『ベレンからマナウスへの航空券を買い、レストラン博多へ行って福岡の話をする』@ベレン/ブラジル
1989年8月25日午後2時、バスで25時間かかって、フォルタレーザからベレンに到着した。
宿を決めて、ベレンからアマゾン中流の都市マナウスへの移動方法を調べる。

軽く調べたところでは、アマゾンをリバーボートで遡ることが簡単ではない。
僕の世界旅行経験では、ある場所へ行けるならば、無理なく移動できるように設定されているはずだ。

ところが、ベレンからマナウスへのリバーボートは見つけたものの、出発までに時間がかかる。
もちろん、他のボートも探し回れば、もっと便利なものがあるかもしれない。

スンナリとボートが見つからないという意味は、はっきりしている。
「ベレンからマナウスは、リバーボートに乗るな」というお告げだ。

そういう風にすべてを都合よく考えるのが、旅をするコツだね(笑)。
という風に結論付けたので、僕は8月26日朝、とっととベレンへの航空券を買いに行った。

旅行会社「D.MANOEL TURISMO」で、8月28日午前零時半ベレン行きの切符を買う。
マナウス到着は、28日午前1時半の予定。

一見1時間かかるようだが、ブラジル国内でも、ベレンとマナウスの間には1時間の時差があるので、飛行時間は2時間となる。
料金は、262.47クルザード(約7900円)。

8月28日午前零時半という意味は、27日の24時半と考える。
明日27日の昼間が丸々残っている。

なぜ27日もベレンにいることにしたかというと、正直、ホテルの部屋が気に入ったから。
あとは、まだベレンの観光をしてないってことに気が付いたから(笑)。

とはいっても、ラテンアメリカの町の観光とは、教会と博物館を見るくらいしかないんだけどね。
土産物屋で100ドルを450クルザードに両替した(1ドル=4.5クルザード)。

「MERCADO VER-O-PESO(ベロペーゾ市場)」へ行って、市場の喧騒を感じる。
次に「FORTE DO CASTERO(カステロ要塞)」へ(入場料0.5クルザード/15円)。

「CATEDRAL DA SE(セー大聖堂)」へ行って、神に祈る。
これで、ベレンの観光は終了(笑)!

午後になって、昨日も行ったレストラン「博多」へ。
今日は、オーナーのT氏と結構長く、深く話をした。

博多といえば、もちろん福岡のこと。
僕は小学校高学年、中学、高校と福岡で過ごしたので、話も弾んだ。

結構ビールを飲んで、チップも払ったが、支払いは32クルザード(960円)。
昨日は、20クルザードだったので、ガッツリ食べて飲んだということです。

この食事をしたのは、午後の2時から4時くらいだったんじゃないかな。
僕は基本的に、海外旅行中は、昼間にメインの食事を取る。

だから、博多を出たのもまだ明るい時間だった。
空港へ行くバス「PERPETUO SOCCORRO」が、「AV.C.FRANCA」の4番乗り場から出ることを確認した。

絵葉書(0.5クルザード/15円)を2枚買って、切手(2クルザード/60円)を貼って、日本へ送った。
この日は早く寝る。

翌朝(1989/08/27)は、午前11時まで寝た。
マナウスへのフライトは、28日の午前零時半だが、実質的には27日の夜だ。

マナウス到着は、28日の深夜。
深夜にマナウスに到着しても、動きは取れないので、朝まで空港で粘ることになる。
空港で横になって寝るなんて、そんなことは考えない。
とにかく、注意を払っていないと何がおきるかわからないのだからね。

つまり、27日から28日まで、28日にホテルを見つけてベッドへ転がり込むまで、起きてなければならないんだよ。
だから、一晩起きているために、前日から無理をしないように、体調を整えてたってことね。

まあ若ければ、一晩や二晩徹夜したって、問題はないだろうけれども。
でもこのとき僕は、40歳直前だったんだから(涙)。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx