『バーニョスを出て、アンバト、リオバンバ、グアヤキルと、昼間のバス移動で7時間半』@グアヤキル/エクアドル
1989年5月26日、バーニョス(BANOS)の「RESIDENSIA OLGUITA」で目を覚ます。
シーズン中だと、欧米人はバーニョスの町を基点にして、いろんなアクティビティを楽しむらしい。
宿の数も多いし、欧米人の好きそうなレストランもある。
いまは、オフシーズンで、観光客の姿もほとんどない。
僕が到着した昨日は、小雨が降り続いていた。
ここにいても意味がないので、今日は、とっとと太平洋岸の港町グアヤキルへ行ってしまおうと考える。
手持ちの現地通貨スークレが足りなさそうなので、ホテルで聞いて、近くの「HOTEL SANGAY」へ行く。
40ドルを2万スークレに両替した。
僕のノートには、「395,396」とメモがある。
この意味はだね、20ドルのトラベラーズチェックを2枚、両替したということだね。
グアヤキルへ出れば、そこからペルーへの国境へは遠くない。
エクアドルの通貨スークレが、あといくら必要か、というのは、考える問題ではある。
中米旅行の経験から、国境を越える時に、隣国の通貨は現地通貨に両替できると予想できる。
少し余分に両替した。
だいたいこの時期のエクアドルの宿は200円程度で、ビールの大瓶でも100円しない。
交通費も安いのだから、2万スークレ(5千円)もあれば、十分すぎるくらいだ。
午前9時ごろに、バーニョスからアンバト(AMBATO)へのマイクロバスに乗る。
この料金が、120スークレ(30円)。
45分程度で、アンバトのバスターミナルへ着く。
アンバトのターミナルは結構立派で、どうやらアンバトはこの地域の交通の中心になっているようだ。
午前10時、アンバトのバスターミナルで、出発直前のグアヤキル行きバスに飛び乗る。
バス料金は、800スークレ(200円)。
午前10時にアンバトを出たバスは、2時間後の正午前にオバンバに到着。
同じバスのまま、グアヤキル到着が、午後4時半になった。
グアヤキルはさすがに大都市だ。
「Lonely Planet」で、目をつけていたホテルを当っていく。
「HOTEL LONDRES」は消滅。
「HOTEL DELICIO」は、存在したが、よくなかった。
「HOTEL ALEXANDER」へ行ってみると、7500スークレ(1875円)。
こんな高額なホテルをチェックしたのは、今朝2万スークレを両替していて気が大きくなっていたのが理由かな。
エクアドル滞在は残り少ないので、2万スークレを使い果たそうというキモチもあったのかもしれない。。
大通り(AV. QUITO)に面していて、騒がしそうだったので止める。
結局「HOTEL SAN JUAN」に決めた。
2500スークレ(625円)は、今までのホテルの中では一番高かったよ。
このホテルは、夕方になると水が出なかった。
汲み水があったので、それで身体を流す。
グアヤス川(RIO GUAYAS)へ歩いて、川岸のレストランへ入る。
スープ(320スークレ/80円)、焼きソバ(480スークレ/120円)を夕食にした。
ビールが小瓶で300スークレ(75円)なのは、高かった。
キトでは同じビールが170スークレ(43円)だったからね。
朝から何も食べてないし、これだけでは足りない。
チキンを焼いたもの(1/4で500スークレ/125円)と、ビール(250スークレ/63円)を2本買って、ホテルへ戻る。
部屋で、チキンとビールを食べながら、これからのことを考える。
明日は、とにかく、グアヤキルの町を歩く。
それから、ペルーへの国境越えの状況を調べなければ。
明日は、博物館へ行って、「ヒバロの干し首」を見る予定。
さて、「ヒバロの干し首」とは一体なんでしょう?

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx