『イースター島で、「地球の歩き方」を使って宿を選ぶと、不愉快な思いをするかも』@イースター島/チリ
イースター島の宿を「地球の歩き方」で見つけた人が、トラブルに見舞われたという。
「地球の歩き方」に紹介されていた一番安い宿「KAI??? INN」に何ヶ月も前から、予約を入れた。

「地球の歩き方」で一番安いとはいっても、1泊シングル60米ドルもするんだけどね。
前もって予約を入れておいたのに、KAI???? INNは部屋を確保しておらず、別の見るからに安いホテルに移された。

そのホテルは、KAI???? INNよりも安っぽくて、1泊35ドル、40ドルで泊まっている人もいた。
予約した4泊のうち、KAI???? INNに泊まれたのが2泊で、2泊は予約してない安い宿に泊められた。

それで、チェックアウトの時に4泊を60ドルで請求された。
安くしろと交渉したら、胸倉をつかまれて、脅された
この他にもいろいろと悪評があり、「新婚旅行で1泊100ドルの約束で予約したのに、1泊200ドル請求された」というレポートもあります。
文句を言うと、「他の日本人は喜んで払う」と逆切れしたとか。
ひどいホテルだが、これは「地球の歩き方」を参考にしたのが原因だろうね。
「地球の歩き方」に掲載されているホテルには、次々と日本人がやってくる。

つまり、「日本人をよく知ってる」んだよ。
「地球の歩き方 アルゼンチン/チリ 2010~2011」で紹介してある、イースター島のホテルの料金は馬鹿高い。

「地球の歩き方」には、イースター島のホテルのシングル料金が、215ドル、150ドル、90ドル、110ドル、93ドル、79ドルと、並んでいる。
その中で、トラブルが起きた「KAI???? INN」は、一番安くてシングル60ドル(涙)。

「地球の歩き方」では、このホテルが一番安い。
また、「2008年1月にオープンしたばかり。レストランあり。部屋は6室」と書いてある。

B22 地球の歩き方 アルゼンチン/チリ 2010~2011
すべてについて慎重な日本人旅行者は、「地球の歩き方」を読んで、このホテルが一番安いと誤解してしまう。
そうして、あわてて予約を取ってしまう。
するとどういうことが起きるか。
「KAI???? INN」のオーナーは、日本人の扱い方を学習してしまう。
日本人はどんな無理を言っても、(欧米人旅行者のように)反発したり、怒ったりせず、大人しく我慢するってことね(笑)。
最初の約束の値段よりも、吹っかけても脅せば日本人は金を払う。
だから、「KAI???? INN」はやりたい放題に、日本人をボッタクっているという。
このホテルを一番安いホテルとして紹介している「地球の歩き方」は責任を感じないんだろうか?

実際、世界中で、日本人旅行者は「悪い扱いをされても文句を言わない」というのが定評。
だからどこでも、トラブルのシワ寄せは日本人に来るもの。

例えば、「ホテルがいっぱいの時に、日本人だけロビーのソファで寝させられた」という話も昔からよくあった。
飛行機のオーバーブッキングでは、まず日本人ツアー客を乗せない、とかね。

とにかく日本人は扱いやすいので、世界中で、「最もマナーのいい観光客」となっている。
「マナーがいい」とは、どんなひどい扱いをしても、決して怒らないってこと。

でももちろん、このホテルが本当にイースター島で一番安いホテルで、安さだけが売り物ならば、仕方がない。
しかし、バックパッカーは、当然、有名な英文ガイドブック「Lonely Planet South America on a Shoestring」をチェックする。

Lonely Planet South America on a Shoestring
すると、こちらに載っているホテルは、「地球の歩き方」よりもずーっと安い。
10ドル(キャンプサイト)から、20ドル程度で、一番高くても40ドルだ。

イースター島では、空港に到着すると、客引きがたくさん待っていて、簡単にホテルが見つけられる。
ぼくの友人の体験でも、現地で料金交渉して安く泊まるのが普通らしい。

つまりこのトラブルの根本原因は、高いホテルを中心に載せている「地球の歩き方」の情報を使ったこと。
特に、歩き方で一番安いホテルに予約をいれてしまったことだろうね。

歩き方で一番安いホテルは、旅慣れてない日本人旅行者が押しかけているに決まっているのだから(涙)。
現在の「地球の歩き方」は、バックパッカー向けのガイドブックではない。

載っているホテルも、高級ホテルがほとんど。
ホテルリストの最後の方に、バックパッカー向けの宿が、申し訳のように、載せてある。

だから、バックパッカーは、今は「地球の歩き方」を使わない。
バックパッカーは、「Lonely Planet」を使います。

なお、イースター島へ行くのならば、「Lonely Planet Chile & Easter Island」を使うのがいいでしょう。

Lonely Planet Chile & Easter Island
または、何も考えずに、空港へ行って、空港で宿を見つけ、自分で現地の情報を捜すこと。
本格的な旅行者は、ガイドブックなんか、最初から信用してないものだから。

現地で情報を入れて、見て歩いたらいいでしょう。
まあ僕は、イースター島自体にそれほど興味はないので、行かないと思う。
(この項は、2010年1月2日時点の情報です)
参考:イースター島への航空券を予約したが、行かなかった話(1989)