『ベレンからマナウスへのリバーボートと、マナウスやタバチンガへのフライトを調べ、日本レストラン博多で夕食をとる』@ベレン/ブラジル
1989年8月25日、フォルタレーザからのバスが25時間かかって、ベレンのバスターミナルに到着。
午後2時にバスターミナルに着いて、バスを乗り換えて、ベレンの町へ。

ベレンの町でホテルを当って、3軒目の「HOTEL SAO GERALD」に決める。
トイレシャワー付き、オマケにベランダ付きの部屋が32クルザード(960円)で、なかなかキモチイイ。

ベレンの中心「レパブリカ広場」へ出てみる。
近くにあった教会で祈る。

ベレンに来たらとにかく、アマゾン川をを見なければね。
川岸にあった「ENASA」という、アマゾン航路を持つ船会社のオフィスへ行ってみる。

すると、マナウスまでの豪華ボートがある。
「2人部屋だと1人600クルザード(1万8千円)」「4人部屋だと1人520クルザード(15600円)」という料金。

僕はこのとき、まだお金は潤沢にあったので、「2人部屋を1人で借り切ったらいくらになるか」と聞いた。
すると、担当者のおじさんは、あわてて「船は11月と12月しかやってない」と答える。

なぜこんな話になったのか、半年くらい考えていた。
たぶんこれは、僕を馬鹿にした返事だったんじゃないかな。

ベレンの港を歩いて、人に聞きまくって、マナウス(MANAUS)行きのボートを捜す。
すると、水曜日午後10時出発のボートが見つかった。

ボートの上にハンモックを吊るしてそこで寝る(ハンモックは自分で用意する)。
アマゾン中流の大都市マナウスまでが6日かかって、料金は72.6クルザード(2178円)。
ベレンからマナウスへ行く途中の町「サンタレム(SANTAREM)」までは、やはりハンモックで寝て、3日で着いて42.3クルザード(1269円)。
悪くはないが、今日8月25日は、金曜日なんだよなー。

僕が見つけたボートは、来週の水曜日に出発する。
切符は月曜日午前8時に売り出されるらしいが。

出発は5日後だ。
どう考えても、このまま、ベレンで5日は潰せない。

次に歩いていて目に付いた旅行代理店へ。
念のために、飛行機で飛ぶといくらかかるか調べる。

ベレンからマナウスまで普通運賃が326.16クルザード(約9800円)。
割安運賃が262.47クルザード(約7900円)。

この違いは何かというと、早い話、出発時間だ。
割安運賃だと、ベレン出発が午前零時半と午前5時10分だ。

普通運賃も、出発が午後7時以降になるので、到着は夜だ。
見知らぬ町に夜に着いて、安宿を探すなんて、これはとてもとても無理だ。

マナウスからどう進むか、それはまだ決めてない。
マナウスからは、陸路でベネズエラへ抜けるルートがある。

またアマゾン奥地の三国(ブラジル、ペルー、コロンビア)国境地域のタバチンガ(TABATINGA)という町へ向かってもいい。
もちろんアマゾンのリバーボートでも行けるし、飛行機もあるようだ。

念のために、マナウスからタバチンガへのフライトは、284.47クルザード(8500円)。
ベレンからタバチンガへ一気に飛ぶと、563.09クルザード(1万7千円弱)。

アマゾン河口の町ベレンにいるのに、ここからマナウス、タバチンガと飛行機を使ったら、話としては面白くない。
ただ、ベレンからタバチンガまでずーっと船を使うと、2週間かかる。

それも疲れる話だよなー。
一人旅だし。

別にアマゾンリバーボートに乗るのが目的で、南米へ来ているわけでもない。
僕は中南米一周をしている旅行者なんだ。

正直、ブラジルに疲れている。
ブラジルは、なんとなく落ち着かないんだ。

それはもちろん、連続して移動をしているせいもある。
長距離バスに乗り続けだしね…。

ブラジルの町は、大きすぎる。
ペルーやボリビアだと、たいていの町は歩いて回れた。

それに比べると、アルゼンチンもブラジルも、町が大きかった。
アルゼンチンは人が冷たかった。

ブラジルは人はいいんだが、ポルトガル語を話すので、スペイン語を話せる僕としては、気軽に冗談を言ったりできない。
ブラジルの人と気軽に話せなくて、フラストレーションがあるのかもしれない。
銀行に行って両替すると、今日(1989/08/25)のレートは1ドルが4.50クルザードだった。
僕がブラジルに入った8月4日のレートが、3.60クルザードだったので、25パーセントのインフレが起きている。

先月7日(1989/07/07)では、1ドルが1.7クルザードだったというのだから、インフレというか、通貨暴落の激しさがわかるね。
旅行者としての僕は、その恩恵を受けてないような気がするが。

正直、ボリビアにいたとき、アルゼンチンの通貨が暴落したことがあった。
このときに、イタリア人から「アルゼンチンへ行って豪遊しないか(笑)♪」と誘われたんだよなー。

あの時にアルゼンチンへ行っていれば、アルゼンチン国内どこへ飛んでも20米ドル。
また、ヒルトンホテルにもドル払いで安く泊まれたという。

この決断力のなさが、日本人の特徴なんだ。
日本人は決断を迫られた時は、まず決断から逃げて、とにかく先延ばしにする。

これが、大東亜戦争でもズルズルと戦争になった根本原因だし、2011年の東日本大震災の対応が遅れた理由なんだよ。
だから僕もこの日は、ベレンからどう進むか、結論は出さなかった。

ベレンの日本レストラン「博多」へ行って、ビフテキを食べてビールを飲んだ。
店の人は日本人だったので、いろいろ話をしたよ。

何を話したのか、全く覚えてないが、日本語を使ったので、落ち着いた。
チップもたっぷり払って、気持ちよく店を出た。

部屋に戻って、アガサクリスティーの「A POCKET FULL OF RYE」を読了。
ひざまずいて神に祈りを捧げる。
無事にアマゾン河口の町ベレンへ着いたことに感謝する。
ベランダ付きの快適な部屋が見つかったこと。
日本レストランで日本語で話が出来たこと。
そうして、これからの旅もまた、神によって、すでに決められている。

xxx
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx