『ベレンからマナウスへ飛んで、全く寝ないまま、熱風の中を宿を10軒当たって、ホテルを決める』@マナウス/ブラジル
1989年8月27日午前11時まで、ホテルのベッドでゴロゴロしていた。
バックパックをまとめて、ホテルに預け、チェックアウトする。

この2日、ベレンは非常に暑くて、その中をあちこち観光したり、レストランへ行ったりして、歩き回っている。
特に昨日は、ビールの大瓶を4本飲んだせいだろう、全身がクターッと疲れているのを感じる。

今日は、とにかく夜に、マナウスまで飛べばいいだけなんだが。
マナウスへ到着したら、空港で朝まで起きてなければならない。

フライトが深夜なので、飛行機に乗るまでも、時間を潰すのが大変だね。
時間潰しもあって、お昼は、日本レストラン「京都」(RUA DR.MORAES 294)へ行った。

この日本レストラン「京都」は、昔「博多」があったところだ。
僕はこのいろんな事情を聞いているが、そんなことを書くつもりはありません。

「京都」は、なかなか立派な建物だった。
寿司、イカの酢の物、鍋焼きウドン、ビール(CERPA小)を4本。

お昼ご飯を済ませたら、町で「TIME」(9クルザード/270円)を買って、公園で読む。
ホテルに戻って、荷物を取るついでにトイレに行く。

空港行きのバスは、途中でバスターミナル(RODOVIARIA)に寄ったが、無事空港へ到着。
荷物を置くロッカーを発見して、バックパックを預ける(2クルザード/60円)。

空港に着いたのは、まだ明るいうち。
ターミナルの屋上から、飛行機の発着を眺めて時間を潰した。

そのあとは、ターミナルで、ただひたすら本を読んで時間を潰す。
8月28日午前零時ボーディングが始まる。

機内は自由席なので、我先に駆け出す人も多い。
ただいやにゲートが遠くて、早足で歩いていて、機内に入ったら、自然と窓側の席になった。

夜のフライトだから、アマゾン川を見ることはできないわけだが、ベレンの町の灯りを見ることはできる。
僕が乗り込んだのは「クルゼイロ航空(SERVICOS AEREOS CRUZEIRO DO SUL)のSC300便だ。

この便は、もともとリオデジャネイロから出ているようだね。
乗り込むと、先に乗っている人が多かった。

窓側の席になったので、予想通り、ベレンの町の灯りを窓から見ることができた。
深夜便だが、一応サンドイッチとオレンジジュースが出た。

マナウス到着は、マナウス時間で28日の午前1時10分。
時差が1時間あるので、ベレン時間だと午前2時10分。

ベレンからマナウスへの飛行時間は1時間40分だったわけだ。
ここはマナウスの「EDUARDO GOMES INTERNACIONAL AEROPORT」という。

むっとする熱気の中を飛行機を降りる。
機内に預けていたバックパックを取る時は、ちゃんとクレームタグとの照合があった。

ほとんどの人は、もちろん行くところがあるわけで、あっという間にいなくなってしまう。
僕は空港の到着ロビーで朝を待つ。

到着ロビーは薄暗いが、照明が消えるわけではない。
というのは、このマナウスの空港は、国際空港だ。

他の主要な空港から便利な時間に飛んだり到着するためには、マナウスの発着に無理を生じる。
つまり、「マナウス空港は24時間空港ではないか」と、僕は考えたね。

僕はそのまま、マナウス空港の到着ロビーで、眠らずに起きていた。
下手に眠ると荷物を盗まれる恐れもあるからね。

僕の知人が、確かアルゼンチンの空港だったと思うが、一晩過ごしていた時、眠ってしまった。
起きたら、ノートパソコンが見事になくなっていたそうだよ。
緊張感を持って、朝を待つ。
朝が来ても、周囲が明るくなっても、僕はまだ動かない。

今日の一番大切なことは、マナウスで宿を見つけること。
早く町へ行きすぎても、宿は見つからない。

客がチェックアウトしてないと、部屋は空かないわけだし。
朝でもチェックアウトすると確実にわかっていれば、部屋をもらうことは可能だ。

その微妙な時間がある。
前日は昼からビールを飲んでいて、一晩眠らずにいたので、あたまがボーッとしている。

正常な判断が出来ない。
朝になって、とにかく、空港のトイレで、髭を剃り、歯を磨き、顔を洗う。

多分午前8時ごろに、空港横の「ESPECIAL」と表示のあるバスに乗り込む。
この時間にバスに乗ったのは大失敗で、通勤客が多くて、バスは満員だった。

朝日が強く差し込み、もちろんバスには冷房がない。
前夜寝ていないので、とても苦しかったのを覚えている。

バスの料金は0.6クルザード(18円)。
マナウスの地図を見ながら乗っていて、「AMAZONASホテル」が確認できたところで、バスを降りる。

「RUA JOAQUIN NABUCO」という通りの安ホテルを、次々とあたって歩く。
安ホテルの値段は、15〜65クルザード(450円〜2千円)。

マナウスは朝からものすごい暑さなので、エアコンがないと耐えられない。
10軒くらいのホテルを、次々と見て歩く。
結局、エアコン付きの2人部屋を1人で使って、25クルザード(750円)のホテルに決めた。
それが、「ホテルフォルタレーザ(HOTEL FORTALEZA)」だった。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx