『アレキパからクスコへ、アンデス高原を空から見て、クスコの宿に納まる』@ペルー
1989年6月14日、アレキパ「ホテルロイヤル」の部屋で午前6時半に起きる。
シャワーを浴びて、荷物をまとめ、宿の外の通りで、流しのタクシーを捕まえる。
世界旅行主義の「空港へ行くのは早ければ早いほどいい」の言葉通り、とっとと空港へ向かう。
タクシーの運転手は、僕が日本人かと聞く。

日本人だと返事をすると、「日本人が大好きだ」とおべんちゃらを言う。
「日本人の佐藤さんを送ったことがある」とか話をする。

スペイン語で適当に世間話をしていたが、ちょっとチップを弾むことになる。
僕としては、スペイン語の個人レッスンをしてもらったという言い訳もあることだし。

天気は快晴で、たっぷりと余裕を持ってタクシーに乗っているので、キモチにも余裕がある。
南米旅行のために日本から送らせたお金も、まだたっぷりとある。

今日は、南米旅行の白眉クスコへと行く日だ。
こういう、すべてに余裕がある時は、チップを払いたくなるもの。

タクシーに乗る時に決めた運賃が、アレキパの町から空港まで5千インティだった。
チップを千インティ払って、合計6千インティ。

この時期、1ドルが3千インティ弱だから、合計2ドル(約250円)。
これくらいだったら、僕だって、ズバッと払って気にならない額だよ。

空港へ着いたのが午前8時。
ちょうど8時発のアエロペルー機が飛び立つのが見えた。

午前10時15分発のフォーセット航空が飛び立つのが、午前10時半。
僕が空港へ早く着いた理由、それは「何事にも慎重だから」だけではない。

飛行機の窓側に席を取るためなんだよ。
このフライトは昼間で、アンデス山地の上空を飛ぶ。

ある意味、アンデス高原を俯瞰する大遊覧飛行だといってもいい。
ここで窓側の席を取らなければ、飛行機に乗っても大損だ。

アレキパ空港を飛び立った飛行機は、まずミスティ山(El Misti)の火口の上を飛ぶ。
そうして、僕のいる右側の席をググーッと火口に向けて傾けた。

機長が、世界旅行者が右側の窓側に座っていると報告を受けて、わざわざ火口を見せてくれたようだ。
誰が考えても、飛行機を大きく傾けて、ミスティ山の火口の上で旋回させる意味がないからね。

世界旅行者の旅は、神によって祝福され、守られ、導かれていたわけだ。
飛行機は、このまま、アンデス山地へと進み、フリアカで着陸。

フリアカ上空からは、フリアカの高原地帯を蛇行する川が見えた。
僕がこのあと、ブラジルのマナウスからタバチンガへ、アマゾン奥地を飛んだときとは比較に出来なかったけどね。

アマゾン奥地では、アマゾン川の支流がすべて蛇行していて、川の蛇行だらけだったし。
フリアカでは、一本の川の蛇行自体が観察できて、それもまた感動的でした。

フリアカ上空からは、チチカカ湖の湖面のきらめきが遠望できた。
実は、僕がこの飛行機の右側窓側席に座ったのは、フリアカ上空からチチカカ湖を見るためだったんだよ。

南米などの大きな地域を長期旅行するときは、大きな地図を持って行くといい。
大きな地図があれば、飛行機で飛ぶ時も、長距離バスで移動する時も、どういう地形のところを移動するか、よくわかるからね。

午前10時半にアレキパを出発した飛行機は、一旦、フリアカに午前11時に着陸。
フリアカを午前11時20分にクスコへ向けて飛び立つ。

フリアカからクスコへは、高原を一直線に走る道路を上から見る。
アンデスの高い嶺も望めた。

はっきりいって、これで運賃が40ドルは安いよ。
ナスカの地上絵を見たときは、同じく40ドル払って、吐き気しかしなかったんだから(涙)。

フリアカを午前11時20分に出て、クスコ到着は午前11時50分だった。
たった30分のフライトだね。

飛行機だと30分のところを、このあと僕は10時間以上かけて、鉄道で通ることになります。
そのお話も楽しみにね♪

空からクスコの空港へ着陸する時には、近くの山肌にある「BIENVENIDOS A CUZCO(クスコへいらっしゃーい)」との、大きな文字が見えた。
クスコの空港では、荷物を引き取るのにちょっと時間がかかった。

空港ターミナルを出たところで、タクシーに声をかけられる。
このタクシーの運ちゃんは、これまでも日本人を観光案内したようだ。

日本人観光客の若者と一緒にクスコ周辺を観光している写真を見せてくれる。
また日本人観光客からの感謝の手紙も見せて、タクシーで観光しようと僕を誘う。

普通の観光客と、世界旅行者が大きく違うところがある。
世界旅行者は出来るならばタクシーには乗らないで、ローカルバスがあるならば必ずバスに乗るってことね。

タクシー運転手を振り切って、空港からクスコへの黄色いローカルバスに乗る。
このバスがどういうルートを通るのか、知らない。
知っているのは、空港からのバスがクスコの町へ行くことだけ。
クスコの空港からのバスが、クスコへ行かないはずがない。
クスコ空港からのバスは、クスコへ行く。
クスコの町は大きくないから、どこかへ着けば、歩いて回れるはずだ。

降りる場所は、「Lonely Planet South America on a Shoestring」のクスコ地図を見て、見当を付ける。
「サンフランシスコ広場(Plaza San Francisco)」まで来たので、バスを降りる。

サンフランシスコ広場は、クスコの中心「アルマス広場(Plaza de Armas)」からすぐ近く。
サンフランシスコ広場で降りれば、アルマス広場へ歩いていけるしね。

泊まるところは、「Lonely Planet South America on a Shoestring」で一応見当をつけている。
プラテロス通り(Plateros)にある「カセレス(Hotel Caceres)」だ。

アルマス広場からプラテロス通りへはいって、ほんの数分歩くと、右側にホテルを見つける。
「カセレス(Hotel Caceres)」の入り口のゲートを通ると中庭があって、中庭を囲むように部屋がある。

部屋を見せてもらう。
2階のツィンを1人で使って、6千インティ。
この時期おおざっぱに1ドルを3千インティと考えるので、2ドル。
ツィンを1人で使って250円程度だ。
1989年のペルー旅行では、だいたい2ドルあればシングルルームが取れたものなんだよ。
やはり、僕の旅は神に守られていたね。
とにかく安く旅行できたから。
日本人旅行者もそんなにはいなかったしね。

とうとうインカ帝国の古都クスコへやってきた(笑)。
感慨を新たにしながら、バックパックを部屋に置いて、ホテルの受付へ行く。

ホテルの登録をしていると、日本人を見つける。
オイオイ、あいつは、ナスカの宿で知り合い、アレキパで宿を紹介してもらった、大阪からの薬剤師くんだ(笑)。
3度も偶然に出会うとは、これは運命かもしれない。
今日は、軽くお酒でも飲みたいものですね(笑)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx