『アマゾン川のリバーボートをいろいろ当たってみたが、結局、マナウスからタバチンガへ飛行機を使うことにする』
長期旅行者の夢のひとつは、リバーボートでアマゾン川を航行するということだ。
主なアマゾン川航行ルートは、3区間に分かれている。
「河口のベレンからサンタレンを経由してマナウスまで」、「マナウスから三国国境地帯のタバチンガまで」、更には「タバチンガからペルー領のイキトスまで」の3つだ。
1989年の状況では、下流中流の2区間が各1週間、タバチンガからイキトスまでは4日で通過出来る。
アマゾンをリバーボートで旅行すること自体は、ブラジルへ来たちょっと気のきいた旅行者は皆やってることで、特に大変というものではない。
変化のない日常にさえ耐えられれば頭も使うことがない。
かえって楽なくらいだ。
これをまたもや日本のガイドブックは大冒険にでっち上げて素人衆を騙している。
行けば皆あまりの簡単さにびっくりする(行ったことがないから書けるのだ)。
ベレン〜マナウスの下流のルートは、日本人がよく使うところで、川幅が広過ぎて面白くないという噂だ。
僕もベレンでリバーボートを捜したことがある。
出来るだけ楽をしようと、アマゾン川豪華客船というのに狙いをつけた。
歩いて船会社に行ったところ、運行時期が外れていて、豪華客船には乗れなかった。
この後サンアンドレス島のビーチで出会った日本人カップルは、3つのすべてのルートを船で旅していた。
アマゾン河口のベレンからペルーのイキトスまでの全航程をリバーボートで旅をしたわけだ。
このルート自体はきちんと確立されている。
船もたくさんあり、人の行き来も激しいところなので、旅自体としては本格的な冒険ではない。
日本の大学生などは、アマゾン川を筏で下って大冒険を気取ろうとしたりする。
そのルートを通ることは、冒険でもなんでもない。
スペイン語もしゃべれず、社会常識もない若者が、日本で新聞社から一冊本でも出してやろうと考えて、無謀に冒険を気取ったりする。
すると、軍隊に射殺されてしまったりするけどね(この話、覚えている人まだいるかな?)。
僕が出会った日本人カップルは、アマゾン全航程を船旅しただけではなくて、パタゴニアに6か月キャンプしていた。
彼らこそ本当の冒険者といえるだろう。
こんなとんでもない旅行者とサンアンドレス島で知り合った。
彼らと一緒にグアテマラに行き、ロサンゼルスで再会する話は、また別に書くことにしよう。
船に乗ること自体は大した冒険ではないのだが、船待ちの時間を考えると1か月以上も同じことをしていた。
その旅行観と時間の使い方がすごい。
僕ならこんなことをしてたら、あまりの退屈さで精神が変になってしまうだろう。
確かに、男女カップルならば、退屈なときにはすることもあるしね。
アマゾン川のリバーボートの上で、ジャングルを見ながらセックスしたら話のネタになるだろう。
原始の本能がよみがえって、ものすごく興奮するかもしれないし。
僕は、どんどん新しいことが起きないと生きる意味がないと考える種族だ。
マナウスからタバチンガぐらいまでなら『世界旅行者』の話の種として、試してみてもいいかもしれない。
そこで次の日、マナウスの船着き場に船を捜しに行った。
桟橋には大小いろいろな船が停泊していて、その船には行き先と出発日が書いてある。
国境のブラジル側の町は『タバチンガ』、この名前の書いてある船を捜す。
タバチンガと書いてある船はそんなに多くない。
やはりサンタレンやベレン、それから僕の知らない地名の所へ行く船も結構多い。
タバチンガ行きの標識を見つけて、船に上って行って、責任者とスペイン語で話する。
初めに当たったのはよくあるタイプの中型の船で個室がある。
アマゾンのリバーボートはハンモックを吊すと聞いていた。
それがいやだったのだが、個室があるのなら1週間ぐらい我慢出来るかもしれないと、かなり乗り気になる。
僕は女房に逃げられてから、1人でいるのが好きになってしまった。
眠る時には必ず本を読むことにしている。
だからベッドランプが無いとかなり精神的にきついのだ。
それに1週間もマスターベーションをしないなんて考えられない。
個室でゆっくりとマスをかきたいものだ。
しょせん男は、適当に飯を食って適当に精液を放出していれば幸せなものなのだからね。
条件としてはこの船はぴったりだ。
しかし、この船は今日の午後すぐ出発するという。
僕はまだリオネグロ(黒色)とソリモエス川(黄土色)の2色の水がぶつかるアマゾンの『壮大な』景色を見てない。
だから今日発つ訳には行かない(この話も面白いよ)。
観光客向けの暴利をむさぼる『ジャングルツアー』などに参加する気はない。
だからローカルバスと地元のボートを使ってこの景色を見なければマナウスに来た意味がない。
となると、今日の出発は無理だ。
別の桟橋でかなり大きなタバチンガ行きの船を見つけた。
船に乗り込んで行くと、品いい中年女性が出て来て奇麗な英語で説明してくれる。
ベンジャミン号。
『タバチンガ』まで7日。
この船にも個室がある。
扇風機が付いて300クルザード。9000円。
これには食料も含まれているがなかなかの値段だ。
出発は3日後なので、丁度いい。
女性に『なかなかいいですね。これでビールを飲みながらゆっくりアマゾン河を行くと最高でしょうね』と言う。
『この船ではビールは飲めません』と、にこりともせずに返事をする。
エーッ!そんな馬鹿な。
ビールが飲めないのなら旅をする意味がない。
おいしくビールを飲むために旅行をするのが『世界旅行者』の目的だ。
もう一度確かめるが、他の船と違って、このベンジャミン号だけは飲めない規則になっているのだとか。
他にタバチンガ行きの船が見つからないので、この条件ではアマゾン河を航行する計画は無理だ。
ここで船待ちをして時間をつぶす気持ちはない。
これからロサンゼルスへ戻って、たぶん南太平洋経由でオーストラリアへ行く計画だ。
ちょっとヨーロッパからアメリカに渡って日本へ帰り、それを『世界一周』などと言ってはダメだからね。
結局、アマゾナスホテルの1階にある『セルバツール』という旅行会社で、タバチンガ行き飛行機の切符を買った。
こうなったら、一気にコロンビアの首都ボゴダまで行っちゃおうと考える。
マナウスからボゴダまでを直行便で飛ぶよりは、マナウスからタバチンガ、コロンビア領の町レティシアからボゴダと分けて飛ぶ方が100ドルぐらい安くなる。
これは国際線よりも国内便を乗り継いだ方が安いという南米の原則だ。
ガイドブック『シューストリング』に拠れば、コロンビアでは貨物飛行機に乗り込めばもっとずっと安く飛べるという話もある。
マナウス5:30AM発タバチンガ6:15AM着、クルゼーロ航空SC236便。
値段は船よりも安い292.16クルザード。
チェックインは午前3時30分。
無事に『ミーティングオブザウォーター』をドイツ人のカップルと一緒に見た。
旅立ちの前日となった。
一応、マナウスで個人で出来ることは、やった。
ホテルをチェックアウトしてフロントデスクに荷物を預け、町をうろつく。
浮桟橋に歩いて行くと木製のリバーボートとは全く違う、異常に奇麗な船が停泊していた。
真っ白な船体にホテルのような船室がある。小さいながらもプールが付いている。
乗り込んで話を聞くと下流のサンタレンまで5日で行くのだそうだ。
ちょっと遅い気もするが、どう見ても豪華観光船なので、あちこち観光しながら行くのだろう。
こんな豪華な船で、ゆったりと旅行したいものだよね。
昼間は僕が大ファンの、ジャンクロードバンダムのアクション映画を見て時間をつぶした。
ローカルバス『680 AEROPORTO INTERNACIONAL』に乗り込むと、40分で空港に着く。
午後5時に、空港へ到着。
ロッカーに荷物を預けて、空港のレストランから飛行機の発着を見ながらビールを飲む。
何故こんなに早く空港に来たのかというと、どうしたって今夜は眠れないからだ。
午前3時半にチェックインということは3時前に町を出なければならず、そうすれば無意味に高いタクシーを頼んだとしても、起床は午前2時だ。
2時に起きるのなら、眠れるはずはない。
だからホテルをチェックアウトして、空港で時間つぶしをした方がいいという計算になる。
ロビーに座って、本でも読んでいれば時間はすぐに立ってしまう。
バッグからJonas Savimbiの『A Key to Africa』を取り出して読み出す。
これはアンゴラ紛争を反乱軍側から書いたものだ。
マナウスは24時間オープンの国際空港で、深夜の発着便が結構多い。
夜も浅いうちは混雑してなかったのに、深夜1時頃になると、町から大型バスが次々に乗り付けてくる。
バスから降りた客があっという間にカウンターに長蛇の列を作る。
皆、ビデオやテレビなどの電気製品の大きな箱をいくつもカートに乗せている。
言い忘れていたが、このマナウス地域はデューティフリーゾーンになっているらしい。
町中はジャングルツアーの旅行会社よりも電気屋が目立っている。
未開のジャングルというパンフレットを信じて来た旅行客に取ってはがっかりする所なのだ。
マナウス郊外には税金の特例措置でもあるらしく、近代的な工場が立ち並んでいる。
ブラジル人に取ってみればここは働いたり、買い出しに来る所で、観光に来る所ではないんだよ。
アナウンスでは『申告書を用意するように』と繰り返し呼びかけている。
僕はここで何も買ってないのだが、念の為に申告書をもらって『何もなし』と書き込んでしまった。
必要なかったのだが、中途半端に言葉が解るといろいろ気を使って疲れてしまうということだ。
僕はいつもの通り真っ先にチェックインして、飛行機に真っ先に乗り込み、窓際の景色の見えるいい席を取る(ここでは座席を指定しない)。
せっかく飛行機に乗るのなら、外の景色が見えなければつまらないからね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル


xxx