スイス人のおばさんは意地悪で、部屋を追い出されるが、一気にブエノスアイレスへ飛ぶことにする@バリローチェ/アルゼンチン
プエルトモンから、国境の山越えルートでアルゼンチンのバリローチェへと入る
バリローチェでは、観光案内所で紹介してもらった、「レジデンシアル エリザベス(RESIDENSIAL ELIZABETH)」へ。
観光案内所では、一部屋3000オーストラルと言われたが、宿に着くと、4000オーストラルだと。
ちなみにこの時期、1米ドルは630オーストラル程度。
3000オーストラルは5ドル弱で、4000オーストラルは、6ドル強。
もともと大騒ぎするほどのホテル代ではない。
が、観光案内所がウソを言うはずはないし、僕が聞き違えることもない。
これは完全なボッタクリだ(ホテル料金詐欺)。
ただ、僕の膨大な海外旅行経験からは、これに似た話がすぐに思い浮かんだ。
スイスのジュネーブの出来事だったんだよね。
ジュネーブ駅の観光案内所で紹介してもらった宿に行ってみると、38フランのはずが、48フランと言われたことがある。
スイス本国でも、こういう料金のごまかしは結構あるようだね。
海外旅行者の間では、「スイス人経営の安宿は、東洋人差別がひどい」という話は定番になっていた。
例えば、グアテマラのスイス人経営の有名な宿では、東洋人差別がひどい、というのが、話題になっていたくらいだ。
スイス人は守銭奴として、ヨーロッパの嫌われ者。
アルゼンチンも、南米では嫌われ者なので、アルゼンチンに移住したスイス人は、世界の嫌われ者なのでしょう。
このホテルのスイス人のババアは、翌日僕が機嫌よくシャワーを浴びていると、追い出しにかかった。
僕はバリローチェからどうしようかと考えていたので、決断できたのはスッキリしたけどね。
バリローチェの「SUDAMERICA」という旅行代理店で、飛行機の値段を確認する。
問題は、バリローチェから、ウシュワイアへちょっと寄るかどうかなんだけどね。
バリローチェからウシュワイアまで、80300オーストラル
ウシュワイアからブエノスアイレスまで112500オーストラル。
トータルで、192800オーストラル(303米ドル)だ。
まあ、7月のオワリで、ウシュワイアの日照時間も短く、気温も低い。
観光シーズンではない。
300ドルもかけて、ウシュワイアへ行っても、無理だな。
止めよう、止めよう!
とっととブエノスアイレスへ行くことにする。
アルゼンチン航空がバリローチェからブエノスアイレスへ飛んでいるが、料金は103800オーストラル。
このフライトは8月2日まで満席で取れない。
バスで、バリローチェからブエノスアイレスまで行くと、22時間かかって、5万オーストラル(80ドル弱)。
アルゼンチンは、急激なインフレで、すべてが安いと聞いてきたのにガッカリだね(涙)。
アルゼンチン自体、来たことが間違いだと思った。
人間は悪い、物価は高いでは、旅する意味ないし…(涙)。
僕の不機嫌そうな顔を見て、旅行代理店が出してきたのが、
CATA航空という飛行機。
これだと、途中であちこち立ち寄るが、4時間かけて、ブエノスアイレス着。
料金は、67200オーストラル(107ドル)。
席はあるということなので、今日の午後に飛ぶことにする。
バックパックを、スイス人因業ババアのいる「レジデンシャルエリザベス」から持ってくる。
バックパックを、空港行きバスのオフィスに預けた(50オーストラル)。
郵便局で実家へ絵葉書を送ると、切手代が70オーストラル。
「NAHUEL HUAPI MUSEUM」(入場料150オーストラル)へ行って、時間を潰していた。
ここで、チリの首都サンチアゴから、プエルトモンへの夜行寝台車で一緒だった、アメリカ人のおばさんたちと再会した。
プエルトモンから、バリローチェの国境越えでも一緒だったわけだから、向こうから話しかけてくる。
友達が再会したように話が盛り上がる。
やはり、アメリカ人というのは、基本的には、お気楽な、いい人が多いかな(笑)。
しかも、中の一人のおばさんとは、時間は短かったが、結構知的な会話をしたよ。
時間潰しもかねて、レストラン「ラ・ベニーダ(LA VENIDA)」で、ステーキを食べた。
もちろん赤ワインを一本つけて、かわいいウェイトレスに、500オーストラル(100円)のチップを払った。
あと大聖堂を見て、空港バスの時間まで時間を潰す。
空港行きのバスは、14時30分のバスが、14時23分に出た(400オーストラル)。
飛行機はさすがに安いだけあって、プロペラ機だった。
出発は、15時55分。
途中で海岸沿いの町に立ち寄り、ブエノスアイレス到着が、20時15分。
ブエノスアイレスは、もちろん真っ暗の時間だ。
夜にブエノスアイレスについて、さて僕はどうやって、宿を探すのでしょう。
これがまた大変だったんだよ(涙)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx