エンジェルの滝の謎@エンジェルフォールズ/ベネズエラ
セスナはエンジェルフォールズへ近づく
もっとどんどん近づく
これがエンジェルフォールズ
右に見えるのは、セスナの翼です。
世界旅行者は、カナイマからセスナに乗って、エンジェルフォールズを見学した。
これは、シウダボリバールの「ホテルコロニアル」の「ネッカールツアーズ」で申し込んだ「フルデイエンジェルフォールズツアー」。
料金が個人参加で、1人150ドル。
これには、シウダボリバールからカナイマまでのセスナの往復、カナイマでのサポ滝などの見学、それからセスナでのエンジェルフォールズ見学、それと昼食、が含まれている。
セスナでのエンジェルフォールズへの遊覧飛行は、カナイマからシウダボリバールへの帰り道に、ぐるっと回って、エンジェルフォールズを見るというだけです。
そのままシウダボリバールへ向かいました。

エンジェルフォールズには一つの大きな謎がある。
呼び名が「エンジェルフォールズ」なのか「エンジェルフォール」なのか、ということだ。
滝という意味では「falls」と複数形になるのが常識。
だから僕はずっと、エンジェルフォールズと書いてきた。
ただ、日本語では、「エンジェルフォール」と単数形の表現が多いようだ。
エンジェルの滝は、一本で落ちているといえなくもないから、そのせいかな??
原文を当たると、スペイン語では「Salto Angel(サルトアンヘル)」と単数形。
しかし、権威ある英文ガイドブック「Lonely Planet South America on a Shoestring」では、Salto Angel(Angel Falls)となっている。
英語のwikipediaでは「Angel Falls」となっているので、僕は「エンジェルフォールズ」と書きます。
【写真】セスナから見るエンジェルフォールズ