『アントファガスタを歩いて、午後3時半にサンチアゴへのバスに乗って20時間』@アントファガスタ/チリ

大人の海外個人旅行
1989年7月16日、アントファガスタの「HOTEL COBRE」で、午前9時に起きた。
昨日は、アリカからアントファガスタまで11時間バスに乗っていた。

チリのバスが快適だとはいっても、やはり疲れた。
そのあと、午前1時半まで飲んでたんだからね。

ゆっくりと熱いシャワーを浴びて、目を覚ます。
今日は一気にサンチアゴへ行くことにしよう、と心が決まる。

アントファガスタも結構気楽な町だが、首都のサンチアゴはもっといいに決まってるからね。
バスの時刻と料金を調べる。

「FLOTA BARRIOS」社では、15時30分発のプルマン(PULLMAN)がある。
サンチアゴへは20時間。

寝台バス(SALON CAMA)だと、18時間かかる。
面白かったのは、今日出発のバスだと、簡単に値引きをしてくれるところ。

プルマンの定価は6200ペソ(2480円)だが、5500ペソ(2200円)になる。
サロンカーマだと12000ペソ(4800円)が、10800ペソ(4320円)に。
特に値切ったわけではなくて、ただバス料金を聞いただけ。
すると「今日のバスなら、値引きするよ」と声をかけられる。

このあとも経験するが、この時代のチリのバスは、出発直前に行けば、どんどん値引きしていた。
バス会社の競争も激しかったようだし、カラで走るよりは、値引きしても人を乗せたほうが金になる。

僕とゲーブルくんは、プルマンに乗ることに決めて切符を買う。
午後3時半にアントファガスタを出て、20時間後にサンチアゴに着く予定。

サンチアゴ到着は明日の正午前になる。
これはホテルを見つけるのにちょうどいい時間だ。

このように、乗り物に乗るときは、到着時間から逆算して出発時間を決める。
海外個人旅行の基本は「新しい町には明るい時間に到着すること」なんだから。

バスの出発が午後3時半で、バスの指定席も手にした。
ゲーブルくんと別れて、1人で町をうろついてみた。

一緒に旅しているゲーブルくんも、北アフリカをバイクで横断したり、オーストラリアをバイクで一周したり旅行経験が豊富だ。
タイでは白人女性と同棲していた。

僕はもちろんアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米を旅したあとに、て中南米一週旅行をしている。
互いに、旅での人間関係についてはよくわかっている。

大切なのは、べたべたしないってこと。
旅で一番いいのは、昼間は勝手にあちこちうろつく。

夜は一緒に食事をしながら、互いの得た情報を交換する、みたいなこと。
僕とゲーブルくんの間には、その微妙な関係が、言葉に出さなくても成立している。

町の中心「コロン広場(PLAZA COLON)」へ行くと、高校生が行進していた。
行進している理由はわからないが(笑)。

制服を着た女子高生が、行進するのを見るのはなぜかうれしくも恥ずかしい。
この女子高生の学校は、「EAGLE SCHOOL」という名前でした。

続いて、鉄道駅を見に行った。
1989年では、チリの鉄道は、サンチアゴの北側では、乗客が乗れる列車は存在していなかった。

僕たちが乗ってきた、ラパス(ボリビア)からアリカ(チリ)の鉄道には客車があった。
カラマ(チリ)からラパス(ボリビア)への鉄道も存在したけどね。

この国際列車以外は、アリカからサンチアゴへの鉄道は乗客を乗せていなかった。
もっと昔はちゃんと機能していたわけだが、残された鉄道駅はなかなか興味深かったよ。

続いて、海岸へ行って、太平洋を見る。
PRAT通りのレストラン「GOLDEN STAR CLUB」で、定食(MENU/500ペソ,200円)を頼む。

それに「SANTA HELENA」という白ワインを1本飲む。
ワインをボトルで飲んで380ペソ(152円)だ。

これはいいねー(笑)♪
今までビールばかり飲んでいたが、ワインはもっとずっと安いよ!
このレストランは、なかなか大きくて、天井も高い。
そこで、他の客のいない時間に、1人で食事を取るのは、なかなか粋なものだ。
1人で食事をしていると、チリ人の中年男性が、「日本人か?」と話しかけてきた。
「チリの政治をどう思う?」と聞かれる。

1989年は、民主化の動きは強かったが、まだピノチェトの軍事独裁政権下だった。
1990年にチリに文民政府が誕生したんだからね。
考えてみれば、東欧の民主化が起きたのが、1989年から1990年だった。
だから、僕は、歴史の転換期に、世界一周旅行をしてて、その現地を自分で歩いて、見ていたんだよ。
1988年にチェコスロバキアのプラハにいた時は、デモ隊に対抗するために、警官隊が道路を封鎖しているシーンも見た。
ユーゴスラビアのベオグラードのユースでも、政治議論を吹きかけられたことがあった。
ピノチェトの軍事独裁政権下では、人権の弾圧、活動家の処刑(行方不明)など、いろんなことが報告されていた。
ぼくはもちろん、ずーっと「NEWSWEEK」や「INTERNATIONAL HERALD TRIBUNE」を読みながら旅をしている。

チリのだいたいの状況は理解していた。
しかし、世界旅行主義では「海外個人旅行者は政治に口出しをしない」となっている。

下手なことを言うと、逮捕、投獄、行方不明になったりするからね。
僕は「僕はただの旅行者です。政治は難しいのでわかりません」と、スペイン語で切り抜けた。

次に、大聖堂(CATEDRAL)で祈った。
午後3時すぎに、バス会社へ行くと、ゲーブルくんがいる。

バスは午後3時半に、時間通りに出発。
途中で、軍の検問があった。

最終の検問が深夜0時ごろ。
そのまま、眠りについて、明日はチリの首都サンチアゴです。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx