送料がかかっているのかもね。
町を歩いて、「TIME」と「NEWSWEEK」を買って帰った。
あとは部屋へ戻り、ベッドに入って、本を読む。
さて、コロンビアの首都ボゴタから北米ロサンゼルスまで、どういう風に移動したものか。
これから、中米を北上するルートは、どうしましょう。
でもそれは、いま考えることではない。
明日になって、ボゴタの町を歩けば、自然と決まること。
明日のことは、明日考えればいい。
今はただ、アマゾン奥地のレティシアから首都のボゴタへ飛んで、無事に宿を見つけたことに、感謝すればいいさ。


xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx