『スカニアの大型バスのゆったりとしたシートに座って、アリカからアントファガスタへ11時間』@アントフォガスタ/チリ


「間違いだらけの海外個人旅行」
1989年7月15日、午前7時にアリカの宿「NUNEZ」で目が覚めた。
前夜は、ホテルが遅くまで騒がしくて、なかなか眠れなかった。

今日はバスに乗るのが決まっているし、無理に起きる。
ゲーブルくんと一緒に、コレクティーボに乗り、午前8時10分にバスターミナルへ到着。

切符は昨日、宿を決めたあとに買ってある。
アリカからアントファガスタまで、昼間のバスなので、身体は楽なはずだ。

しかも、チリのバスは、その快適さで有名だったし。
バスは9時半出発だが、その前にパスポートを預けさせられる。

バスは日本の大型バスよりもずーっと大きくて、内部のシートもゆったりしている。
スウェーデンの「スカニア(SCANIA)」社のバスで、とにかく全体的に余裕がある。

僕のシート自体も大きいが、隣のゲーブルくんとの間には、大きな肘掛がある。
これならば、楽に乗っていられるね。

チリのパンアメリカンハイウェイはもちろん完全舗装で、しかも海岸線を一直線だ。
バスは特にスピードを上げるのでもなく、ゆったりと走る。
アリカを出て、お昼までに4回ほどバスが止められて、荷物検査があった。
バス料金には昼食が含まれていて、途中の小さな町で停まって、レストランで食事が提供される。

食事を早めに終えて、外に出て、砂漠を眺めるのはキモチがいいね。
バスがパンクをして停車し、パンク修理をしたりするのも愛嬌。

そのあとは何も特別なことはなく、穏やかなエンジン音にゲーブルくんとの会話も途切れてしまう。
午後6時を過ぎたころに、日が暮れる。

うとうとと眠ってしまったようだ。
アントファガスタのバスターミナルに到着したのは、すっかり暗くなった午後8時10分。

アリカを午前9時半に出て、アントファガスタに午後8時10分到着。
今日は11時間くらいバスに乗っていたわけだ。

アントファガスタのバスターミナルから、4番のコレクティボでダウンタウンへ。
料金は、60ペソ(24円)。

ほとんど迷うことなく、「HOTEL COBRE」に宿を決める(シングル1300ペソ/520円)。
この時期、1ペソは0.4円と考えてます。

部屋を決めたら、さっそく2人で夕食を取りにでる。
身体が疲れているときは、中華料理が一番。

中華料理屋へ行って、スープや野菜炒め、焼きソバなどの定番の食事をする。
もちろん、ビールを飲む。

ゲーブルくんとさらに話が弾み、瓶ビールを6本飲んだ。
これで、食事とビールを含めて、2500ペソ(千円)だった。

食事を始めたのが午後9時過ぎで、深夜過ぎまで話をしながら、飲んでいた。
午前1時半にホテルに戻ったが、アントファガスタの町はまだまだ店が開いていて、賑やかだ。

トップレスクラブがあちこちにあって、ネオンがまぶしい。
人通りも多くて、バスやタクシーもたくさん目に付く。

ボリビアとは全く雰囲気が違う。
ボリビアは原住民の血が混じった人が多くて、町も大人しかった。
チリは白人だらけだ。
昨夜のアリカも、今夜のアントファガスタも、夜中まで騒がしく盛り上がっている。

ところで、僕は明日どうするか、まだ決めてない。
チリの首都サンチアゴへ移動するとすれば、アントファガスタからバスで20時間くらいかかるようだ。
20時間という意味は、一晩バスの中で寝なければならないってこと。
また、夕方に出ればお昼に着くってこと。

サンチアゴへ行くバスがたくさんあるのは、到着時に、バスターミナルで確認済み。
いつでも気が向いた時に、サンチアゴへ行ける。
今日は、アリカからアントファガスタへ移動しただけで十分。
明日のことは、明日考えましょう。
サンチアゴはなかなか、ステキな町らしい。
僕としては早く着いて、そこでまたしばらくのんびりしたいキモチかな。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx