『アフリカ旅行はツアーがオススメ』

ケープタウン/南アフリカ
アフリカの旅行記
アフリカ北部のアラブ圏を除いた、ブラックアフリカの旅行は、東アフリカ、西アフリカ、南部アフリカに分けられます。
アフリカ旅行の問題点は、何かをしようとすると、個人では難しく、結局は現地のツアーに参加することになる。
それがなかなか高いということ。
また、物価もホテルも比較的高く、交通手段も限られていて、ビザの取得が面倒だということです。
それと、ブラックアフリカは治安も悪化しています。
個人で旅行するのはかなり危険です。
僕はオススメしません。
1)北アフリカ
北アフリカといえば、なんといっても世界的な大観光地、エジプトです。
海外旅行に興味を持った人で、エジプトのピラミッドを見たくない人はいないでしょう。
僕がバルセロナのスペイン語学校を離れて、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、ヨーロッパを経由して、一度ロンドンへ戻った。
そのあとは、日本へ戻ろうかと迷いました。
その時頭に浮かんだのが、バルセロナの日本料理店「小雪」のマスターの話でした。
「ピラミッドは見ておいたほうがいいよ〜♪」って言葉ね。
それで、ロンドンからアテネに飛んで、トルコを一回りして、アテネへ戻ってきて、エジプト旅行のついでに調子に乗ってケニアまで飛んでしまいました。
これが原因で、本格的に旅を続けてしまったわけです。
北アフリカには、西からモロッコ、アルジェリア、チュニジア、と三つの国が並んでます。
モロッコは以前は、学生が卒業旅行のヨーロッパ旅行の流れと、フェリーで入っていくのが定番でした。
僕がここを横断した、1988年はアルジェリアの治安がまだまだ保たれていました。
そのあとかなり危険になって、一般の観光は難しくなりました。
ただ、だんだん治安も回復しているようです。
リビアも米国との関係が回復して、ビザさえ取れれば(物価は高いですが)観光旅行は問題ない状況です。
将来的には、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプトと陸路で移動することも可能でしょうが、いまはまだちょっと難しい状況です。
でも、いまでも、不可能ではないと思いますよ。
参照:モロッコからエジプトの北アフリカ横断ルート
2)東アフリカ
東アフリカへは、動物を見るために行くわけで、それにはサファリ。
サファリは、個人で行くことができないので、基本的にツアーに参加することになります。
それは、東アフリカの中心、ケニアのナイロビへ飛ぶのが基本です。
ケニアにもいろんな国立公園がありますが、最近は隣国タンザニアのンゴロンゴロ国立公園がすり鉢状の国立公園で、動物の種類も多く、人気のようです。
ちなみに、ライオンやキリンは簡単に見学できますが、一番見るのが難しいのは、カバさんです。
アフリカ観光と言えば、どうせサファリツアーに参加するわけです。
ですから、旅行期間が短い場合は、最初から、日本からのツアーを手配していった方がいいわけです。
時間に余裕がある場合、ナイロビでツアーを捜します。
ちゃんとしたロッジに宿泊する場合は、非常に高価(1泊5万円)になるので、個人旅行者は、「キャンピングサファリ」に参加します。
これが、どこのツアー会社でも、だいたい一泊50ドル平均、と言われています(最近は70ドルという話もあります)。
ナイロビでは、日本人旅行者は「イクバルホテル」という安宿に泊まるのが定番でした。
いまは無くなったという噂があります。
最近は「ニューケニアロッジ」に日本人が集まっているようです。
こういう日本人旅行者が集まるところへ行って、そこで相場や旅行会社の評判を聞く。
できれば、誰か日本人と一緒に参加したほうが、話し相手がいていいと思います。
あと、タンザニアのキリマンジャロ登山も人気です。
キリマンジャロ登山自体は、高山病に耐えられさえすれば、難しいものではなくて、ガイドをつけて、登ることになります。
ケニア海岸地帯のモンバサ、マリンディ、ラム、ワタム、というところで、水遊びをするのも、のんびりしていていいでしょう。
ラムは昔ヒッピーが集まっていたという場所ですが、町が小さく、ビーチもよくない。
僕は、マリンディの海岸で安宿に泊まり、欧米人向けのリゾートホテルのプールで、過ごしていました。
ただ、こういう余裕のある旅行は、いまは流行りませんね。
3)南部アフリカ
南部アフリカでは、基本的には、ザンビアとジンバブエの国境にあるビクトリア滝を見るのが定番です。
ジンバブエ側は、バンジージャンプを始めとする、各種観光設備も整っています。
正直、ヨーロッパ人、オーストラリア人向けの大観光地です。
ジンバブエ側のホテルは高くて、安い宿泊先を見つけるのが難しい。
僕は、そこで、歩いてザンビアへ渡って、そちらで、安い宿を見つけました。
国境で、ザンビアのビザは取得できます。
あと、ジンバブエのジンバブエ遺跡、南アのケープタウン、喜望峰、が観光地。
鉄道マニアには、ブルートレインという豪華列車が人気ですが、時期によっては、乗客がほとんど日本人だという話もあります。
南部アフリカは、物価が高く、ヨーロッパ風なので、特に、わざわざ行くところではないと思います。
が、最近、日本からの航空券が安いので、ツアーもよく出ています。
南部アフリカでも、国立公園を訪れて動物を見ることはできるわけです。
治安の問題もあり、個人旅行をするのは、ちょっと面倒なので、ここも、ツアー参加をオススメします。
4)西アフリカ
西アフリカは、動物を見るところではなく、カラフルな民族衣装、人間を見るところだとよく言われます。
西アフリカ観光の中心は、マリ。
マリには、サハラ貿易の中心地だったトンブクトゥ、奇妙な風俗で有名なドゴン族の村、ニジェール川など観光名所があります。
が、個人で行くと大変なので、普通の人は、ここも、ツアーで観光した方がいいでしょう。
参照:世界旅行者の西アフリカ旅行記
5)アフリカ旅行(縦断、横断)ルート
アフリカ縦断ルートとしては、アフリカの東側を通るルートがあります。
エジプト、スーダン、エチオピア、ケニア、タンザニア、マラウィ、モザンビーク、ジンバブエ(ザンビア)、南アフリカ共和国です。
ただ、スーダンからエチオピアの国境が通れるかどうかが、問題です。
また、エチオピアからケニアへの陸路ルートが、ちょっと危険です。
ケニアから南は、英語圏で、イギリス人、オーストラリア人旅行者も多く、旅は難しくありません。
モロッコから、西アフリカへ入るルートは、モロッコからモーリタニアへ車を連ねて、コンボイを組んで通るところがあります。
が、それも特に問題はないので、大丈夫です。
現在はコンボイを組まずに、バスが通っているという情報もあります。
アフリカ西部をそのまま下ることは、コンゴ、アンゴラが通過不能なので、途中で東アフリカへ飛んで、南部へ下ることになります。
アフリカ横断ルートというと、昔は、ケニアから、ウガンダ経由で、コンゴ(旧ザイール)へ入り、ザイール川のリバーボートに乗っていくというのが、定番でしたが、現在、コンゴの治安が悪く、ほとんど不可能といわれています。
2001年に、西アフリカの中心、セネガルの首都ダカールで出会った若者は、エジプト、スーダン、チャド、ニジェール、マリ、セネガル、と横断していました。
ただ、これは、「横断した」ということ自体がウリなので、旅行をして気持ちいいというものではないと思います。
あまり、オススメしません。
xxx