『ナスカからアレキパへバス移動して、翌日のクスコへの航空券を買い、アレキパを観光する@アレキパ/ペルー/南米』
注意:この話は1989年のことです。現在とは、物価も交通手段も、大きく違うことに注意してください。
1989年6月12日。
ナスカの地上絵(Nazca Lines)を見たあとで、バス会社へ行った。

午後7時30分ナスカ発の、アレキパ行きの予約を取る。
バスはリマから来るらしいので、実際はいつナスカを出発するかわからない。

バス会社のオフィスでバスを待っていたら、インディオのお母さんと女の子が来た。
子供とはいっても、年齢は赤ちゃんを卒業するころだと思う。

お母さんが子供を事務所の机の上に座らせたら、そのままじーっとおとなしくしていた。
大きな黒いひとみで静かに周囲を眺めている様子が、強く記憶に残っている。

午後7時半予定のバスは、午後8時半に到着して、短いトイレ休息のああと、すぐに出発する。
6月13日午前6時半にアレキパの中心に到着した(10時間)。

バスを降りて、朝の町を歩き出したとたん、ナスカで一緒だった薬剤師くんに会った。
彼は僕より一日前にアレキパにやってきて、これからフリアカ経由でクスコへ向かうところ。

僕は彼がチェックアウトしたばかりの「HOTEL ROYAL」にチェックインした。
下着とTシャツを洗濯して、ホテルの屋上に干す。

天気は快晴で、真っ青な空が広がっている。
ホテルの屋上からは「ペルー富士」とも呼ばれる(本当かな?)「El Misti(ミスティ山,5843m)」がきれいに見える。

今日のベッドが確保されて、洗濯を終えると、さて明日のことを考える。
アレキパというところは、小さな町だ。

エクアドルからペルーに入って、トゥンベス、トルヒーヨ、チンボテ、カスマ、リマ、ナスカ、と移動して、アレキパへやってきた。
アレキパという町は、観光客にとって、それほど見るものはない。

僕は単に、ナスカから夜行バスで朝着くところと考えただけだ。
アレキパで考えることは、翌日どう移動するかということだけ。

バックパッカーだと、アレキパからプーノ経由でクスコへ行くことを考える。
その交通手段としては、まず鉄道が考えられるだろう。

1989年には「アレキパ〜プーノ〜クスコ」に列車が走っていた。
アレキパからプーノが11時間、プーノからクスコが10時間かかる。

しかし、この時代のペルーの鉄道というのは泥棒だらけだったんだよ(涙)。
「Lonely Planet South America on a Shoestring(1986)」には、はっきりと書いてあった。

【僕が持って旅をした「Lonely Planet South America on a Shoestring(1986)」
「ペルーの鉄道と鉄道駅は泥棒だらけだ。列車の中でウトウトしてはいけない。夜の列車は絶対避けること」とちゃんと「warning」として、特別に注意を促してある。
読者も覚えているだろうが、僕はリマに到着した最初の日に、「財布をすられた(涙)!」と慌てたことがある。

あの時は、「自分はまだまだ注意力が足りない」と、心の底から反省したものだ。
危ない列車になんか、すくなくとも今は乗りたくない。

バスはどうかという話になる。
バスもアレキパからプーノ、プーノからクスコという旅になる。

アレキパからプーノが13時間、プーノで乗り換えてクスコへ行くのが12時間だとか。
アレキパからクスコへのダイレクトバスもあることはあるが、週に2回で20時間かかる。

コレクティボという乗合自動車だと、アレキパからプーノまで8時間でぶっ飛ばすらしい。
この時代のバックパッカーはだいたいは、プーノで休んで、バスか鉄道を利用して陸路でクスコへ行ったものだ。

僕が考えるのはこうだ。
プーノからクスコの高原の旅は、景色もいいらしいから、ゼッタイに昼間に通りたい。

しこのルートは、クスコからプーノへ行く時に、鉄道でいずれは通ることになる。
アレキパからプーノは、ガイドブックを読んでも、特に景色がいいわけでもないようだ。

もし飛行機が安ければ、一気にアレキパからクスコへ飛んでしまった方がいい。
町の中心アルマス広場の旅行代理店へ行ってみた。

すると、翌日(1989/06/14)の午前8時にAEROPERU、午前10時15分にFAUCETTが、アレキパからプーノへフリアカ経由で飛んでいる。
空港へのアクセスも考えて、翌日午前10時半のフライトを予約した。

アレキパから」クスコのフライト料金は40ドル(5千円)だ。
普通だったら40ドルは悩む金額だが、何しろナスカで40分のフライトで40ドル払ったばかり。

バスに乗って苦労をするよりも、一気にクスコへ飛んでしまった方がいいと判断する。
この航空運賃は、クレジットカードで払った。

というのが、飛行機料金がインティで請求されるからだ。
請求額は「126,216.36inti」となっている。

これが40ドルとして計算すると、レートは「1ドル=3155インティ」となっている。
インティで請求されるまでのタイムラグで、ドルがさらに上昇するだろう。

すると、インティで切符を買っていると、ドル払いの請求が来るときはかなり「オトク」なのでは?と考えたわけだ。
ただ、実際に日本でいくらの請求が来たかは、(なにしろ帰国したのが、これからさらに1年あとだったし)チェックしませんでした。

翌日(6月14日)のフライトを予約したので、後は自由な時間がたっぷりある。
アレキパの観光といえば、まず「MONASTERIO DE SANTA CATALINA(サンタカタリナ修道院)」だ。

入場料は学割がなくて6000インティ(2ドル)。
「a city within a city」ということで、中には細い通りがあり、ひとつの町のようになっている。

修道女たちはこの修道院に閉じ込められて、外へ出られないまま一生を過ごしたのだとか(涙)。
日本だと大奥でも、外に出たり、歌舞伎役者とのセックスがあったりしたらしいが、ペルーの修道院ではどうだったのだろう。

僕が知っている大金持ちの女性が、若い時、ヨーロッパの修道院の学校に留学した時の話。
修道院の地下には、修道女と修道士がセックスする場所があったという。

世界中どこでも、厳しいタテマエを言う人間に限って、裏ではそれに反することをやっているものだ。
教師は生徒とエッチをするものだし、テレビの報道番組の司会者は別荘に女子大生を連れ込むもの。

世の中って、そういうものなんだよ。
他人に説教する立場の人間に限って、裏では反対のことをやっている。

「教師や医者や警察官、公務員ほどスケベだ」というのが、日本の水商売業界の常識だ。
アレキパの観光のメイン、サンタカタリナ修道院を見終わった。

サンフランシスコ教会と僧院、カテドラル(大聖堂)で祈った。
TEMPLO Y CLAUSTROS DE LA COMPANIAでロウソク(150インティ)を灯した。

CHAPEL OF SAN INGACIO(700インティ)へ行く。
MUSEO MUNICIPAL(市立博物館)へを見た(400インティ)。

急ぎ足で観光を済ませて、ゆっくりと食事を取る。
僕の泊まっているホテル「HOTEL ROYAL」の隣のレストラン「RESTAURANTE PUERTO RICO」で、「CEVICHE(セビーチェ)」と「CHUPE DE CAMARONES(ザリガニのミルク雑炊)」を食べた。

それから、IHT(International Herald Tribune)を6000インティで買った。
AGUA MINERAL(2 liter/4000inti)を買って、部屋へ戻る。

今朝、ナスカからアレキパに着いた。
バスを降りたら偶然薬剤師君と会って、彼の泊まっていたホテルを紹介してもらった。
洗濯をして、明日のクスコ行きの飛行機の切符を買って、アレキパの名所を回った。
名物のザリガニ料理を食べて、ビールも飲んだ。

これ以上、欲しいものがあるだろうか?
何も欲しくない。
この日はすべて完璧だった。
日本で生活していたら、たった一日でこれほどの満足感を得られることはない。
でも旅では、トラブルなく過ごせただけで、全能感が身体を満たす。
だから、旅は単純明快で、楽しいわけだよ(笑)。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx