『教会で灯すロウソクをケチって、神の機嫌を損ねたが、無事にカルタヘナへ到着し、宿に落ち着きビールを飲む』@カルタヘナ/コロンビア
1989年9月6日、今日は午後2時半のフライトで、コロンビアのカリブ海に面した町カルタヘナ(CARTAGENA)へ飛ぶ予定。
午後2時半のフライトで、1時間くらいでカルタヘナへ着くらしい。
もう少し早いフライトでもよかったが、ボゴタで午前中をゆっくり使えるのはいい。
今日は、カルタヘナへ着いたら、ただ宿を見つけて、落ち着けばいいだろう。
念のためにフライトの確認をしたが、ボゴタからカルタヘナへは1日に7便のフライトがあった。
でも、朝早すぎても困るしね。
午前中を絵葉書を書いてすごすことにした。
泊まっている「ホテルサラトガ」のすぐ近くに、大きなカード屋があった。
カードを2枚、エアログラムを1枚買った。
通りのハンバーガ屋「WIMPY」で、朝食を食べながらカードを書いて、旅先で知り合った女の子に、送った。
また「サンフランシスコ教会(IGLESIA SAN FRANCISCO)」「ベラクルス教会(IGLESIA DE LA VERACRUZ)」で祈る。
昨日は、サンフランシスコ教会では、80ペソ(24円)の大きなロウソクを灯して祈った。
今朝は、35ペソ(10円)の細いロウソクを灯した。
空港へ行くには、もちろんバスが通っている。
「CALLE 19」で、空港行きのバスを捕まえた。
最初のバスには乗車拒否をされる。
2台目のバスには乗れたが、乗車拒否された理由がわかった。
バスはとてもきれいで、シートには真っ白なカバーがかかっている。
乗客はパリッとスーツを着たビジネスマンと、上品なご夫人だらけだ。
僕は、上品なバスの中に、薄汚い服装で、汚いバックパックを持ち込んでしまったわけだ。
大きな荷物を収容する場所がないので、通路にバックパックを置くしかなかった。
結構気まずかったよ。
きっとボゴタでは、空港へバックパックを持って行くような人は、タクシーに乗るのではないかな。
タクシーでも、千ペソ(300円)だと聞いてたしね。
この場違いの行為で恥ずかしい気持ちになった理由。
それはすぐにわかった。
昨日、サンフランシスコ教会で80ペソの大きなロウソクを灯した。
それなのに今朝は、35ペソの細いロウソクを灯した。
神様が怒ったんだよ。
最初に80ペソのロウソクを灯したら、別れの時にはもっと大きなロウソクを灯すべきだ。
ボゴタを出ていくからって、ロウソクの値段を下げたら、そりゃ神様だって怒るだろう。
逆に、昨日35ペソで、今朝80ペソだったら、バスに乗車拒否されることも、場違いなバスに乗って恥ずかしい思いをすることもなかったはず。
結局人間関係も一緒なんだね。
別れの時こそ、セコイことをしてはいけない。
いい想い出を作るためには、別れの時こそ、キッチリとしなければならない。
それでこそ、一生持ち続けられる貴重な、美しい記憶になるわけだ。
旅をするといろんなことが学べる。
旅だけではなくて、人との別れ方まで理解できるようになるんだね。
空港に着いて、僕の乗るアセス航空「VX362便」を確認する。
これは、「ACES(AEROLINEAS CENTRALES DE COLOMBIA S.A.)」のフライトだ。
この飛行機は、別の都市が始発で、さらにボゴタ(BOGOTA)〜カルタヘナ(CARTAGENA)〜バランキージャ(BARRANQUILLA)と飛ぶようだ。
バランキージャは、カルタヘナからちょっと北にある、カリブ海に面した町。
午後2時半の予定がちょっと遅れて、実際のフライトは午後2時45分になる。
フライト時間は1時間で、午後3時45分にカルタヘナへ到着。
この日のカルタヘナは小雨だった。
やはり、教会でロウソクをケチったことが、ここでも天候に影響を与えている。
空港の観光案内所へ行っても、閉まっていた(涙)。
こういうときに頼れるのは、「Lonely Planet」しかないわけで、載っていた「HOTEL ROMA」へと、タクシーに乗る。
このタクシー代が600ペソ(180円)だったが、これもボッタクラレていたようだ。
タクシー乗り場にいたおじさんに、一応、料金については聞いたんだけどね。
とにかく、ホテルローマに到着する。
シャワー、トイレつきの203号室が、1800ペソ(540円)だった。
「Lonely Planet」には、このホテルを「ボッタクリ」と書いてあった。
が、スペイン風の出窓があって、天井には大きなシーリングファンがあるので、料金にはナットクする。
町を歩くとすぐに、SAM航空とAVIANCA航空のオフィス、その他、旅行代理店を見つけた。
これなら、どこへ飛ぶにしても、カルタヘナからの航空券は簡単に買える。
ただ、町をのんびりと歩いてみると、全体的に黒人が多い。
カリブ海沿いの町はみんな、黒人が多いんだ。
全体的に、イヤに人が多くて、落ち着きがない感じがする。
危険な感じがしないわけでもない。
カルタヘナは、壁で囲まれた古い町で、その中には教会も多い。
古い町の通りだけでも、なかなかいい感じだ。
僕としては、カルタヘナでは、要塞を見ればそれでいい。
観光案内所もあったので、ここで聞けばいろいろと見るところも教えてもらえるでしょう。
新しい町に着いて、ホテルを決めて、町の様子がわかれば、問題ない。
観光は明日すればいい。
ホテルで、ビール(120ペソ/36円)を2本飲んだ。
レストランでカルネ(肉料理)が350ペソ(100円)、ビール(80ペソ/24円)。
教会で灯したロウソクの値段で失敗したが、でも、無事にカルタヘナの安宿に落ち着いた。
明日は、とにかくカルタヘナの名所「サンフィリペ要塞(CASTILLO SAN FILIPE)」へ行くことにしましょう。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx